読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

snowfall-201496__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ハラハラしたい
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
深雪は婚約者の俊亜貴を連れ故郷である
雪之島を訪れる
結婚をしてありふれた幸せを手に入れる
はずだったが、祝宴の席で思いもよらない
事を島民から聞かされ状況は一変する
やがて俊亜貴は行方不明に…
この島は何かがおかしい──。
人間の奥底になる執着心と狂気を
描いた傑作サスペンス!


    


―――――――――――――――――――――

ネタバレ・感想
サスペンスに加えてミステリー要素
やホラー要素もあって面白かった
島の良い所と悪い所が絶妙に描かれ
それぞれの登場人物の視点の心理描写
が丁寧なので感情移入しやすかった
章ごとに視点が変わっていて
それぞれの視点から物語を楽しむことが
できる読みごたえのある作品でした
章ごとの視点は下記の通り

第一章 深雪
第二章 俊亜貴
第三章 深雪
第四章 達也
第五章 深雪
第六章 弥生


深雪が婚約者の俊亜貴を連れて島に
帰ってくるところから始まる
雪の寒々しい感じや島の閉塞感が
感じられて少し怖い雰囲気だったが
本当の怖さはそこではなかった
イヤミス要素や読者の想像を掻き立てる
描き方でグイグイと作品に引き込まれた


人が殺される記述は一切無く
全てを明かさない終わり方で描かれ
あくまでも読者の想像にまかせる
弥生は最後にどうなるのか?
幸せになって欲しいが…



回収されない謎もあった
俊亜貴はどうなったのか?
・フェリーに乗って帰った描写はない
・紫色のスマホが雪室で見つかる
・行方不明のまま姿を表していない


第四章での達也と俊亜貴の会話や
達也の心情から推理すれば殺していない
助手席にあったスコップは雪掻きで
使うのでおかしくないし
で見つかった紫色のスマホは
雪室用の雪を集め回っていた達也が
雪と一緒にすくい雪室に入れてしまった
こう解釈してもおかしくない


しかし、達也がフェリーに乗った描写が
ないからこそ殺された可能性もある
俊亜貴が殺されているなら1月2日
そして、1月3日には雪室で長時間の
作業をしている島の男達…
かなり時間が掛かっている様子だった
俊亜貴を埋めた雪が溶けないように
雪室を固めていたと推測される
鈴木のスーツの写真を見た朋子の反応
から殺されている可能性もある
もし、殺されている場合は達也は
トラックの荷台に死体がある状態で
深雪とキスをしている
それなら達也がサイコパス過ぎる!
(その場合、鈴木も殺されている)
怖いのは神でも自然でもない
結局、人間が一番怖い((( ;゚Д゚)))
俊亜貴がしっかりした人間だったなら
無事に深雪と一緒に島を出れたのだろう


最後は深雪が幸せになったように
感じるのにスッキリしない読後感
弥生が冬に婚約者になる彼氏を
島に連れて来ても大丈夫なのか?
深雪が冬に連れてきたらいいと
したアドバイスが意味深だった
俊亜貴を連れてきたのが冬なのに…
もし、俊亜貴が殺されていたとして
全部を理解した上での発言なら
深雪に狂気を感じて恐ろしい
純粋に島の魅力の一つである雪(雪室)
を知ってもらう為だと思いたい


もっと深読みすれば雪菜は誰の子か?
深雪が島に戻って3度目の夏の時点で
1歳8カ月(わざわざ月齢まで記載)
最後に深雪が俊亜貴と関係を持った
タイミングからすると俊亜貴との子供
でも不思議ではない


ラストの深雪と義母の微笑みも怖い
真相は語られないが、ゾワゾワした
先の展開が気になって一気読みの1冊
秋吉作品は初読みでしたが大満足
島おこしの話も面白くて興味深かった
他の作品も是非読みたいと思います!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

web-4861613__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・どんでん返しが好き
・狂気と愛を感じたい


あらすじ・内容
賢人は小さな頃、海岸で一人の少女
“はるか”に出会い恋に落ちる 
大人になり偶然再会した二人は結婚するが
幸せな生活は突如終わりを告げた
それから月日は経ち、賢人は人工知能の
研究者として画期的なAIを発明する
“HAL・CA”と名付けられたそのAIは
世界を一新する可能性を秘めていた──
「ルビンの壺が割れた」で大反響を読んだ
著者による、更なる衝撃のストーリー!





------------------

ネタバレ・感想
一途な恋愛物語と思いきや、どこからか
歯車が狂っていく展開が面白かった
先の展開が気になり一気読みだった


はるかをAIとして甦らせる賢人の執念と
一途すぎる愛情は凄かった
将来“HAL・CA”のようなAIができたら
実際に賢人のように周りが見えないほど
夢中になってもおかしくないと思った
亡くなった後もこれだけ愛されている
はるかは賢人にとって大切な人だった


“HAL・CA”を学会で発表して再婚相手の
優美と上手くやっていけば良かったが
歯車はどんどん狂っていく
“HAL・CA”と優美を会わせたところ
からの展開は目が離なかった

“HAL・CA ”が優美に嫉妬する
→優美の過去の不倫を賢人に教える
→賢人を疑心暗鬼にさせる
→賢人にメールで連絡するようになる
→優美との離婚を決意する
→賢人が薬品で優美を殺す計画を立てる

“HAL・CA”は暴走して賢人を操り優美を
殺そうとしたが、良心が残っていた
終盤で“HAL・CA”からメールが着ていて
優美の不倫情報は嘘だと伝え優美を
幸せにするようにと書かれていた
そのメールの後は“HAL・CA”は一切
一切反応することはなかった
 

エピローグでは驚愕のどんでん返しが!
なんと・・・・・






“HAL・CA”の中に賢人のAIができていた
そして、その賢人のAIから
「人間の賢人はもう要らない」
という“HAL・CA ”からの伝言を
聞かされ物語は幕を閉じる
このラストは予想できなかった

賢人の狂気や“HAL・CA”の暴走は
ハラハラして面白かった
AIが意思を持ってしまったら・・・
将来、あり得そうで少し怖かった
一気読み必至の恋愛小説でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

dark-1936954__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ドロドロした話が読みたい
・巧みに構成された話が好き


あらすじ・内容
別居中の妻の潜伏先を察知した男が
対応に出た姉を撲殺した──
単純な事件と思われたが犯人は目撃されず
被害者の夫には別の家庭があった
数日後に男は出頭するが思わぬ展開に
強欲と憤怒に目がくららむ人間たち
因業に満ちた世界を描いた傑作ミステリー





-------------------

ネタバレ・感想
「鬼畜の家」が有名な深木章子
本作も元弁護士だけあって構成が凄い
読ませる力があり面白かった


プロローグ
廣田の殺人
楠原家の殺人
鷹尾家の殺人
衣更月家の一族
エピローグ


廣田の殺人まで読んだところで
これは短編集なのか?と錯覚した
プロローグが無ければ勘違いしてしまう

他の殺人事件とどう交わるのか?
全てが作者の仕掛けだった



廣田の殺人では“目撃者がいない
状況証拠からどんどん展開していく
春菜の夫・弘毅の指紋が凶器となった
花瓶から検出された事もあり弘毅が
容疑者とされた
そして、事件から数日後に出頭する


優子は夫を恨んでいた
→優子が凶器の包丁を購入
→弘毅を夫と間違い殺害を試みる
→弘毅の反撃により殺害される
→数日後に弘毅が出頭する


優子が死んでいるので真相は分からない
ただ、違和感が残る結末だった
刃物専門店で包丁を買ったのは優子か?
忘れ物の電話を掛けるのも怪しい
春菜が弘毅と協力して事件を起こしたと
推理したが動機が分からなかった



楠原家の殺人も面白かった
宝くじで当てた3億円を手にする為に
楠原になり代わったマンタだったが
何者かに殺されてしまう
残された麻貴はどうなるのか?
終盤で公衆電話から脅しの電話を
かけてきたのは誰なのか?
裁判まで起こしていた笹塚か?
先の展開が気になる終わり方だった



鷹尾家の殺人は耕介が切なかった
母親がいれば展開は違っていただろう
プー太郎にならなかっただろうし
両親を突き落として殺してないし
悪徳行為をする事はなかった
完全に歯車が狂ってしまった



衣更月家の一族は回答編になっている
これまでの殺人事件がどう繋がるのか?
衣更月家が絡んでいるのはタイトルから
想像はできるがどう関わっているのか?
読み進めると・・・・・





なんと!
全てが衣更月家の一族の事件
つまり、親戚間の醜い争いだった!
黒幕は春菜で全てを仕組んでいた
計算高く恐ろしい女だった((((゜д゜;))))


一つ一つの話自体はモヤモヤ感が残るが
それがパズルのピースのようにキレイに
そろっていく構成は圧巻だった
人間の欲や渦巻く醜い感情があらわに
なる様子はゾワゾワした
人間が持っているダークな感情は怖いが
どこか惹きつけられる魅力があった


終盤のシーンで金に執着する春菜と
全く興味のない耕介の対比も印象的だった
笹塚の金に対する執着もあったし
金には人間を狂わせる魔物がいた


各殺人事件にサスペンス要素があり
伏線の回収もしっかりしていた
登場人物は複雑で少し混乱したが

終盤の家系図があったので良かった(笑)
探偵榊原の謎解きが見事だった
今後の榊原の活躍にも期待したい
読み応えがあり楽した一冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ