サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

cake-3572438__480


こんな人にオススメ
・事件を違った角度からみたい
・魅力的な主人公が好き
・伏線を回収してスッキリしたい



あらすじ・内容
大手製薬会社で人体実験を告発する
文章が見つかった!
慌てるコンプライアンス課をよそに、
研究員が自宅で怪死する事件が発生
事件性が疑われるも、研究員は
アレルギー発作によるショック死だった
事件を不審に思った「経済学捜査員」伏見
はコンプライアンス課の玉木と捜査を始める
伏見は殺人の「効用」を分析して
殺人動機と真相に迫っていく・・・






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
「経済学捜査員」の伏見シリーズ第2段
主人公のキャラが際立っていて面白い
伏見のキャラといえば

・経済学者でスイーツ男子
・幽霊みたいな容姿
・周りに左右されない少しズレた変人
・冷静で観察力が凄い

まず、経済学という視点から事件を見る
それだけでも斬新で面白い
今作は製薬会社が舞台になっていて
玉木目線で捜査が進んでいく

容疑者はどんどん絞らていき
終盤に点と点が繋がって線になる
伏線もキレイに回収されスッキリします
犯人の亜由美は影がある美人で
自己中な性格だが魅力的だった

伏見のキャラも際立っているので
映像化しても面白いと思う


伏見シリーズは3作まであります

第1作
経済学捜査員 伏見真守

第2作
よくわかる殺人経済学入門

第3作
経済学捜査員 VS 談合捜査


作者の石川智健は医療系企業で働きながら
書いているので、それにも驚きΣ(゚Д゚)
同じサラリーマンとして尊敬します
他の作品も是非読みたいです


bubbles-2595227__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・どんでん返しが好き
・伏線を回収したい


あらすじ・内容
「ため息に溺れてしまいました」と
遺書を残し遺体で発見された指月
警察も当初は自殺と判断していたが・・
指月の妻、舞子は自殺に納得がいかず
警察に再調査の依頼をする
捜査を進めていった羽木が見たものは
蔵元家が持つ権力や財産をめぐる闇
誰からも愛された医師の死に隠された、
驚愕の真実とは!?


 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
石川智健は本作が初読み
「帯のラスト10ページ世界が一変する」
に惹かれて購入し、読了(・∀・)

プロローグで「誰も疑われませんように」
と思いながら自殺するシーンから始まる
いきなりストーリーに引き込まれる
ミステリーでよくあるお屋敷での事件も◎


優秀で容姿端麗で患者からも好かれ
使用人からも好かれていた
奥さんもキレイなのに、なぜ自殺したか?
自殺ではなく殺害されたのか?

動機がある家族はたくさんいるが
これといった証拠はない
展開が気になり一気読み

第4章からは指月の秘密も分かり
事件の真相に向けて展開していく
誰からも好かれていた指月の苦労や
胸に秘めた思いが描かれていた

エピローグでは指月が傷つかない為に、
「いろいろな人間を利用してきた」
事が書かれていた
虐待されていた過去があるからこそ
精神的に傷つく事を極端に恐れていた
真紗子に刺された時も助かるよりも
死んだ自分が傷つかない事を考えていた
ラストの10ページで指月の印象が
ガラっと変わって少し怖かったが
人間らしくて良かったと思う
タイトルもキレイで良かったです


他の石川智健作品には代表作として
行動経済学の視点から事件を解決する
「エウレカの確率」などがあります
シリーズ化されており人気作品です



yen-2177672__480


こんな人にオススメ
・主人公の成長を楽しみたい
・リアルなストーリーが好き
・一気読みしたい


あらすじ・内容
ケースワーカーの山川が殺された
新人職員の牧野聡美は彼の後を継ぎ
生活保護世帯の訪問支援の担当になる
仕事熱心で人望も厚い山川だったが
受給者を訪ねるうちに不審な点に気づく・・
生活保護の闇に迫る、渾身のミステリー!


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
柚月作品はまず、心理描写が丁寧
ストーリーもリアリティがあるので
感情移入しながらサクサク読める

本作は生活保護の闇を焦点にしている
新人職員の聡美は山川の仕事を引き継ぐ
生活保護受給者を訪問していくと
不審な点がどんどん浮かび上がる
生活保護の不正受給疑惑や貧困ビジネス、
ヤクザの関与や医療機関の不正関与など
かなりリアリティがあって読みごたえアリ

当初はケースワーカーの仕事が嫌だったが
終盤は責任感や使命感を持った職員へ
聡美の真面目な性格に好感が持てた
同僚の小野寺もなんだかんだでいいキャラ
事件の真相にケースワーカーの立場から
迫っていくコンビも良かった

若林刑事は目つきや口は悪いが
熱い信念を持ったいい刑事だった
聡美の緊急事態にはやや暴走していたが
迅速で的確な指揮を取っていた!
若林の判断が無ければ聡美は殺されていた
魅力的な刑事だったので続編が見たい

ミステリー要素もあり良かった
山川の高級腕時計などミスリードも
推理しながら読むには面白かった
終盤のハラハラした展開は一気読み
最後は未来に希望を持たせる終わり方で
読み終えた後は爽快感があり良かった


↑このページのトップヘ