police-378255__480

こんな人にオススメ
・警察小説が読みたい
・巨悪に立ち向かうストーリー好き
・おじさんトリオの活躍を見たい


あらすじ・内容
警察内部の不祥事を取り締まる監察官
元潜入捜査官が自殺し薬物が見つかる
不審な点から警察内部の黒い人脈の影が
裏切り者は誰なのか?
徐々に真相に迫っていくストーリー
巨悪に立ち向かう警察小説!!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白日夢 素行調査官 (光文社文庫) [ 笹本稜平 ]
価格:838円(税込、送料無料) (2020/2/7時点)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
素行調査官シリーズの第二段
ヘッドハンティングされた元探偵の本郷
監察官の大ベテランの北村
警察庁内のキャリア高官の入江
おじさんがトリオがいい味を出してます
 

警察内部の巨悪にトリオが正義を貫き
心地よい気分にさせてくれます


「何かできるかできないかを決めるのは
 俺たち自身じゃないのかな」

「ただ無駄メシ食ってながいきして、
 世の中に何も残さずに死んでいく
 だけなら、最初から生まれてこな
 かったほうがいい」


など様々な名言や人生観も楽しめます
終盤、本郷の執念からの逆転劇は壮観
出来すぎた感はありますがスッキリします
続編もあるので読みたいと思いました