ladybug-574971_1280


こんな人にオススメ
・心理描写を楽しみたい
・緻密に作り込まれた話を読みたい
・正義感が溢れる話が好き



あらすじ・内容
警察官を定年退職した神場は妻の香代子
とお遍路の旅に出る
旅の途中で幼児殺人事件を知り
それが16年前、自身が捜査した事件と
酷似していた事に動揺する
16年前の事件では犯人は逮捕されたが
冤罪の可能性も否定できず、
神場の心に悔恨を残していた

かつての部下を通して捜査に関わり出し
真実を追いながら過去と向き合う
様々な思いが交錯する慟哭のミステリー!


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

慈雨 (集英社文庫(日本)) [ 柚月 裕子 ]
価格:836円(税込、送料無料) (2020/3/23時点)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ネタバレ・感想
臨床真理に次いで2作目の柚月作品
この人は心理描写が丁寧に描かれていて
話や登場人物も作り込まれている
真相に近づくに連れてページをめくる手
が止まらず一気読み!


主人公の神場は寡黙だか正義感が強い
周囲からも信頼されていた
こんな上司の元で働きたいと思った
神さんに「踏ん張れ」と言われたい

また、妻の香代子も天真爛漫で明るく
人の良さがにじみ出ている
心理描写が丁寧なので感情移入できた


16年前の幼児殺人事件は冤罪の可能性が
あり、その事を退職した後も苦しんでいた
お遍路の旅の途中で16年前の事件に
酷似した幼児殺人事件を知る
16年前逮捕された犯人は服役中であり
胸騒ぎが止まらず捜査に関していく


過去の事件の捜査をかつての部下であり
娘の恋人である緒方に託す

犯人は誰なのか?
16年前の事件と同一犯か!?
同一犯であれば冤罪が確定する


捜査を指揮するかつての同僚、鷲尾も
神場と同じように全てを捨ててでも
過去の過ちと向き合おうとする
もし、自分が同じ立場にいるなら悪夢を
見ようが安定した生活を守ってしまう
彼らは本当に強い人間だと思う


終盤で娘の幸知と緒方の結婚を反対していた
神場が結婚を許す電話のシーンは感動!

「緒方はいいやつだ」
「男としても、刑事としても~」
「安心して、あいつについていけ」
「話はそれだけだ」

幸知も普段、電話で話さない父に驚く
家族の愛を感じて読みながら潤んだ


捜査はお遍路と並行して進んでいく
道中に出会った少年のミニカーをヒントに
事件は進展して真相が見えてくる


お遍路の終盤での天気雨は優しい慈雨
神場の心情を表していた

人生においてもいい事ばかりでない
しかし、辛い事があるからこそ
嬉しい事や楽しい事がある
些細な事にも幸せを感じる事が出来る


話も作り込まれており面白かった
他の柚月作品も読みたくなりました
【慈雨】は映画化して欲しいなー