justice-2060093__480


こんな人にオススメ
・どんどん返しが好き
・一気読みしたい
・心理描写を楽しみたい



あらすじ・内容
豪雨の夜の不動産業者殺人事件
強引な取り調べで自供した青年は
死刑判決を受け、塀の中で自殺してしまう
しかし、5年後に真犯人がいる事が分かる
冤罪を隠蔽しようとする警察組織
渡瀬は正義感で内部告発をする

時は流れ新たな展開が・・・
真犯人、迫水は出所後に何者かに殺害される
誰が迫水を殺害したのか!?
当時の事件を担当した渡瀬は真実を追う
たどり着いた司法の闇と驚愕の真相とは!
中山七里の代名詞、どんでん返しあり


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テミスの剣 (文春文庫) [ 中山 七里 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2020/3/30時点)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
不動産業者の殺人事件から話は始まる
判事の心理描写や裁判員制度の意味
警察組織や内部告発後のストーリー
冤罪をテーマにしており読み応えがある

しかし、それだけでは終わらない
真犯人の迫水が出所後に殺されてしまう
ここからの推理が面白かった
伏線が散りばめられ回収していく
テンポも良くサクサク読めます!


主人公、渡瀬の正義感や信念も良い
冤罪に関わった経験から

「二度と間違えない」

という信念や厳しさ、捜査方針など
渡瀬警部の刑事としての覚悟が格好いい
重苦しい内容だったがラストの締めが◎
高円寺判事の孫とのやり取りが良い
伏線がしっかり回収されスッキリした
渡瀬警部が格好よくファンになった


中山七里は登場人物が作品間でリンクして
読んでいても面白い


渡瀬警部が出てくるシリーズは

・カエル男シリーズ
・魔女は甦る
・切り裂きジャックの告白
・贖罪の奏鳴曲(御子柴シリーズ)
・ピポクラテスシリーズ
・ネメシスの使者

まだ未読の作品も多いので是非読みたい