サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

villa-4465784__480



こんな人にオススメ
・騙されたい
・叙述トリックが好き
・伏線をしっかり回収したい


あらすじ・内容
夏の終わり、郊外の洋館に将来を約束された
青年たちと美貌の娘たちが集まった
ロートレックの作品に彩られており
優雅な数日間のバカンスが始まるが・・
二発の銃声が悲劇の始まりを告げる
一人また一人と美女が殺される
邸内の犯行か?アリバイは?動機は?
トリックが読者を迷宮へと誘うミステリー!


 


------------------


ネタバレ・感想
まず、1章と2章を読んで違和感があった
1章の「おれ」→重樹の従兄弟
2章の「おれ」→重樹
1章と2章で一人称の「おれ」が違う
少し引っかかるが、1章の「おれ」は
工藤忠明と解釈して読み進めた


ロートレック荘に着いて
金造と対面するシーンでのセリフ
「坊ちゃま。重樹さま。
お久しぶりでございます。」

他、部屋の見取図でも工藤と浜口重樹
とあったので「おれ」の解釈を確信する
しかし、これもミスリードだった!


登場人物と設定が面白い
花嫁候補の3人の美女
複雑な男女関係と不可解な動機
序盤から物語に引き込まれる

洋館で美女たちが殺されていく
最初の寛子殺害時のアリバイと娘を
殺されてた親達を除くと犯人は

・工藤忠明
・馬場金造

寛子が殺された時の工藤の様子から
工藤が殺したのはとは考えにくい
消去法で馬場金造が犯人と予想した


結論はというと
浜口重樹が犯人だった!
部屋の見取図の浜口重樹の表記は
・浜口(修)
・(浜口)重樹
1人ではなく2人だった!
49ページの部屋の見取図をよく見ると
浜口重樹は広い部屋(2人で使用する為)
絶妙過ぎて驚きました


物語の一人称「おれ」も2人が描かれ
章によっては「重樹」だったり「修」になる
犯行時の語りは「修」であり「重樹」には
アリバイがあり犯人ではないと
ミスリードする仕組みになっている
「修」を徹底的に隠蔽する事
前編一人称で描かれている事
二重のトリックになっている


完全に騙されました(笑)
「おれ」は「浜口重樹」
・画家で体が小さい
・3人の花嫁候補の美女に愛されている
と思い込んでいた


実際の「おれ」は2人いて
典子からから好意を持たれていて
美術評論をするエッセニストの浜口重樹

寛子と絵里から好意を持たれていて
売れっ子画家の浜口修だった


1章の語り手の「おれ」は8歳の浜口修
名前が出ないので工藤忠明と読ま背
序盤から読者を騙しにきていた
違和感は感じていたのに悔しい(>_<)
1章と2章の語り手が違うのは
作者くれたヒントだったのに・・


2人の人物の視点を1人の視点に
見せかける手法は見事だった
張り巡らされた伏線もギリギリを攻めて
いて良かったです
読み返しても大きな破綻も無く
叙述ミステリーを楽しめました


ラストでは典子が自分の事を想っていた
事を知り、重樹は苦しみ絶望する
苦みを残す読後感はさすが筒井康隆
しっかり叙述トリックに騙されました!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

bed-3013209__480


こんな人にオススメ
・騙されたい
・一気読みしたい
・ミステリーが好き


あらすじ・内容
階段から落ちた恋人・亜矢子は意識不明の
まま昏睡状態になってしまう
それから5年、浦賀は亜矢子の兄に
呼び出され、友人の北澤・吉野と共に
地下室に閉じ込められてしまう
解放の条件は「亜矢子を突き落とした人物が
誰なのか」の答えを出すことだった
外部で進行する「交換殺人」の本当の目的
は何なのか?
驚愕の結末は予測不可能!?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
この小説は浦賀と亜矢子が階段から
突き落とされるシーンから始まる
その後、亜矢子に読ませる為に書いた
小説として物語が進展していく

一方で、冴子と沙羅子の「交換殺人」も
同時進行し、どこで物語が繋がるのか
推理しながら読み進めた


物語が大きく動くのは17章から
浦賀、北澤、吉野が地下室に閉じ込められ
その内の北澤が首を吊って死体で見つかる
シーンから急展開する

亜矢子を突き落としたのは自分だという
遺書もあったので、残された2人は
北澤は責任を取って自殺したと考える


そして、衝撃的な事が起こる!
水道から水が出なくなり、浦賀は
閉じ込められた恐怖からなのか
吉野がおかしくなり、北澤の首を切り
血を飲み、肉を食っていた


怖すぎる((((゜д゜;))))
浦賀は狂った吉野と2人で嫌すぎる!
想像しただけで震えてくる


そして、もう1つ驚く事があった
刑事から救助された時の浦賀の証言

「この家の住人にーー新堂太一に
ここに閉じ込められたんです」

亜矢子の兄が新堂太一だった!!
これまで、別々の話だったのが
繋がっていく


また、18章の序盤で
北澤博は、悩み多き男だった
と書かれている

ここでようやく
北澤博=鶸千路沙羅子と分かり
北澤が立てた冴子を陥れる為の計画で
新堂太一を殺害し、遺産を手にする事が
目的だった
(自分自身を監禁しアリバイを作る)


19章でも物語は加速する
浦賀が吉野の家を訪れて
北澤を殺したのは吉野だと迫る
動機は地下室から出たいので
北澤に罪をなすりつけ殺害した

浦賀と亜矢子を突き落とした動機は
浦賀と亜矢子が女同士で交わっている
場面を目撃してしまったから
浦賀は女性だった!!
その光景を見た為に嫉妬に狂って
亜矢子を突き落としたのでした
(吉野は浦賀の事が好きだった)

完全にミスリードにやられました
浦賀が女性だと気付いたのは
修学旅行のくだりでした←遅すぎる(笑)
伏線はいくつもあったのに
全く気付きませんでした


このどんでん返しで終わるかと思ったが
まだまだありました
ここに書かれていた事は全て浦賀(女)が
書いた小説の中の内容だった!!


230ページ程でよく作り込まれ
どんでん返しの連続が凄いです!
伏線も見事に張り巡られて面白い
しっかり回収してスッキリします
大満足の1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

cards-166436__480


こんな人にオススメ
・交換殺人モノが読みたい
・作り込まれた話が好き
・頭脳戦を楽しみたい


あらすじ・内容
繁華街のカラオケボックスに集う4人の男
各々に殺意を抱えた彼らの団結式だった
目的は一つ、動機から手繰られないように
ターゲットで取り換えること
トランプのカードが誰が誰を殺るかを
定めていく
四重交換殺人を企み犯人たちと
法月警視と綸太郎コンビの
熾烈な頭脳戦をご堪能あれ!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
まず、四重交換殺人に興味を持った
緻密に作り込まれていて面白かった

トランプで殺す相手を決めていて
序盤からストーリーに引き込まれた
犯人の視点から始まり、交換殺人が
成功するのか、それともバレるのか?
頭を整理しながら読み進めた
登場人物と引いたトランプ()は


夢の島→安斉(A)、順番1
イクル君→(J)、順番3
りさぴょん→妃名子(Q)、順番2
カネゴン→(K)、順番4



夢の島の担当はイクル君の叔父・安斉
殺人を実行し、金を盗み出した


次の標的は夢の島の妻・妃名子
妃名子は首が絞められた死体で発見される
自殺なのか?自殺に見せかけた他殺か?
保険金の受取人になっていた夫・夢の島
への疑惑が強まり警察からの監視がつく
一方、夢の島は妃名子の友人から脅迫
されていた
一度だけ要求に応じATMで金を振り込もう
とするが、安斉から盗んだ金は偽札だった
全てがバレると思い、パニックになり
慌てた拍子に車にはねられ事故死してしまう


さらにイクル君が謎の失踪を遂げる
イクル君の自宅から「J」のトランプが
発見され、綸太郎は交換殺人を確信する


綸太郎の助言を受け、最近の事件で
被害者が「J」の物を調べ、上嶋という男が
焼死した事件を突き止める
上嶋の弟には動機があり、容疑が向いたが
またしても、アリバイがあった!
怪しんだ綸太郎は上嶋弟が交換殺人の
メンバーと推理し、罠をしかける
イクル君の名前を使い手紙を送った
すると、上嶋弟は動揺して残ったメンバー
関本に連絡をする

上嶋弟は小説希望の塾講師(りさぴょん)
関本はモデルガンショップ店長(カネゴン)


上嶋弟と接触した事により関本(カネゴン)が
走査線上なは浮上するも・・・
上嶋弟(りさぴょん)が自首してしまう
上嶋弟(りさぴょん)は「K」のトランプを
所持し、殺害を実行してないと供述する

そして、関本(カネゴン)も供述を始め
担当したのは「Q」で妃名子は既に死んでいたとウソの供述をする

彼らの証言をまとめると
(A)夢の島が安斉を殺害
(J )イクル君が火を付け上嶋殺害
(Q)カネゴンが妃名子(自殺していた)
(K )りさぴょんが実行前に自首


しかし、疑問を持つ綸太郎
法月警視に助言し、真相に迫っていく
取り調べでは関本から崩す法月警視
案の定、関本は真実を自白する
真実は次の通りになる


(A)夢の島が安斉殺害
(J)イクル君が謝花殺人未遂
(Q)りさぴょんが妃名子殺害(実感は自殺)
(J)カネゴンによる上嶋殺害
→Kではなくジョーカーだった!!


殺人未遂で計画を裏切ったイクル君は
カネゴンによって殺害される
「K 」を捜していた綸太郎
しかし、「K」は存在しなかった
最後の法月警視の「王はいない」のオチ
もキレイに決まって良かった
タイトルと序盤のミスリードに騙された
とても楽しむ事ができました!
交換殺人もこじれまくるがテンポが良い
伏線もしっかり回収し、スッキリします!
他のシリーズも読みたくなりました

法月綸太郎シリーズには
・雪密室
・誰彼
・頼子の為に
・一の悲劇
・ふたたび赤い悪魔
・二の悲劇
・生首に聞いてみろ
・法月綸太郎の冒険
・法月綸太郎の新冒険
・法月綸太郎の功績
・法月綸太郎の消息
・名探偵傑作短編集 法月綸太郎編
・犯罪ホロスコープⅠ 六人の女王の問題
・犯罪ホロスコープⅡ 三人の女神の問題

などがあります
気になる方は是非読んで下さい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ