読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

apartment-2094699__480



こんな人にオススメ
・ゾワゾワしたい
・名字が高橋の人
・不思議な話が好き


あらすじ・内容
高橋芙美子は競売物件を落札して
マイホームを手に入れた
偶然にも前住人も同じ“高橋”だった為
表札はそのまま利用していた
新生活は穏やかに過ぎていったが
ある日、「ただいま」と見知らぬ男が現れる
男は先住ね高橋家の長男だった
男は消えたが、翌日、二階で“ガリガリ”
と不気味な音がしていた・・・・・
幸福な「高橋」家に襲いかかる「高橋」家の影
戦慄のホラーサスペンス!

 



-------------------


ネタバレ・感想
まず、芙美子がお人好し過ぎて理解不能
見知らぬ人を家に入れる危機感の無さ
緊急時とはいえ高橋篤に留守番させるし
芙美子と亮太に危害が無かったから
良かったが危うさにイライラした


雪絵の登場シーンは怖かった
「見知らぬ黒髪の女達が砂壁を食らう」
実際に家にいたら怖すぎる((((゚д゚;))))
警察を呼ぶのが普通だと思うが
クッキーをあげて世話してるし(笑)
芙美子もある意味怖かった


芙美子視点だった為、登場人物が話を
信じない怖さもあったし
話通じない雪絵との会話ゾワゾワした
雪絵の予知夢の能力は半信半疑だったが
話が進むに連れて信憑性が増していく
終盤、黄色いランドセルカバーで
“高橋”の名札を付けた男の子がさらわれる
予知夢は気味が悪かった
幸い芙美子の息子・亮太が小学1年生の時は
夫の海外赴任地のシカゴに家族でいたので
事件に巻き込まれる事は無くて良かった


エピローグでは驚く事があった!
芙美子はシカゴに家族で行ったので
家を滝本という老人に売っていた
赴任地のシカゴから日本に戻った時
家が気になり見に行くと表札は“高橋”
のままだった
何と!先住の高橋篤の妹である美咲が
買い戻していた
(滝本の介護をしていた美咲が遺産相続
をしない代わりに家を手に入れていた)
しかも、近所をうろついていた雪絵と
意気投合して雪絵を養子縁組をして
一緒に暮らしていた


雪絵の執念も怖いし
雪絵が“高橋”家になっているのも怖い
そして、雪絵は男の子を出産していた
この男の子が雪絵の予知夢の男の子に
ならない事を願いたい


サクサク展開して読みやすかった
雪絵の登場シーンは映像化したら
インパクトがあって面白くなりそう
タイトルの「もう一度住みたい」は
美咲だけでなく雪絵の思いでもあった
家をテーマにした話でサスペンス要素
に加えホラーなシーンも楽しめた
予知夢の能力など不思議な感じもあり
世にも奇妙な物語みたいな話でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

republic-of-korea-4400510__480


こんな人にオススメ
・青春物が好き
・一気読みしたい
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」
冬休みを迎え多くが帰省していく中で
事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた
ひとけの内古い寮で4人だけの自由で
孤独な生活が始まる
そしてクリスマスイブの晩に始まった
「告白ゲーム」をきっかけに事件が起きる
やがて、それぞれが隠していた「秘密」が
明らかになってゆく
驚きと感動に満ちた7日間を描いた
ほろ苦い青春ミステリー




------------------

ネタバレ・感想
初めてこの本を読んだのは主人公たちと
同年代の時だった
大人になってから改めて読むとタイトル
が深く感じて印象的だった
どこにもないが、主人公たちの心の中に
存在する自分たちだけの場所
それが、主人公たちの「ネバーランド」で
まさに松籟館での7日間の経験だった


・美国
物語の主人公で語り部
父親の不倫相手に誘拐された過去を持ち
その影響で女性に恐怖感を抱く

・寛司
おおらかで面倒見がいい
両親の離婚問題で揺れ動く

・光浩
冷静沈着でクール
義母に強姦された過去を持つ

・統
破天荒で数学の天才
母親が自殺した過去を持つ


告白ゲームから始まった心の闇の暴露
悩みを共有する事で心から相手を理解し
互いに距離を縮めていく
同時に少年の脆さも描かれた青春物語


大人がいない寮という自由な空間
食事の買い出しや遊びやゲーム
4人での食事(未成年での飲酒)
葛藤や悩み、意見の衝突、互いの成長
全てが美しくかけがえのない経験になった


終盤の年賀状のシーンも良かった
統が美国、寛司、光浩それぞれに
買いていたのが統らしくて心が暖まった


今後4人はどうなるのか楽しみになった
美国は元カノに理由をしっかり話して
ヨリを戻すだろう
寛司は人の役に立つ仕事に就くだろう
家族思いのいい父親になりそう
光浩は会社を継いで敏腕振りを発揮する
税金対策で統のラボに出資している
統は世界中を飛び回りラボを広めている
作者には短編でいいから10年後の4人の
再会を描いて欲しい


美国たちみたいな高校生活が出来たら
楽しいだろうし一生の思い出になる
仲間と苦悩を乗り越える物語なので
読後感も爽やかでスッキリした
高校時代に戻りたいと思わせる1冊でした

japanese-cherry-blossom-1839982__480



こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ドロドロした話が好き
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
貧乏くじを引き続けた女に一発逆転の
チャンス到来か!?
前夫のために全てを失った川村奈緒は
資産家で思い病気を患う鬼沢丈太朗の
住み込み看護師として働き始める
鬼沢を取り巻く家族は、莫大な遺産を
狙って欲をむき出しにする者ばかり
呆れる奈緒だっが、彼女にも遺産相続の
チャンスが訪れる
しかし、それは罠かもしれなかった
第27回横溝正史ミステリ大賞受賞作!
-------------------

ネタバレ・感想
遺産相続に巻き込まれた看護師の奈緒
親族も弁護士も家政婦までも怪しい
展開が気になり一気読みでした
登場人物はクセのある者ばかり
誰と誰が組んでいるのか推理しながら
読むのは面白かった



・ブランド好きで浪費家の長女(京子)
・売れない画家の次女(洋子)
・気弱な長男(淳一)とその妻(美恵子)
・引きこもりの孫(宏)
・認知した息子(恵太)
・次女と不倫している弁護士(遠山)
・噂好きの家政婦(よし子)
・幼なじみの医師(山崎)


奈緒は丈太朗と衝突しながらも職務を
完璧にこなし、徐々に信頼を得ていく
遺産のうち500万円を相続する遺言が
作成されるまでになった



遺産目当ての家族とは違い
丈太朗は自分の体の事を第一に思う奈緒に
好感を持ち次第に惹かれていく
その事にいち早く気づいた恵太は
「奈緒を結婚させて遺産を山分けする」
という驚きの計画を立て準備を進める
奈緒もこの計画を遂行していく
そして、遂に丈太朗からのプロポーズを受ける事に成功する!


ここからの展開が面白かった
奈緒は前夫との籍を抜いたばかりの為
すぐには結婚できない
女性は離婚してから180日は再婚できない
(2016年に法改正されて現在は100日)
なので、この期間を上手く乗り越えて
籍を入れなければ遺産は貰えない
丈太朗の健康状態にも気をつけながら
誰にもバレないように過ごす日々は
かなりドキドキした


無事、再婚禁止期間をクリアして
奈緒は恵太に婚姻届けを託す
全てが上手くいき安堵する奈緒


しかし、親族が集まった花見で事件が!
丈太朗がアレルギーを起こし死亡してしまう
親族は丈太朗と奈緒が結婚している事を
知らないので奈緒が疑われてしまう
警察にも結婚している事を言えない奈緒
この期間の奈緒は生きた心地がしなかった
だろうし、読んでいてハラハラした


しかし、葬儀が終わった後に驚くべき
事が判明する!!何と・・・・



奈緒と丈太朗の籍は入っていなかった!
(((゜д゜;))))!?



これには驚いた!
黒幕は恵太だったのか?
奈緒の反応を楽しんでいたのか?
いいヤツと思っていたのに
ただ、通夜での反応に違和感あり
何故か恵太は怒っている様子だった
読み進めると真相が明らかになる



婚姻問題について
奈緒が前夫との離婚届を出す
→離婚届成立
→前夫が勝手に婚姻届を出す
→婚姻成立(再婚なのですぐ成立)
→恵太が婚姻届を出す
→奈緒は重婚になるので受理されず
→恵太と奈緒は互いに騙されたと思っていた


殺人事件について
丈太朗の孫である宏が逮捕されていたが
美恵子が犯行を自供して逮捕される
入れ歯の洗浄液にソバ粉を混入させ
アナフィラキシーショックで死亡させた
病死を偽装した殺人は成功したに見えたが
奈緒の発言から警察が疑問を持ち
解剖した結果、事件が発覚した
動機は体調が悪い夫の淳一が丈太朗より
先に死んでしまった場合、自身に遺産が
1円も入らないからだった
美恵子は山崎医師と組んで犯行を実行
見返りに金銭援助を受けていた



タイトル通りに誤算だらけだった
まとめてみると

・奈緒
丈太朗の遺産の半分を貰うハズが失敗
結局当初の500万円も貰えず


・恵太
奈緒と組んでの計画は成功したかと
思いきや重婚の為に失敗


・美恵子
丈太朗殺害を病死に見せかけるも
奈緒の発言から失敗し息子が逮捕される
自首するハメになる


・山崎医師
美恵子同様に病死に見せかけるも失敗
金銭援助が途絶えてしまう


・遠山弁護士
洋子を宏の後継人にしようとしたが
宏は恵太と親しくなり失敗
他の浮気相手が発覚し洋子との関係悪化


結局、誤算なしで成功したのは
家政婦のよし子だけだった
終始に渡り上手く立ち回っていた
京子には家の中での情報を提供し
お古ではあるがブランド品を手にする
丈太朗からは遺言の500万を得る
噂好きで八方美人の嫌なおばさんと
思っていたが、以外にいいキャラで
物語のアクセントになっていた


恵太はチャラいが憎めないキャラだった
宏のおかげで真面目に働き出したし
開店する店は上手くいく事を願う
そして、美恵子と恵太はくっついて
互いに幸せせに過ごして欲しい


物語の展開が見事で伏線回収も良かった
ミステリーよりもサスペンス要素が強く
奈緒の心理描写ではハラハラを楽しめた
一歩間違っていたら冤罪で捕まっていた
皮肉にも前夫に助けられていた
松下麻理緒は初読みだったが大満足
他の作品も読んでみようと思います

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ