shack-2494782__480


こんな人にオススメ
・謎解きが好きだ
・伏線を回収してスッキリしたい
・一気読みしたい



あらすじ・内容
カリスマドキュメンタリー作家の「心中事件」
一緒に心中を行ったのは有名女優の妻では
なく、不倫相手の女だった
そして、女だけが生き残った
本当は誰かに殺されタのではないか?
女は一切、取材に応じなかったが
7年後ルポライターの若橋が取材に成功する
心中事件の真相は解明されるのか!?

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

出版禁止 (新潮文庫) [ 長江 俊和 ]
価格:649円(税込、送料無料) (2020/4/5時点)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
「ミステリー愛好家、この秘密をすべて
解ける者、求む」の帯に惹かれ読んだ

ルポ形式で話がサクサク進んでいく
取材を心中事件の生き残りである
不倫相手である七緒に行っていくが、
次第に若橋は七緒に恋愛を抱き出していく

若橋は取材を続けていくうちに、
七緒に惹かれ一緒に暮らすようになる
しかし、七緒は事件の後遺症にがあり
時折苦しんでおり体調がかなり悪い様子

苦しむ七緒から
「はやく、わたしをころして・・・」
と懇願されるようになる

若橋は七緒を愛していたので心中を決意
過去の心中と同様にビデオを回しながら
睡眠薬とワインを飲んで実行した

若橋は心中を実行したが
七緒はワインを飲まない!?

翌日、コテージから1人の遺体が発見された
発見された遺体は・・・女性だった!

ここまで読んで混乱する
どうせ七緒だけ生きていて過去の心中事件
と同じ結果になると思っていた

しかも、七緒の遺体は死後2週間が経過
若橋が心中したのは昨日だった
七緒は心中以前に死んでいた((((゜д゜;))))

七緒が痙攣を起こし目を覚まさないシーン
確かに意識を取り戻す描写はなかった
読む最中に怪しいとは思ってはいたが
作者に完全に騙されました
(買い物や海に若橋と一緒に行ったのは
切断された七緒の頭だった!)


名前もアナグラムになっていました

わかなしくれなり
   ↓
われはしかくなり(我は刺客なり)


しんどうななお
   ↓
どうなしおんな(胴無し女)


他にも小説内ではヒントが散りばめられ
・「□□さん」 → 刺客刺客さん
・縦読みで 私が七緒をころした


七緒の生首とのやり取りや生活は
読み返していくとゾワゾワします
謎解きに挑戦しましたが完敗しました
とても面白い小説でした
他にも禁止シリーズがあるので
読んでみたいと思いました