サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

fittings-2784899__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ハラハラしたい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
〈死〉の匂いを感じる力を持つ刑事・香西
定年間近の彼はその力を手掛かりに
不審な失踪者の足取りを追いかける
そしてゴミ処理施設の真崎に辿り着く
端正な顔立ちのこの男が犯人なのか?
正義と悪の概念が覆されるミステリー!

 


-------------------


ネタバレ・感想
定年間近の香西が時効した少女殺害事件
を追いかけ犯人を追い詰めていく話かと
思いきや全然違って面白かった


〈死〉の匂いが分かるので犯人は分かる
犯人を予想する面白さが無いので
盛り上がりに欠けると思いきや・・・
ミステリー要素に加えてサスペンス要素
もありハラハラしたシーンも良い!


香西と「怪物」真崎の攻防戦や心理戦
から目が離せず一気読みでした
中でもハラハラしたのは堂島の死体を処理
する為に真崎に交渉を持ちかけるシーン
香西に感情移入しながら読んでいたので
真崎がどう出るかドキドキした


他にも真崎と里紗が接触して処理施設に
一緒に入っていく展開も目が離せない
香西は里紗が殺されると考えて尾行する
真崎の押している台車の中身を確認する
シーンも手に汗握る展開でページを
捲る手が止まらない


〈死〉の匂いの力で真相に迫る香西
しかし、真崎は頭の回転が早く対応する
香西の捜査や尾行に対しても罠を張り
ことごとく香西の追求をかわしていく
この二人の攻防戦が最高に面白い



真崎が全てを誘導し、香西の動きを
楽しんでいる余裕さえもあった!!
真崎恐るべし((((゜д゜;))))



当初は正義感から真崎を追いかけるが
次第には里紗の為を思い行動する
そして、それが一線を越えてしまう
香西自身が「怪物」になってしまった


おそらく三園はこれから「怪物」たちに
殺され溶かされてしまうだろう
勘の鋭い石川が気付かない事を願う
続きが気になるので続編を書いて欲しい
(できたら石川目線で)


パターンA
三園が「怪物」たちに殺される
→香西が育てた石川が気付き捜査
→真崎・香西らと攻防戦を繰り返す
→次第に香西が人間の心を取り戻す
→香西自首し罪を償う


パターンB
三園が「怪物」たちに殺される
→香西が育てた石川が気付き捜査
→真崎・香西らと攻防戦を繰り返す
→石川も「怪物」になってしまう
→警察内部の情報を利用
→堂島の様な悪人を裁いていく


どっちも面白そうだがパターンB
の方が展開が広がりそう
いいキャラの石川が活躍して欲しい
サクサク読めるし心理描写も丁寧
先の展開も常に気になり一気読み
香西の設定も斬新で面白かった
とても満足な1冊でした(*^_^*)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

assist-4582129__480



こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・歪んだ愛の話が好き
・ダークな話が読みたい



あらすじ・内容
兄が死んで、私が生まれた
1歳の誕生日のケーキにはろうそくが8本
波琉子は幼くして死んだ兄の代わりに
母親から壮絶な愛情を注がれ生きる
やがて兄の死の秘密を知るもうひとつの
家族の告白が波琉子を揺さぶる
「お母さんはいいお母さん?」
家族の愛をテーマにしたミステリー!

 


------------------


ネタバレ・感想
可愛い盛りの息子・波琉を事故で失い
同じ誕生日に生まれた妹に波琉と名付ける
タイトルからサイコ的な予感はしたが
前半はホラー小説だった


最愛の息子を亡くした知加子は
家の中では波琉が生きているように振舞う
波琉子に対しては過保護に育てる
その結果、波琉子は学校に馴染めない
夫や担任が子育てのやり方に意見するも
教育方針を変えるつもりは毛頭無い


誕生日には波琉子の年齢より7本多く
ローソクを立て、兄の生まれ変わりだと
思い込ませる育て方をしていた
本当に波琉子が可哀想だった



後半からは別の家庭の話に一変する
成彦は逆に母親から嫌われていた
嫌われている理由は分からず苦しむ日々
愛されている姉・秋絵を横目に心に傷を負う
成彦も可哀想で胸が痛んだ


全てが不運な波琉の事故から始まった
どちらの母親も事故後に生まれた子供を
波琉の生まれ変わりと考える
どちらの母親も子供を守りたいが為に
狂気に駆られおかしくなった
リアルな恐ろしさが心に残った
物語前半のインパクトに持っていかれ
一気読みさせられた1冊でした


「お母さんはいいお母さん?」
「いいお母さん…ってお兄ちゃんが言ってる」
このやり取りが一番怖かった
何とか波琉子は幸せになって欲しい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

car-1531273__480



こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・一気読みしたい
・スピード感ある話が好き



あらすじ・内容
2人の少女を惨殺した殺人鬼の命に
10億の賞金が懸けられた
いつ、どこで、誰が襲ってくるか予測が
つかない中、福岡から東京までね輸送を
命じられた5人の警察官
命を懸けて「人間の屑」の盾になることに
どんな意味があるのか?任務、正義
その狭間で男たちは別々の道を歩き出す
緊迫のエンターテイメント!





-------------------


ネタバレ・感想
まず、設定が面白い
資産家の孫が殺され、卑劣な犯罪者
である清丸に10億の値が付く
警察官でSPの銘苅は葛藤しながらも
命懸けで任務を遂行していく
 

10億の賞金が懸けられているので
いつ、誰が襲ってくるか分からない
序盤から犯罪者の清丸は命を狙われる

・匿っていた仲間
・拘置所の警察官
・運ばれた病院の看護師

警察官からも命を狙われ
仲間の中にも内通者がいて
本当に誰を信じていいか分からない
先の展開が気になり一気読み
福岡から東京までの輸送はトラブル続き


護送車での輸送(パトカー警備付)
→トラックから襲われる

航空機での輸送
→航空機に細工がされ不可

新幹線での輸送
→GPS で位置情報が漏れる


結局、移動手段を新幹線から車へ変更
タクシー運転手の助けもあり
銘苅は何とか任務を成功させる
スリリングな展開の連続で面白かった


銘苅の主観で描かれており
葛藤、正義、任務、人間らしさ等
色々と考えさせられる作品だった
なぜ犠牲を払いながらも清丸を
守らないといけないのか?
何の為に守るのか?正義とは?

・社会のルールを厳守する事
・自身の感情に素直に行動する事
・法律に従い卑劣な犯罪者を守る事
・その法律によって犯罪者を裁く事


結局、答えは作中では出なかった
疑心暗鬼の中で葛藤しながらの任務
心身共にボロボロにり揺れ動く心理
自分が銘苅ならどうしただろうか?
想像するだけでも疲れてしまう
最後まで反省しない清丸が生き残り
巻き込まれた人たちが犠牲にあうのは
スッキリしないし憤りを感じた


読みやすく緊張感やスピード感があり
作品に引きずり込まれた1冊でした


映画化もされています
銘苅・・・大沢たかお
清丸・・・藤原竜也
白岩・・・松嶋菜々子
壮大スケールのアクションに加え
大沢たかおの熱演と藤原竜也の怪演
気になる方はご覧下さい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ