サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: ミステリー

fire-2204171__480


こんな人にオススメ
・スリリングな展開が好き
・どんでん返しを楽しみたい
・一気読みしたい


あらすじ・内容
七尾は優秀な麻薬調査官だった
製薬会社が兵士用に開発した薬物“ヒート”
が闇市場に流出し調査を進めていた
たがある日、ヒートの売人が殺害され
凶器の鉄パイプから七尾の指紋が検出される
七尾を陥れたのは誰なのか!?
ハラハラの麻取ミステリー 


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
麻薬調査官の七尾とヤクザの山崎
この名コンビに引き込まれサクサク読めた


売人である仙道の潜伏先を見つけるが
翌朝、死体となって発見される
凶器の鉄パイプから七尾の指紋が検出され
殺人事件の容疑者にされてしまう
仙道を殺したのは誰なのか?

タイトル通りにここからヒートアップ
七尾と山崎が逃げながら捜査を進める
物語の終盤はヒートによって凶暴化した
野犬と戦ったりとハードボイルドに!
ヒートを自分に打つし、ムチャしすぎw

犯人の究明よりも生きて帰れるのかと
思うほどのアクションありとハラハラした
助かってくれて良かった

七尾の指紋を偽造出来る身内が犯人
犯人は山崎の奥さんかと思ったが、
名前違うし、いい人そうだし違う
完全にミスリードされれてしまった
読み返したら丁寧な喋り方だし
完全に先入観に騙されました


本作は山崎がいいキャラだった
御子柴には罪を軽くなるようにして欲しい
他の作品にも山崎は登場します
※「逃亡刑事」に出てくるようです
未読なので是非、読みたいと思います

flight-4454338__480


こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・密室殺人の謎を解きたい
・一気読みしたい


あらすじ・内容
沖縄の那覇空港で、ハイジャックが起こる
旅客機には乗客が240名!
犯人グループ3人の要求は那覇警察署に
留置中の「師匠」を空港に「連れてくること」
とこれが、機内のトイレで乗客の一人が
死体となって発見され、自体は一変する!
極限の閉鎖状況で犯人探しが始まる
スリリングなミステリー




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
ハイジャックされた飛行機の中で想定外の
殺人事件が起こる(しかも密室のトイレ)
これだけで作品に引き込まれる


犯人グループに殺人の謎解きを命じられた
座間味くんが本当にいいキャラだった
イヤイヤながらも推理し真相に迫っていく


密室の謎を解きながら読み進め
トイレでの殺人は犯人は予想できたが
動機はまでは当てる事ができなかった


ハイジャックの動機は理解出来なかったか
それほど「師匠」がカリスマ的なのだろう
話もしっかり作られていて読み応えアリ


ラストシーンでは2年後の座間味くんが
真壁の墓に向かって月の扉の話をする
皆既月食のあの日に15人が失踪し、
しかも、全員がキャンプ参加者と報告
俺は信じてないと言いながらも
真壁に「次のときは、行ければいいな」
と言って話を締めくくる
座間味くんが活躍して面白い作品でした


この座間味くんシリーズには
・左手の心臓
・玩具店の英雄
・パレードの明暗

月の扉の11年後の話もあります
どれも読んでみたいと思いました



suit-2619784_1280

こんな人にオススメ
・親子の絆を感じたい
・刑事物を読みたい
・サクサク読み進めたい


あらすじ・内容
新米刑事の夏輝が初めての現場で
組まされたのは父の島尾明村だった
少年時代に離別して確執があった
ある日、捜査一課の係長が何者かに殺害され
捜査本部は内部の犯行を疑う

父も含めて同じ課の刑事達に疑惑が浮上
夏輝は単独で事件の確信に迫るが・・・
いくつもの因縁が絡み合うミステリー


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
雫井作品は「犯人に告ぐ」「火の粉」
「クローズド・ノート」が有名
ダークな話を書く印象があったが
本作はコミカルなテイストもあり


少年時代に父とは離別し確執があった
しかし、現場でコンビを組まされる事に
そこで次々に事件が発生する

ある日、捜査一課の係長が殺害され
父にも疑惑の目が向けられる

新米刑事の夏輝が情報屋である相原と
独自に捜査をして真相に近づいていく
相原は尾行中に見つかって死んでいまうが
明るくいいキャラで登場人物の中で
一番魅力的った(*´д`*)

一連の事件の黒幕は刑事の稲木と江渕
そして、最初に殺された情報屋・貝塚とは
グルだった


確執があった親子も次第に打ち解けていく
夏輝の父のジェントルは頼りにならないが
優しく、面白く親子の絆を感じた
他にも、純子と自殺した父との絆
ヤクザ元親分も息子を思い遺体処理を行う
タイトルにあったストーリーでした

新人刑事が単独捜査するのはリアリティに
欠けるが夏輝目線で読み進めれる
ラストの夏輝と妹の忍、父とのシーンは
ホッコリしてよかった


いつもの人間のダークなところを描く
雫井作品とは一味違った
まだ、未読の作品も多いので読みたい

佐藤健と渡部篤郎でドラマ化もされてます
小説とは違う内容らしいので
気になる方は見て下さい



shack-2494782__480


こんな人にオススメ
・謎解きが好きだ
・伏線を回収してスッキリしたい
・一気読みしたい



あらすじ・内容
カリスマドキュメンタリー作家の「心中事件」
一緒に心中を行ったのは有名女優の妻では
なく、不倫相手の女だった
そして、女だけが生き残った
本当は誰かに殺されタのではないか?
女は一切、取材に応じなかったが
7年後ルポライターの若橋が取材に成功する
心中事件の真相は解明されるのか!?

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

出版禁止 (新潮文庫) [ 長江 俊和 ]
価格:649円(税込、送料無料) (2020/4/5時点)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
「ミステリー愛好家、この秘密をすべて
解ける者、求む」の帯に惹かれ読んだ

ルポ形式で話がサクサク進んでいく
取材を心中事件の生き残りである
不倫相手である七緒に行っていくが、
次第に若橋は七緒に恋愛を抱き出していく

若橋は取材を続けていくうちに、
七緒に惹かれ一緒に暮らすようになる
しかし、七緒は事件の後遺症にがあり
時折苦しんでおり体調がかなり悪い様子

苦しむ七緒から
「はやく、わたしをころして・・・」
と懇願されるようになる

若橋は七緒を愛していたので心中を決意
過去の心中と同様にビデオを回しながら
睡眠薬とワインを飲んで実行した

若橋は心中を実行したが
七緒はワインを飲まない!?

翌日、コテージから1人の遺体が発見された
発見された遺体は・・・女性だった!

ここまで読んで混乱する
どうせ七緒だけ生きていて過去の心中事件
と同じ結果になると思っていた

しかも、七緒の遺体は死後2週間が経過
若橋が心中したのは昨日だった
七緒は心中以前に死んでいた((((゜д゜;))))

七緒が痙攣を起こし目を覚まさないシーン
確かに意識を取り戻す描写はなかった
読む最中に怪しいとは思ってはいたが
作者に完全に騙されました
(買い物や海に若橋と一緒に行ったのは
切断された七緒の頭だった!)


名前もアナグラムになっていました

わかなしくれなり
   ↓
われはしかくなり(我は刺客なり)


しんどうななお
   ↓
どうなしおんな(胴無し女)


他にも小説内ではヒントが散りばめられ
・「□□さん」 → 刺客刺客さん
・縦読みで 私が七緒をころした


七緒の生首とのやり取りや生活は
読み返していくとゾワゾワします
謎解きに挑戦しましたが完敗しました
とても面白い小説でした
他にも禁止シリーズがあるので
読んでみたいと思いました


justice-2060093__480


こんな人にオススメ
・どんどん返しが好き
・一気読みしたい
・心理描写を楽しみたい



あらすじ・内容
豪雨の夜の不動産業者殺人事件
強引な取り調べで自供した青年は
死刑判決を受け、塀の中で自殺してしまう
しかし、5年後に真犯人がいる事が分かる
冤罪を隠蔽しようとする警察組織
渡瀬は正義感で内部告発をする

時は流れ新たな展開が・・・
真犯人、迫水は出所後に何者かに殺害される
誰が迫水を殺害したのか!?
当時の事件を担当した渡瀬は真実を追う
たどり着いた司法の闇と驚愕の真相とは!
中山七里の代名詞、どんでん返しあり


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テミスの剣 (文春文庫) [ 中山 七里 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2020/3/30時点)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
不動産業者の殺人事件から話は始まる
判事の心理描写や裁判員制度の意味
警察組織や内部告発後のストーリー
冤罪をテーマにしており読み応えがある

しかし、それだけでは終わらない
真犯人の迫水が出所後に殺されてしまう
ここからの推理が面白かった
伏線が散りばめられ回収していく
テンポも良くサクサク読めます!


主人公、渡瀬の正義感や信念も良い
冤罪に関わった経験から

「二度と間違えない」

という信念や厳しさ、捜査方針など
渡瀬警部の刑事としての覚悟が格好いい
重苦しい内容だったがラストの締めが◎
高円寺判事の孫とのやり取りが良い
伏線がしっかり回収されスッキリした
渡瀬警部が格好よくファンになった


中山七里は登場人物が作品間でリンクして
読んでいても面白い


渡瀬警部が出てくるシリーズは

・カエル男シリーズ
・魔女は甦る
・切り裂きジャックの告白
・贖罪の奏鳴曲(御子柴シリーズ)
・ピポクラテスシリーズ
・ネメシスの使者

まだ未読の作品も多いので是非読みたい


↑このページのトップヘ