fear-4440916__480

こんな人にオススメ
・サイコパスホラーが読みたい
・ハラハラ、ドキドキしたい
・スリリングな展開を楽しみたい


あらすじ・内容
生命保険会社に勤める・若槻が顧客の家に
呼ばれ子供の首吊り死体の発見者になって
しまう
若槻は顧客の不審な点から調査を開始するが
それにより悪夢が次々と始まる
幽霊モノではないサイコパスホラーです!

ホラーサスペンスの大作です
第4回日本ホラー小説大賞受賞


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い家 (角川ホラー文庫) [ 貴志 祐介 ]
価格:748円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
読み終えて思ったのは一番怖いのは人!
幽霊でもなく、人が怖い((((゜д゜;))))
中盤以降は手に汗にぎる展開の連続!
ホラー小説の中でダントツに怖いです


保険会社に勤める若槻の視点で進みます
顧客の家で子供の首吊り自殺が起こり
父親が怪しいがアリバイがある
その為、若槻は独自に調査を始めます
それが連続する恐怖の始まりに・・

顧客の菰田夫妻の暮らす「黒い家」
真っ黒で怪しい夫婦(菰田重徳・幸子)
毎日のように会社を訪ねてくる幸子
無言電話もかかってくるようになります
若槻の精神は次第にすり減っていく

幸子は「保険金が下りない事」に対して
腹を立て若槻や関係者に攻撃をします
恋人の心理学研究室の助教授が殺され
(助教授が菰田夫妻をサイコパスと診断)

この事件解決を依頼された刑事
幸子の周辺を調べていたら行方不明に
(のちに刑事の死体を幸子宅で発見する)

若槻は恐怖の中、真犯人は幸子と確信
幸子が怖すぎる(゜o゜;)
人の執念や狂気が怖い

終盤では幸子との直接対決!!
主人公になりきって読んでいました

・黒い家で恋人の恵を助けるシーン
・若槻の家に幸子がいるシーン
・終盤の幸子が会社にくるシーン

描写がリアルで映像が流れました
幸子のサイコパスはヤバイです
悪の教典のハスミンに通じるものがあります

物語の続きが気になりページが進む作品
映画化もされています!
貴志祐介にハマるきっかけになりました
他の作品も面白くてオススメです


・悪の教典
→ハスミンがサイコパス

・青の炎
→高校生の殺人と破滅

・十三番目の人格ISOLA
→デビュー作品、多重人格を描く

・天使の囀り
→バイオホラーの名作

・グリムゾンの迷宮
→ハラハラのバトルロワイヤル

・ガラスのハンマー
→密室トリックのミステリー大作


気になる作品があれば是非読んで下さい