サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

fire-4892711__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ミステリーが好き
・謎や仕掛けを楽しみたい


あらすじ・内容
ライターの「僕」は、ある猟奇的殺人事件の
被告に面会後にいく
彼は2人の女性を殺した罪によって
死刑判決を受けていたが、動機は不可解
事件の関係性もどこか歪んでいる
この異様さは何か?本当に殺人なのか?
真相にだどり着けないのは必然だった
何故ならこの事件は・・・
話題騒然のミステリー!!





-------------------

ネタバレ・感想
2人の女を焼き殺した罪で死刑判決を
受けた猟奇的犯罪者の木原坂雄大
彼の狂気や闇を暴いていく小説・・・
かと思いきや全然違う話だった


ミステリアスな登場人物ばかりで
先が気になり一気読み必至
ページ数は少ないのでサクサク読み進めた
読み終えて思ったことは・・・


M・M とJ・Iって誰だ?
読み返すも作中には出てこない
普通に考えると

M・M→木原坂雄大
J・I →吉本亜希子
でもイニシャルが違う(?_?)
作中にはこのイニシャルは出てこない



終盤の「編集者」のセリフ
「物語の最初のページには彼らの名前を
書くことになる・・・
これは小説だから本文では仮名を用いた
けど、そこには彼らの本名を。」


イニシャルは本名の事でした!


ここでこの小説は「編集者」の小林が
交際相手、吉本亜希子の復讐の為、
ライターの「僕」に書かせた小説!
読者は「去年の冬、君と別れ」という
復讐の為の小説を読まされていました



話が少し複雑でしたが
時系列で要約すると


「吉本亜希子」木原兄弟に殺される
→「小林」が復讐の為に姉「朱里」を殺害
→その罪を「雄大」になすりつける
→この計画実行の記録を本にする
 (ライターの「僕」を利用する)
→それを本が好きな「亜希子」に捧げる
→復讐完結の為、「雄大」に真相を知らせる


「狂気」や「執念」テーマの小説で
登場人物はほぼ狂っていた
「小林」の狂気は異常な執着心からで
単なるミステリーではなかった
復讐の為に自分を捨てた「小林」
化け物になっても「亜希子」を愛していた


ただ、ひとつ「K2メンバー」が謎
「斎藤」と「小林」はメンバーと分かるが
他のメンバーは作中では明かされない
何のメンバーなのか?そもそも何なのか?
この伏線は回収して欲しかった


「僕」、「きみ」が章によって変わるし
「木原坂朱里」が「小林百合子」になるし
頭を整理しないと混乱しますが、
読み応えや仕掛けがあり満足な1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

winter-4012939__480



こんな人にオススメ
・山登りが好き
・一気読みしたい
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
雪崩で死亡した兄の遺品整理をするうち
直志はザイルに施された細工に気付く
兄の死因は事故か?それとも事件か?
疑惑を抱く中、兄の登山隊に関する
2人の男が雪山からの生還を果たす
真相を確かめたい直志であったが
2人の証言は正反対のものだった!
ヒマラヤを舞台にした山岳ミステリー





--------------------


ネタバレ・感想
ヒマラヤの雪崩から生還した2人の男
高瀬と東の証言が正反対だった

高瀬→加賀谷を英雄視
東→加賀谷は卑怯者と証言

ヒマラヤの山岳で何が起こったのか?
どちらが嘘をついているのか?
兄はなぜ登山したのか?事故か?他殺か?
謎が謎を呼び序盤から物語に引き込まれる
読み進めると新たな謎がどんどん出てきて
本当に回収できるのかと思うほどでした


恵利奈と直志の捜査によって
二転三転する生存者たちの印象
高瀬は悪いヤツで黒幕かと思いきや
いいヤツで山に対して真摯に向き合い
登山者を見捨てずに助ける山の男だった



物語のカギを握るのは賀谷だった
白馬岳の事故のガイドが加賀谷と分かり
加賀谷は罪の意識をずっと持っていた
本作は「サバイバーズ ・ギルト」がテーマで
それぞれが生き残ってしまった事に対する
罪悪感に苦しんでいた


終盤は真相が気になりページをめくる手
が止まらなかった
また、直志が気付いた真実に驚愕した
兄の遺品の手帳の言葉


ダウンジャケット未着。なぜ?


白馬岳の遭難事故では加賀谷は登山者を
見捨てて1人で下山をしたように思われて
いたが、そうではなかった
発見された遺体はダウンジャケットを
着ていなかった
それは吹雪の中を行動していたからだった


加賀谷が女性たちを見捨てたのではなく
女性たちが加賀谷を見捨てていた


残された女性陣は加賀谷がテントから

出た後にテントをたたみ下山を目指した
結果的に雪崩に遭遇して亡くなってしまう
もし、テントの場所から動かなかったら
助かっていたかもしれない


兄はその事実を知っていた
生還者たちの復讐を止める為に
登山を決意していた!
最終的には、加賀谷の装備が誤解を生み
憎しみを買い、悲劇に繋がってしまった


東は4年前にパートナーを失い
今回のカンチェンジュンガでも
1人だけ生還してしまう
高瀬から加賀谷の真意を聞かされて
動揺し、自ら死を選んでしまった
東が一番苦しんでいたように感じた



エピローグは場面が一気に変わる
直志はやっぱり恵利奈を選んだのかー
と思いきや、恵利奈の相手の新郎は・・・





高瀬だった!!




ここでも作者に騙されました
最後まで作品を楽しませてくれました
ラストシーンのライスシャワーは
明るい未来を描いていて感動的だった
下村敦史作品は初読みでしたが大満足
伏線をしっかり回収しスッキリします
他の作品も読もうと思います!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


notes-3819574__480


こんな人にオススメ
・サクサク読みたい
・出版業界に興味がある
・クセのある主人公が好き


あらすじ・内容
殺人事件解決へのアドバイスを仰ぐため
神保町の書斎を訪れた刑事・明日香
そこにいたのは、流行作家の毒島だった
温和な笑顔の持ち主だが皮肉屋だった!
この男、歪んだ性格のトンデモ作家か?
はたまた推理さえる名刑事か!?
出版業界激震必至のミステリー!

 


-------------------

ネタバレ・感想

作家兼刑事でクセの強い毒島
設定が面白く物語に引き込まれる
中山七里作品の中でも異色の作品!


毒島と若手女性刑事を中心にした短編集で
サクサク読み進めることができた
犯人を推理するミステリー要素よりも
出版業界のブラックな描写を楽しむ作品で
読んでいて面白かった


作家志望者には変人が本当に多いのか?
文学賞を獲るのは狭き門であり
作品を書き続ける難しさもあったりと
出版業界の裏側を知れて良かった


小説の話にも出てきたが映像化による
「原作のレイプ」はファンからしても嫌な話
原作者や関係者の立場を考えると胸が痛い


本作はミステリー小説と見せかけて
作者側の意見を毒島に言わせている作品w
毒島の「うふ、うふふ、うふふふふ」が
気持ち悪いが、皮肉にも慣れてきたら
不思議と毒舌がクセになります
出版業界のクセの強い人間たちを
毒舌で一刀両断する毒島の姿は痛快!
次作ではミステリー要素を強めにして
どんでん返し&毒舌を長編で読みたい


ドラマ化もされており佐々木蔵之介が
毒島を熱演していて注目です!
歪んだ犯罪とさらに歪んだ刑事の
対決を楽しみたい方にはオススメです

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ