サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

park-3690895_1280


こんな人にオススメ
・イヤミスを読みたい
・色んな立場から物語を見たい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
空気がキレイな穏やかな田舎町で起きた、
憎たらしい、美少女殺人事件
犯人と思われる男の顔を思い出せない
少女4人達に投げつけられた激情の言葉が
彼女たちの運命を大きく狂わせる
これで、私の罪は償えたのか?
「罪」と「贖罪」の意味を問うミステリー!


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
湊かなえ作品は嫌な気持ちになるが、
何故か読むのやめられない
複雑に絡み合ったストーリーを紐解き
期待通りに着地させる技量は流石
「告白」同様に少しずつ真実が明らかに


娘のエミリを殺された麻子
麻子の言葉が少女たちを狂わせていく
人殺しと言った事が皮肉にも現実になる
少女たちは罪の意識を心に持ち
贖罪を果たしていく


麻子の過去の行動が負の連鎖のはじまり
その連鎖がどんどん広がっていく


麻子の身勝手な言動
愛する人を失い人生が狂った犯人(南條)
麻子に対する復讐の為、殺人を犯す
巻き込まれた少女たちも犯罪を犯す
悲劇の連鎖になる


徐々に明らかになる事件の真相
娘が殺された原因が自分だと気づく
罪を償なければならない人物は麻子だった

南條に結婚する前に妊娠していた事
それが南條との子供である事を伝える
小説ではその後の事は描かれていないが
最終章の麻子の手紙に「そのあと彼が
どうなったかは、あなたたちも知って
いることと思います」とあるので
自殺か自首か何らかの行動を取っている
(ドラマ化もされ、ドラマでは自殺)

 
物語の最後での真紀と由佳の会話に
未来への希望が見えたのはよかった
人は知らず知らずに人を傷つける生き物
自分にとっては何気ない一言が
相手を傷つける事になる場合もある
考えさせられる作品でした


beer-2910539__480


こんな人にオススメ
・サイコパス物が読みたい
・ヤンデレ系の話が好き
・一気読みしたい


あらすじ・内容
彼女いない歴=年齢の主人公、桜田
友人の誘いで参加した合コンで
理想的な彼女  “汐野 希” に出会う
合コンを抜け出し二人きりで飲みに行き
楽しい時間を過ごした
しかし、後日驚くべき事が判明する
汐野希は合コンには参加しておらず
何者かが汐野希になりすましていた!
乾杯の向こう側にあったのは狂気だった 





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
あらすじに惹かれ購入し読了
比喩表現が多く少し読みにくかったが
後半は展開が気になり一気読み

合コンで出会った可愛い女の子が
実はヤバイ女の子というありがちな設定
かと思い読み進めたが中盤から急展開し
ページをめくる手が止まらない

合コンに参加した事により主人公の
日常が狂い始める
職場でも不可解な事が起こり始め
職場の人間に疑いの目を向ける


柏木の家にに避難するシーンは怖かった
もし、汐野にバレていたら・・・
桜田は殺されていたかもしれない


誰が汐野希か推理するのは面白かった
佐藤さんが怪しいとは思ったが黒幕
いた事には驚いた
そこまでは予測できなかった


結果的に桜田は精神を壊すし
佐藤さんは料理にされるし((((゜д゜;))))
柏木のサイコパス具合が怖かった


佐藤さんも柏木も魅力的だし
歯車が狂わなかったら幸せなカップルが
誕生しハッピーエンドだったのに
これから二人はどうなるのか?
日常の崩壊から転落までハラハラした
“狂気”の怖さが書かれた作品でした


magnifying-glass-5232511__480


こんな人にオススメ
・ミステリーが好き
・色々な視点から謎を解きたい
・斬新な設定を楽しみたい


あらすじ・内容
山村で起きたカルト宗教団体の集団自殺
唯一生き残った少女には、首を斬られた
少年が自分を抱えて運ぶ記憶があった!
探偵の上笠丞はその謎が奇跡である事を
証明しようとする
論理の面白さと斬新な探偵が起こす
一風変わった話題のミステリー!!


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
まず、設定が変わっていて面白い
一般的な探偵は事件の解決を目指すが
上笠丞は奇跡の証明の為に全ての可能性
を排除しトリックを論破していく
まさに、タイトル通りに話が進行する

論理的に推理してくる刺客達に対して
全てのトリックの可能性を排除しなければ
ならないので圧倒的に探偵側が不利
この圧倒的に不利な推理合戦が面白い


キャラも濃くてお腹いっぱいになる
・容姿端麗な天才探偵
・金貸しの美人中国人(パートナー)
・裏社会の美人中国人(刺客)
・元検察官の大門(刺客)
・元助手の天才少年(刺客)
・枢機卿(教皇の最高顧問、ラスボス)

登場人物がぶっとんで魅力的なので
アニメ化したら当たりそう


テンポも良く展開していく
奇想天外な仮説とその論理が楽しい
壮大で真剣な悪ふざけという印象だった
ただ、伏線はしっかり散りばめられており
ストーリーもしっかりしていた

ラストは探偵の笑顔も含め素敵だった
希望が持てる終わり方でよかった
続編の聖女の祝杯も是非読みたい



↑このページのトップヘ