サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

school-375976__340


こんな人にオススメ
・騙されたい
・イヤミスを読みたい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
高校の同窓会で再会した親友4人組
高校時代に自分達へ体罰を与えた教師
樫村へ仕返しの計画を立てる
(拉致して懲らしめ、スッキリする悪戯)
計画を実行し満足した4人だったが・・・
明くる日、樫村は死体となって発見され
自体は予期せぬ方向へ動きだす!
4人のうち誰が樫村を殺したのか?
洋輔は疑心暗鬼の中で犯人を探していく
どんでん返しミステリー!

 


-------------------

ネタバレ・感想
高校の同窓会で再会した4人組の親友
暴力教師、樫村へ仕返しを計画する
計画を実行して満足するが・・・
樫村は別の場所では死体で発見される
序盤から物語に引き込まれる

誰が樫村を殺したのか?
疑心暗鬼になる親友4人組
樫村を動かすのは1人じゃ難しい為
仲間の内、2人は殺人に関わっている
いったい誰が犯人なのか?


洋輔
・主人公で営業マン
・昔、兄(雅之)を事故で亡くしている
・たまに二重人格を思わせる会話あり

八真人
・洋輔が信頼する親友
・真面目で美男子
・高校時代に真理と付き合っていた

希一
・皆川不動産の若専務
・傍若無人な性格

和康
・小心者のフリーター
・樫村事件後に何者かに刺殺される

美郷
・同級生で洋輔の恋人

真理
・同級生で八真人の彼女だった
・高校時代に自殺している

ジョージ
・父親と浮気相手を串刺しにした噂あり
・都市伝説になっている

ストーカー男
・洋輔と美郷が付き合うきっかけになる
・ちょくちょく登場する謎の男


中盤まで読んで怪しいのは
主人公の洋輔とストーカー男
洋輔は二重人格のような描写が怪しく
ストーカー男とは溜め池で遭遇するし
美郷と繋がっているのも怪しかった
犯人は別人格の洋輔とストーカー男
の2人と予想するも・・・







予想は見事にハズレ(笑)






事件の真相はというと
樫村を殺人したのは・・・
ジョージ(ストーカー男)と美郷だった!
ジョージとストーカー男は同一人物で
真理の兄だった
動機は真理の仇を打ち復讐する事
真理は希一や和康に強姦されており
その復讐を実行していた
(八真人と洋輔は関わっているか分からず、
その事を調べる為に洋輔に近づいていた
八真人はクロで洋輔はシロだった)


現状が理解できない洋輔だったが
更なる事実をジョージから告げられる
洋輔の兄の事故ではなく
八真人が川に突き落としていた!


事件の流れとしては
八真人が盗撮騒ぎを起こす
→洋輔の兄(雅之)が居合わせていた
→八真人は雅之に逆らえなくなる
→八真人が雅之を突き落とす
→しかし、その瞬間を希一が見ていた
→八真人は希一に絶対服従
→八真人は秘密を洋輔に隠していた



ラストシーンでは
洋輔の目の前には縛られた希一と八真人
兄えもんが希一を突き落とす

洋輔は感情を遮断して八真人を突き落とす
激しい水音を立て八真人は水底へ
洋輔の泣きたい心情で物語は終焉する


・二重人格のミスリード(まさかの兄えもん)
・叙述トリック(ジョージの存在)
・どんでん返し(兄の事故の真相)
・イヤミスなラストシーン(救いが無い)


お腹いっぱいで満足な1冊でした
二重人格を匂わせながらの展開は見事!
伏線もしっかり回収されます

主人公と兄えもん以外悪いヤツばかり(笑)
結末は全く予想外で驚きました
結局、美郷が一番怖かった((((゜д゜;))))



ドラマ化もされています
洋輔・溝端淳平
美郷・瀧本美織
八真人・廣瀬智紀
ジョージ・永井大


原作のラストは流石に放送できない為
流石に原作とは違います

ドラマでは洋輔に情が湧いた美郷
→美郷がジョージに反撃する
→八真人、洋輔、美郷は逃げる
→八真人がジョージに殺される
→ジョージが美郷を殺そうとする
→ジョージ、美郷、洋輔揉み合いになる
→美郷がジョージを屋上から突き落とす
→美郷逮捕される(懲役20年)
→用意は美郷の釈放を待つと決意する

これでも原作と比べればハッピーエンド
ドラマは救いがあるラストになってます

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

dolphin-1679468__480



こんな人にオススメ
・スカッとしたい
・営業職のサラリーマン
・主人公が成長する話が好き


あらすじ・内容
突然、ビール会社のエリート宣伝部から
売上最低支店に飛ばされたオレ
待っていたのは小狡い上司とだらけた空気
田舎の営業を舐めきっていたオレは
赴任早々に得意先で大失態をしてしまう
ここで結果を出さねば本社に帰れない
よし、売ってやろうじゃないか!
瀬戸内の青い空と海を舞台にした
爽やかでほろ苦い営業成長小説!





-------------------

ネタバレ・感想
大切な取引先で問題を起こし左遷された
主人公の成長を描く物語で面白かった
困難に立ち向かい乗り越えていく姿は
池井戸作品のようでスカッとした


この作品はビールメーカーの話だが
どんな会社でも上層部と現場の営業部
では意識のズレがあるので共感できた


販売に携わった事がある身としては
社内の悪い習慣や顧客からの無理な依頼
他人事とは思えず一気読みでした
一昔前の良い時代が描かれ
田舎の良さを感じて福浦に行きたくなった
主人公の上杉はお調子者たが憎めない
広島での営業経験は彼の宝になった


出てくる登場人物も魅力的で
良き上司の柴さんや黒岩社長と
一緒に働いてみたいと思った


黒岩社長の
「大人になるっていうのは
より素直になっていくこと」
という言葉が心に残った
素直になるのは簡単そうで難しい
素直な大人になりたいと思った


池井戸作品のように熱くなれる本
サクサク読めるし展開も良かった
サントリーがモデルでリアリティもあり
現場を大切にする営業マンが格好いい
客先を巻き込んで、みんなで作った
最高の『イルカビール』!!
こんなやりがいのある仕事は羨ましかった

ビールが飲みたくなる作品(笑)
爽やかな読了感で良かったです!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

fire-4892711__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ミステリーが好き
・謎や仕掛けを楽しみたい


あらすじ・内容
ライターの「僕」は、ある猟奇的殺人事件の
被告に面会後にいく
彼は2人の女性を殺した罪によって
死刑判決を受けていたが、動機は不可解
事件の関係性もどこか歪んでいる
この異様さは何か?本当に殺人なのか?
真相にだどり着けないのは必然だった
何故ならこの事件は・・・
話題騒然のミステリー!!





-------------------

ネタバレ・感想
2人の女を焼き殺した罪で死刑判決を
受けた猟奇的犯罪者の木原坂雄大
彼の狂気や闇を暴いていく小説・・・
かと思いきや全然違う話だった


ミステリアスな登場人物ばかりで
先が気になり一気読み必至
ページ数は少ないのでサクサク読み進めた
読み終えて思ったことは・・・


M・M とJ・Iって誰だ?
読み返すも作中には出てこない
普通に考えると

M・M→木原坂雄大
J・I →吉本亜希子
でもイニシャルが違う(?_?)
作中にはこのイニシャルは出てこない



終盤の「編集者」のセリフ
「物語の最初のページには彼らの名前を
書くことになる・・・
これは小説だから本文では仮名を用いた
けど、そこには彼らの本名を。」


イニシャルは本名の事でした!


ここでこの小説は「編集者」の小林が
交際相手、吉本亜希子の復讐の為、
ライターの「僕」に書かせた小説!
読者は「去年の冬、君と別れ」という
復讐の為の小説を読まされていました



話が少し複雑でしたが
時系列で要約すると


「吉本亜希子」木原兄弟に殺される
→「小林」が復讐の為に姉「朱里」を殺害
→その罪を「雄大」になすりつける
→この計画実行の記録を本にする
 (ライターの「僕」を利用する)
→それを本が好きな「亜希子」に捧げる
→復讐完結の為、「雄大」に真相を知らせる


「狂気」や「執念」テーマの小説で
登場人物はほぼ狂っていた
「小林」の狂気は異常な執着心からで
単なるミステリーではなかった
復讐の為に自分を捨てた「小林」
化け物になっても「亜希子」を愛していた


ただ、ひとつ「K2メンバー」が謎
「斎藤」と「小林」はメンバーと分かるが
他のメンバーは作中では明かされない
何のメンバーなのか?そもそも何なのか?
この伏線は回収して欲しかった


「僕」、「きみ」が章によって変わるし
「木原坂朱里」が「小林百合子」になるし
頭を整理しないと混乱しますが、
読み応えや仕掛けがあり満足な1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ