読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

ramen-4671492_1280




こんな人にオススメ
・サクサク読みたい
・仕事や会社に不満がある人
・個性的なキャラを楽しみたい



あらすじ・内容
大手広告代理店を辞め、食品メーカー
「珠川食品」に転職した佐倉涼平
入社早々、販売会議でトラブルを起こし
リストラ要員収容所と恐れられている
「お客様相談室」へ移動になった
クレーム処理に奔放する涼平
実はプライベートでも半年前に
彼女に逃げられていた
ハードな日々を生きる彼の奮闘を
神様は見てくれているやいなや・・・
サラリーマンに元気をくれる傑作小説



    



―――――――――――――――――――――――




ネタバレ・感想
あー面白かった(о´∀`о)
佐原や篠崎、羽沢に宍戸のキャラが良い
登場人物に人間味があって楽しめた
珠川食品は問題がある会社だが
弊社も負けていない(笑)


・給料が安い
・サービス残業 
・意味の無い会議
・明らかに無理なノルマ
・有給はあるが使えない
・好き嫌いで決まる考課
・頑張っても評価されない
・会社とお客の間で板挟み
・特定社員へのえこひいき
・1つのミスで評価が下がる
・部署間の連係が取れていない
・魅力の無い新製品ばかりできる
・売りたくない製品を売らされる
・社員の士気を上げる環境がない
・現場の声を上げても改善されない
・ミスや失敗を恐れチャレンジしない

うわー書き出したら結構ある(ToT)
働いていく上で日々ストレスを感じる
何の為に一生懸命頑張っているのか?
何で自分は悪くないのに謝るのか?
会社とは何なのか?


働いていたら誰もが一度は感じる事
佐原のこの問いに対する篠崎の言葉が
深くて心に残った


「おでん鍋といっしょだよ」
「ほら、狭いところでぐつぐつ煮詰まってさ、部長だ課長だ役員だなんて言ったって、
しょせん鍋の中で昆布とちくわが、
どっちが偉いかなんて言い合ってる
ようなもんだ。考えてみ、このおでん屋じゃ
牛スジが一番高くて偉そうだけど、
他の食い物屋へいけば使っちゃもらえない。
こんにはここじゃ安物だけど、
味噌田楽の店に行けば堂々のエリートだよ」


ちくわぶ
→専門職

ちくわ
→転職可能
 
じゃがいも
→おでんでは平社員
→肉じゃがでは共同経営者
→じゃがバターでは社長


例えが的確で面白かった
味が染み込んだ大根は会社にとって
必要不可欠なベテラン社員と言える
同じ材料(人間)でも環境によっては
輝くこともあれば、逆の場合もありえる
その人らしく生きる事が何より大切
と佐原に持論を語っていた


篠崎は遅刻魔で時間があれば(無くても)
競艇場所に足を運んでいる問題児だが
クレーム処理は完璧にこなす
佐原はいい意味で篠崎から影響を受け
どんどん成長していく
佐原は夜の公園で出会ったジョンが神様的
な存在と思っているが、本当の神様は篠崎
だっと思う



ラストでリンコに会えて良かった
将来はげんこつラーメンで働くのか?
篠崎と謝罪請負会社を起業すのか?
どちらにせよ、明るい未来が見えた


日々働くサラリーマンは佐原同様に
仕事や会社で悩み苦しんでいる
上手くいかない事の方が多い
しかし、この小説を読めば不思議と
明日からまた頑張ろうと元気になれた
サラリーマンにオススメの1冊です!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

starry-sky-7471413_1280



こんな人にオススメ
・ハラハラした
・一気読みしたい
・ミステリーが好き



あらすじ・内容
「黄泉の森には絶対に入ってはいけない」
人なのか?ヒグマなのか?
禁域の森には未知なる生物がいる
究極の遺伝子を持ち、生命を喰いつくす
その名は──ヨモツイクサ
北海道旭川に「黄泉の森」と呼ばれる
アイヌに人々が恐れる禁域があった
その禁域を大手ホテル会社が開発するが
作業員が行方不明になってしまう
現場には「何か」によって残された
残虐な跡があった
そして、作業員は死ぬ前に神秘的な
蒼い光を目撃していた
「何か」ては人なのか?ヒグマなのか?
それとも──
知念作品初のバイオ・ホラー!


       


――――――――――――――――――――――





ネタバレ・感想
知念作品にはいつも騙される
今回は著者初のバイオ・ホラー
騙されないように読み進めたが
見事に騙された(≧口≦)ノ


禁域の森での未知なる生物は何か?
大きさや痕跡からヒグマが考えられた
三毛別羆事件の話も出てきたし
北林一光の「ファントム・ピークス
みたいな感じになるかと思いきや……
全く予想外の展開で驚いた


物語ハラハラするシーンの連続で
手に汗握りっぱなしだった
紗枝から取り出した卵は不気味だし
その卵から孵った蜘蛛は襲ってくるし
何より操られている紗枝の人間離した
行動は恐怖でしかない
マンションの外から近づいてくる
シーンは怖くて泣きそうだった(笑)


次第に真相が明らかになっていく
未知なる生物──ヨモツイクサは
究極の遺伝子を持ち人をも喰らう
その正体は超巨大な蜘蛛だった
ヒグマよりも強いしヤバすぎる((( ;゚Д゚)))


小此木が怪しく感じ黒幕だと推理した
鍜冶の銃に弾が装填されてないシーンで
小此木が犯人と確信した


終盤、茜の自宅の留守番電話に残された
四之宮からのメッセージに驚愕する
ベクターの正体がここで明らかになる
四之宮から発せられた言葉は・・・





 






















『君だよ』



茜がベクターであり
ヨモツイクサの女王だったw(゜o゜)w

そういえば、体力凄いし
ヨモツイクサに襲われないし
タバコ吸わないのにジッポ持ってたし
実家は「黄泉の森」に近いし
伏線はめっちゃあったのに
完全に知念作品に騙された


エピローグにもゾワゾワした
茜は念願のアメリカ行きを決意する
そして“後継者”には姫野を選んだ


「ねえ、姫野」
「ここで、力をつけて、
絶対に私を追いかけてきてね。
私もアメリカで『家族』を作って
待っているから。
そして、どっちが優れているか
勝負しましょう。
それが『私たち』の宿命だから」

ここだけ読めば、若い医師たちが
切磋琢磨する様子に見える
しかし、真相を知った上であれば
恐怖でしかない((( ;゚Д゚)))ガクブル
アメリカと日本でヨモツイクサが……


進化の過程や突然変異で巨大な
生物が誕生したら世界は一変する
しかも、知能が発達した生物であれば
人間が支配される側になるかもしれない
ハッピーエンドではなかったが
ずっとハラハラしっぱなしで楽しめた
今回も知念作品にやられました!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

mansfield-855571_1280



こんな人にオススメ
・探偵物が好き
・一気読みしたい
・本格ミステリーが読みたい



あらすじ・内容
かつては個人の別送だった寮「リラ荘」
を日本芸術大学生の学生7人が訪れた
その夜、橘と紗絽女の婚約発表に
学生たちは心のざわめきを感じていた
翌日、リラ荘そばの崖下で遺体が発見され
横には死を意味する札、スペードのAが!
そして、スペードの2が郵便受で見つかり
第2の殺人が起こる
事件は連続殺人の様相を呈し、第3、
第4の殺人が──。
本格ミステリーの金字塔!



    



―――――――――――――――――――――――





ネタバレ・感想
初版発行がなんと!1968年( 。゚Д゚。)
50年以上前に書かれた作品にも関わらず
本格ミステリーが凄かった
なぜ、トランプが置かれるのか?
山荘モノでもあり面白かった


リラ荘を訪れたの7人の学生たちは
みんな癖のある人物ばかりで今後の
展開に期待が高まる


尼リリス・・色白で太っている
      牧の婚約者、わがまま

牧数人・・・声楽科(テノール)
      まじめな好青年

松平紗絽女・音楽学部(バイオリン)
      橘秋人の婚約者

橘秋人・・・音楽学部(ピアノ)
      釣りが趣味

行武栄一・・声楽科、元美術学部(洋画科)
      酒好きだが禁酒中

日高鉄子・・美術学部、黒縁メガネ
      パイプをくわえる女傑
      橘に好意ありか?

我孫子宏・・声楽科(バス)、背が低い
      紗絽女に好意あり

園田万平、お花さん・・リラ荘管理人



第1の殺人(スペードA)
炭焼きの須田
・崖で転落死
・リリスのレインコートを着ていた
・犯行可能→我孫子


第2の殺人(スペード2)
紗絽女
・砒素による毒殺
・飲み物を作ったのは紗絽女
・犯行可能→我孫子


第3の殺人(スペード3)

・うなじを刺され刺殺
・釣りをしていた
・犯行可能→我孫子、行武


第4の殺人(スペード4)
お花さん
・タオルで絞殺
・犯人に気づいたか?
・犯行可能→全員


第5の殺人(スペード5)
行武
・トイレで撲殺される
・犯行可能→全員


――――――――――――――――――――

これまでの状況から我孫子逮捕

――――――――――――――――――――


第6の殺人(スペード6)
二条
・吹き矢で死亡
・矢にはトリカブトが塗られていた
・犯行可能→全員


第7の殺人(スペード7)
リリス
・溺死
・裸の状態
・犯行可能→牧、日高


―――――――――――――――――――――

我孫子は留置所にいたので無実

―――――――――――――――――――――


第2の殺人の紗絽女が自殺でなけれ
犯人は我孫子しか考えられないので
我孫子の逮捕には理解できるが
警察がリラ荘到着後の殺人はダメだろ
警察が無能過ぎて笑ってしまった
(警察がもたもたする間に5人殺される)
逆に考えれば犯人はかなり計算高い
一連の事件を同一犯と決めつけてるし
見事に名探偵の引立役になっている


第2の殺人で橘が殺されていた時に
チェス大会が行われてた
この時にアリバイが無いのは日高のみ
日高が東京に帰らず隠れてながら
殺人を犯していたと推理したが
警察が日高のアリバイを調べたら
東京にいたことが判明する

 
う~ん、犯人分からん(・_・?)
リリスは郵便局に出ているのが怪しい
紗絽女のカップ以外を洗わせたり
橘を探す時もみんなに指示を出してるし
ただ、紗絽女や橘を殺すのは不可能
怪しいがアリバイがある・・・
このアリバイを崩せず悔しかった
全部の殺人事件が同一犯人じゃない
という事だけしか分からなかった








事件の真相は・・・















リリスが犯人だった( ̄□ ̄;)!!



第1の殺人
炭焼きの須田
・転落死ではなく事故死だった
・リリスがレインコートとトランプを置く
・殺人に見立たてアリバイを確保した


第2の殺人
紗絽女ではなく
・トランプ利用し殺人の順番を誤認させる
・死体を川につけ死亡推定時間を遅らせる

リリスは紗絽女殺害後は完璧なアリバイ
があったが、紗絽女殺害前のアリバイは
ないのので橘の殺害は可能
カードの数字で見事に騙された(;゚д゚)


第3の殺人
橘ではなく紗絽女
・ココアの粉に砒素が入れられていた
・リリスは砒素に耐性があった
→これには無理があり見抜けない
 しかも、砒素には色白になる効用あり
 (リリスの両親は色黒)


第4~6の殺人
・全員犯行可能


ここまでがリリスの犯行
第2、第3の事件の時系列をカードを
使い逆にするトリックは見事だった
犯人を怖がり刑事に助けを求める
演技をするなどしたたかな女だった



―――――――――――――――――――――


第7の殺人
リリスが溺死で殺される
・リリスを犯人と知った日高が殺害
・牧には睡眠薬入りジュースを飲ませる


気になったことが一つ
リリスは168センチで65キロ
鮎川先生から見ればデブらしい・・・
全然太ってないし、むしろ丁度いい
厳し過ぎる( ̄▽ ̄;)
細い女性がタイプなんだろう
また、日高に対してはもっとヒドイ
ブスとか不細工などと描かれている(笑)
時代を感じさせる作品集だったが
見立て殺人のトリックは面白かった


探偵の星影が登場してからは伏線は
一気に回収されてスッキリする

・犯行に使用されたペンナイフ
→行武の色盲を了解

・消えた2枚のトランプの謎
→パイプで汚してしまった

・ブルーサンセット
→行武に対する紗絽女の嫌がらせ
 (美人だが、性格悪すぎる)


どんどん人が死ぬし(7人の犠牲者)
犯人は最後まで分からないし
先の展開が気になり一気読み必至
完成度が高いミステリー作品だったので
は現代風にして映像化して欲しいなー
かなり昔の作品でしたが満足な1冊でした!


星影が登場する作品はたくさんあり
星影シリーズとして人気です
下記の作品があります

「白の恐怖」
「朱の絶筆」
「青の密室」
「道化師の檻」
「薔薇荘殺人事件」

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ