サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

fire-2204171__480


こんな人にオススメ
・スリリングな展開が好き
・どんでん返しを楽しみたい
・一気読みしたい


あらすじ・内容
七尾は優秀な麻薬調査官だった
製薬会社が兵士用に開発した薬物“ヒート”
が闇市場に流出し調査を進めていた
たがある日、ヒートの売人が殺害され
凶器の鉄パイプから七尾の指紋が検出される
七尾を陥れたのは誰なのか!?
ハラハラの麻取ミステリー 


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
麻薬調査官の七尾とヤクザの山崎
この名コンビに引き込まれサクサク読めた


売人である仙道の潜伏先を見つけるが
翌朝、死体となって発見される
凶器の鉄パイプから七尾の指紋が検出され
殺人事件の容疑者にされてしまう
仙道を殺したのは誰なのか?

タイトル通りにここからヒートアップ
七尾と山崎が逃げながら捜査を進める
物語の終盤はヒートによって凶暴化した
野犬と戦ったりとハードボイルドに!
ヒートを自分に打つし、ムチャしすぎw

犯人の究明よりも生きて帰れるのかと
思うほどのアクションありとハラハラした
助かってくれて良かった

七尾の指紋を偽造出来る身内が犯人
犯人は山崎の奥さんかと思ったが、
名前違うし、いい人そうだし違う
完全にミスリードされれてしまった
読み返したら丁寧な喋り方だし
完全に先入観に騙されました


本作は山崎がいいキャラだった
御子柴には罪を軽くなるようにして欲しい
他の作品にも山崎は登場します
※「逃亡刑事」に出てくるようです
未読なので是非、読みたいと思います

flight-4454338__480


こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・密室殺人の謎を解きたい
・一気読みしたい


あらすじ・内容
沖縄の那覇空港で、ハイジャックが起こる
旅客機には乗客が240名!
犯人グループ3人の要求は那覇警察署に
留置中の「師匠」を空港に「連れてくること」
とこれが、機内のトイレで乗客の一人が
死体となって発見され、自体は一変する!
極限の閉鎖状況で犯人探しが始まる
スリリングなミステリー




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
ハイジャックされた飛行機の中で想定外の
殺人事件が起こる(しかも密室のトイレ)
これだけで作品に引き込まれる


犯人グループに殺人の謎解きを命じられた
座間味くんが本当にいいキャラだった
イヤイヤながらも推理し真相に迫っていく


密室の謎を解きながら読み進め
トイレでの殺人は犯人は予想できたが
動機はまでは当てる事ができなかった


ハイジャックの動機は理解出来なかったか
それほど「師匠」がカリスマ的なのだろう
話もしっかり作られていて読み応えアリ


ラストシーンでは2年後の座間味くんが
真壁の墓に向かって月の扉の話をする
皆既月食のあの日に15人が失踪し、
しかも、全員がキャンプ参加者と報告
俺は信じてないと言いながらも
真壁に「次のときは、行ければいいな」
と言って話を締めくくる
座間味くんが活躍して面白い作品でした


この座間味くんシリーズには
・左手の心臓
・玩具店の英雄
・パレードの明暗

月の扉の11年後の話もあります
どれも読んでみたいと思いました



suit-2619784_1280

こんな人にオススメ
・親子の絆を感じたい
・刑事物を読みたい
・サクサク読み進めたい


あらすじ・内容
新米刑事の夏輝が初めての現場で
組まされたのは父の島尾明村だった
少年時代に離別して確執があった
ある日、捜査一課の係長が何者かに殺害され
捜査本部は内部の犯行を疑う

父も含めて同じ課の刑事達に疑惑が浮上
夏輝は単独で事件の確信に迫るが・・・
いくつもの因縁が絡み合うミステリー


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
雫井作品は「犯人に告ぐ」「火の粉」
「クローズド・ノート」が有名
ダークな話を書く印象があったが
本作はコミカルなテイストもあり


少年時代に父とは離別し確執があった
しかし、現場でコンビを組まされる事に
そこで次々に事件が発生する

ある日、捜査一課の係長が殺害され
父にも疑惑の目が向けられる

新米刑事の夏輝が情報屋である相原と
独自に捜査をして真相に近づいていく
相原は尾行中に見つかって死んでいまうが
明るくいいキャラで登場人物の中で
一番魅力的った(*´д`*)

一連の事件の黒幕は刑事の稲木と江渕
そして、最初に殺された情報屋・貝塚とは
グルだった


確執があった親子も次第に打ち解けていく
夏輝の父のジェントルは頼りにならないが
優しく、面白く親子の絆を感じた
他にも、純子と自殺した父との絆
ヤクザ元親分も息子を思い遺体処理を行う
タイトルにあったストーリーでした

新人刑事が単独捜査するのはリアリティに
欠けるが夏輝目線で読み進めれる
ラストの夏輝と妹の忍、父とのシーンは
ホッコリしてよかった


いつもの人間のダークなところを描く
雫井作品とは一味違った
まだ、未読の作品も多いので読みたい

佐藤健と渡部篤郎でドラマ化もされてます
小説とは違う内容らしいので
気になる方は見て下さい



↑このページのトップヘ