サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

candle-968244__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・動機を推理したい
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
宮下愛子は幼い頃、偶発的に起こった
誘拐に巻き込まれて失明してしまう
そして12年後、彼女はまたしても
何者かに連れ去られてしまう
一方、人気漫画家の江間礼遠は失踪した
優奈を必死に探していた
優奈は過去の誘拐事件の加害者の娘だった
長い歳月を経て起きた誘拐事件
「加害者」と「被害者」の事件は偶然かなのか?
急展開する圧巻のサスペンスミステリー!






-------------------


ネタバレ・感想
伏線がたくさんあり、割と早い段階で
犯人は礼遠と予想できた
ただ、動機か全く分からなかった
なぜ誘拐事件を起こしたのか?


読み進めると理由が分かり・・・
失踪した妻を警察に捜させるためだった!
う~ん、納得いかない(x_x;)
妻、優奈を思うが故に起こした誘拐!
思いが強すぎて、人の気持ちが分からない
良かれと思いした行動で優奈を追い詰め
周りの関係ない人まで巻き込んでいた


誘拐された愛子とその家族が可哀想だった
警察を動かすのが目的ならもっと
丁寧に愛子を扱うべきだったと思う


礼遠が誘拐事件を起こすのは
自分勝手が過ぎるのか?
優奈を愛していたからか?
いずれにせよ優奈に依存し過ぎていた


心理描写が丁寧で上手く描かれていて
・精神的に追い詰められた優奈
・誘拐された愛子と両親
には感情移入できて一気読みでした


愛子は誘拐されたが逞しく強かった

誰を責めるでもなく自ら成長する姿に
希望が見えて心が暖かくなった
今後、愛子一家は幸せになって欲しい


また、サブテーマには夢を諦めない事や
何気ない言動が相手に負担を掛ける事
などが繊細に描かれていた


それぞれの登場人物が事件を通して
本当の「自分の気持ち」に気付いていた
ラストでは愛子も優奈も未来に向かって
前向きに生きる事を予感させる終わり方
読了感は爽やかで良かった

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

cat-3279064__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・浦賀作品が好き
・怒濤の展開を楽しみたい


あらすじ・内容
17歳の洋子は行員の佐久間と恋に落ちる
だが佐久間の仲間2人が殺害され
彼はその後、突然姿を消してしまう
洋子は佐久間を追って故郷である
東北の農村を尋ねると、かつて佐久間が
飼っていた三毛猫を発見する
村人らは佐久間はいないと口を閉ざし
洋子の監視を始める
佐久間との再会を信じる洋子を待っていた
のは、余りにも残酷な結末だった
一気読み必至のミステリー!





-------------------

ネタバレ・感想
まず、「緋い」から太陽や火を想像した
(緋色とは強い黄みの赤の事)
帯に衝撃的な結末とあり気になっていた


洋子は恋人を追って青森の農村を尋ねる
村は閉鎖的で怪しげな雰囲気・・・
洋子は佐久間の三毛猫を発見し佐久間は
村に戻っていると確信するが
村人は「この村に佐久間はいない」と言う
この村人たちは何か隠している
しかし、それが何か分からない


村人たちは何を隠しているのか?
佐久間は村に本当にいるのか?
いるなら生きているのか?


怪しげな雰囲気で謎が謎を呼び
物語に引き込まれ、ここから一気読み
浦賀作者には騙され続けているが
ここまで推理してみると


・佐久間は生きている
・事件の犯人でない
・何らか事情があり逃げている


今回も叙述トリックにやられるのかと
注意しながら読んだが、その気配は無い
後半は暴力的な描写の連続で
洋子は村人たちから無残な仕打ちを受ける
終盤にようやく洋子の父が助けにきて
村人たちを焼き殺して仕返しをする


ラストでは洋子は笹田の声を聞く
洋子の父は車を止めて周囲を見回す
洋子と笹田は再会を果たすが
父が見たものは火傷をした・・・





緋い猫 ((((゜д゜;))))





洋子は精神状態がおかしくなって
猫を笹田と感じたのか?
ミステリーからホラーに急展開(゚o゚;)
このオチは全く予想できませんでした!


1つだけモヤッとしたところは
佐久間の「死体の偽造」の謎は残されたまま
この伏線は回収して欲しかった
浦賀版のグリム童話といった作品でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

mental-health-3337026__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・考えされられる本が好き
・ダークなものが読みたい


あらすじ・内容
心療内科を訪れた美しい女性、ゆかり
男は彼女の記憶に奇妙に書けた部分が
あることに気付き、原因を追い始める
傷つき、損なわれたものを元に
戻したいと思うことは冒涜なのか?
精神分析を求める美しい女性
彼女を救うため男が撮った行動とは?




-------------------

ネタバレ・感想
「このページをめくれば、
あなたはこれまでの人生の
全てを失うなかもしれない」

始まりから物語に引き込まれ一気読み
まず、登場人物を整理すると


僕・・・・・・間宮
男・・・・・・和久井
医師・・・・小塚亮太
吉見・・・・小塚を洗脳した医師
ゆかり・・患者


ゆかりを失った小塚は復讐を計画した
木田と間宮を洗脳し小塚良太にする
ゆかりを失った苦しみを体験させて
自殺させる事だった


間宮が自殺した後に小塚は吉見の元へ
小塚の性的不能の要因は吉見の治療で
吉見の洗脳に囚われながら成長した
そして吉見が小塚とゆかりと遭遇させ
お互いに傷つくことを楽しんだ
人間の習性を操る快楽を感じていた
この「悪意に満ちた老人の暇つぶし」が
一連の負の連鎖の始まりだった
小塚は洗脳した木田に吉見を殺さて
小塚は復讐をやり遂げる


復讐を遂げた小塚は和久井の為に
前向きに生きるように洗脳した
自らには「ささやかな願望」を記した紙を
用意して自分にECTのスイッチを入れる
自分自身が消滅するように試みて
物語は幕を閉じた

ECTが成功するかは分からないが
できることなら記憶喪失になって
ささやかな願望を実現して欲しい


終盤に小塚が吉見に言った
「・・・人間が生きるというのは、
何なのでしょうね」

これが最大のテーマであり
人間の本質を「記憶」とすると「記憶」を人為的に操作した時は人間の本質はどうなるのか?

嬉しい、楽しい、悲しい、悔しい
人間の気持ちはどこにあるのか?
記憶が変われは人間は変わるのか?
変わってしまっていいものなのか?

体験した記憶と植え付けられた記憶
自分の真実は自分で考えて感じたこと
だと思うが、その自分も今まで生きて
きて得た情報から構成されていて
どこまでが「本当の自分」か分からなくなる


あとがきで小説で何かを感じてくれたら
作者として嬉しいとあったが
本当に色々と考えされる作品だった
「共に生きましょう」が心地よかった

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ