読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

flowerpot-898777__480



こんな人にオススメ
・暗い話が読みたい
・ミステリーを楽しみたい
・中村文則ワールドが好き


あらすじ・内容
この迷宮事件に強く惹かれるのはなぜか
彼女が好きだから?それとも・・・
「僕」がある理由で知りあった女性は
一家殺人事件の遺児だった
密室状態で両親と兄が殺されて
小学生だった彼女だけが生き残った
「僕」はその事件を調べていく
巧みな謎解きを組み込み圧倒的な筆力
で描いた最現代の文学!





-------------------

ネタバレ・感想
本作も中村ワールド全開だった
ダークで登場人物は狂気じみている
タイトルの迷宮は日置事件の「迷宮」を
意味するだけでなく関係者の心も「迷宮」
に誘うミステリーだった
いつもの如く、人間の闇の部分を描いて
いるので精神的に疲れている時には
読まない方がいいかもしれない(笑)


日置事件は密室かつ出入口に防犯カメラ
の状態で怒ってた一家殺人事件
主人公の新見は学生時代の同級生てあり
「日置事件」の唯一の生き残りである女と
出会いストーリーが展開していく
新見は自分の中にいる別人格の「R」が
「日置事件」の犯人なのでは空想する
新見にとっては魅力的な事件であった


新見は少年時、誰とも口をきかず
医師からは「そうやって生きていくと、
大人になった時大変なことになる」
と言われるような少年だった
新見は自分自身が「普通」ではないと理解
しながらも、自身を変えることができない
わかってはいるが、衝動に逆らえない
不安定な危うさが上手く描かれている
中村作品の「闇」や「狂気」が繊細に描かれ
面白く物語に引き込まれていく


「日置事件」の生き残りである沙奈江も
精神的に病んでいて不安定な感じだった
父親の剛史は恐ろしいほど妻へ嫉妬し
防犯カメラを設置したり妻の自転車を
壊したり明らかに普通じゃない
長男はビニール手袋を付けて折鶴を折るし
妹に向けての性欲をコントロールできない
剛史の異常なまでの嫉妬が原因で家族は
どんどん歪んでく


終盤に沙奈江は事件について告白するが
それが本当の真相とは限らない
その為、また迷い込む“迷宮”状態になる
ラストは未来に希望が持てたので良かった
この二人が上手くいくことを願いたい


多くの人の心にはRは存在している
思っていても口に出せないことや
普通じゃない考えや狂気などがある
本当はしたいが実際には制約があって
出来ないことは多い
だからこそRは魅力的で美しい
Rと上手く付き合えればいいが
出来なければ心が病んでしまったり
超えてはならない壁を越えてしまって
犯罪を犯してしまうケースが考えられる


また「普通」とはどういうことなのか?
大多数の考えが普通なのか?
そもそも普通という基準は人それぞれ
新見や沙奈江みたいに心が病んでいる
人ばかりだったらそれが普通になるのか?
価値観や基準は絶対的なものではない


例えば母親に対してやさしい息子は
周りからは母親思いの良い息子に映る
しかし、度を越える言動があれば
狂気染みたマザコンにしか映らない
普通から悪い方にズレれると
周りからの評価は180度変わってしまう


普通や常識の中で生きないといけない
しかし、個性を出さないとつまらない
人間と見られてしまう
器用じゃないと生きにくい世の中で
作者自身も心にRがいると書かれていた
中村文則は作品として自身のRの部分を
解放しているのではないかと思う
暗い物語で心の闇や狂気にスポットを
当てた作品が多いがなぜか読んてしまう
引き寄せられる魅力がある
精神的に病んでいて危うさがある主人公が
どこか美しくみえるのは人間らしさが
あるからだろうか?


心の中に「普通」ではない考えがある
ことはおかしなことではないという
メッセージを強く感じた
自分の価値観を大切にして自分らしく
そして幸せに生きていくと事が大切だと
いうことを考えされられた作品でした
ミステリー要素もあり満足な1冊です!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

bar-3407484__480



こんな人にオススメ
・不思議な話が好き
・短編集を読みたい
・ブラックユーモアが好き


あらすじ・内容
作詞家、音楽プロデューサーとして活躍
する著者の小説&エッセイ集
彼が日常に「言葉」を紡ぐと「物語」が生まれ
それは人を魅了し笑いやゾクッとする恐怖
やオチがあり、最後には不思議な気分に
させてくれる
「言葉」が持つエンターテインメントの
可能性開くブラックユーモアな1冊!




-------------------


ネタバレ・感想
帯の「あなたはきっと騙される」に惹かれて
手に取り読んだ1冊
どこかで聞いた名前かと思ったら関ジャム
に出ている有名な作詞家だった
ショートショートとエッセイになっており
中でも面白かったのは


・「顔色」
・「幽霊社員」
・「世界の中心」
・「待ち合わせ」
・「ある研究成果」


一番最初の「顔色」が良かった
食事に誘った女の子はつれない態度で
男は空気が読めないと見下しながらも
女の子を口説く
しかし、あっさりとフラれてしまう
ありがちな話だがオチが良かった

実はその女は顔色を読める能力があり
男の死期を感じていた((((゚д゚;))))
短いながらも伏線回収やラストのオチ
などショートショートを楽しめた




「幽霊社員」もゾクゾクした
内部告発を起こし会社もキャリアも
ダメになった男が自殺をする為に
ホテルに宿泊する
なぜか男の部屋には女性がいて一緒に
酒を酌み交わし男は愚痴を話し出す
女性は話を聞きながら男に前向きな
声を掛けて自殺をやめさせる
なぜ、やめさせる事ができたのか?

なぜなら、彼女は幽霊だった!

タイトルからもオチは予想できたが
男は自殺せずに良かった
ゾワゾワしながらもほっこりした



「ある研究成果」も好きな話だった
猿が透明な仕切りが分からないように
人間も「愛」や「平和」がわからない
実は地球は高等な宇宙人が実験をしていた
というブラックユーモアたっぷりな話
これは実際にあり得そうで怖い
高等な宇宙人は人間の行動は面白いと
思っているだろうなー



普段考えているが、口に出せない事を
不思議な世界観で描いていた
世にも奇妙な物語みたいな話ばかりで
ゾワゾワしながら楽しめた
少し視点を変えるだけで物語が変化する
常識に固定されない発想が良かった


作曲家としては
・JUJU
・SMAP
・関ジャニ
・少女時代
・布袋寅泰
・superfly

など様々なアーティストに提供
superflyの「愛を込めて花束を」は
キレイな歌詞でいい曲
チャットモンチーのプロデューサー
もしていたので多才な人だと思った
言葉を紡ぐ作詞家ならではの作品でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

apartment-2094699__480



こんな人にオススメ
・ゾワゾワしたい
・名字が高橋の人
・不思議な話が好き


あらすじ・内容
高橋芙美子は競売物件を落札して
マイホームを手に入れた
偶然にも前住人も同じ“高橋”だった為
表札はそのまま利用していた
新生活は穏やかに過ぎていったが
ある日、「ただいま」と見知らぬ男が現れる
男は先住ね高橋家の長男だった
男は消えたが、翌日、二階で“ガリガリ”
と不気味な音がしていた・・・・・
幸福な「高橋」家に襲いかかる「高橋」家の影
戦慄のホラーサスペンス!

 



-------------------


ネタバレ・感想
まず、芙美子がお人好し過ぎて理解不能
見知らぬ人を家に入れる危機感の無さ
緊急時とはいえ高橋篤に留守番させるし
芙美子と亮太に危害が無かったから
良かったが危うさにイライラした


雪絵の登場シーンは怖かった
「見知らぬ黒髪の女達が砂壁を食らう」
実際に家にいたら怖すぎる((((゚д゚;))))
警察を呼ぶのが普通だと思うが
クッキーをあげて世話してるし(笑)
芙美子もある意味怖かった


芙美子視点だった為、登場人物が話を
信じない怖さもあったし
話通じない雪絵との会話ゾワゾワした
雪絵の予知夢の能力は半信半疑だったが
話が進むに連れて信憑性が増していく
終盤、黄色いランドセルカバーで
“高橋”の名札を付けた男の子がさらわれる
予知夢は気味が悪かった
幸い芙美子の息子・亮太が小学1年生の時は
夫の海外赴任地のシカゴに家族でいたので
事件に巻き込まれる事は無くて良かった


エピローグでは驚く事があった!
芙美子はシカゴに家族で行ったので
家を滝本という老人に売っていた
赴任地のシカゴから日本に戻った時
家が気になり見に行くと表札は“高橋”
のままだった
何と!先住の高橋篤の妹である美咲が
買い戻していた
(滝本の介護をしていた美咲が遺産相続
をしない代わりに家を手に入れていた)
しかも、近所をうろついていた雪絵と
意気投合して雪絵を養子縁組をして
一緒に暮らしていた


雪絵の執念も怖いし
雪絵が“高橋”家になっているのも怖い
そして、雪絵は男の子を出産していた
この男の子が雪絵の予知夢の男の子に
ならない事を願いたい


サクサク展開して読みやすかった
雪絵の登場シーンは映像化したら
インパクトがあって面白くなりそう
タイトルの「もう一度住みたい」は
美咲だけでなく雪絵の思いでもあった
家をテーマにした話でサスペンス要素
に加えホラーなシーンも楽しめた
予知夢の能力など不思議な感じもあり
世にも奇妙な物語みたいな話でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ