読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

window-564287__480



こんな人にオススメ
・どんでん返しが好き
・コミカルな話を楽しみたい
・一風変わったミステリーが読みたい


あらすじ・内容
作家・星野万丈の莫大な遺産を受け継いだ
内野宗也は、4人の養子に遺産相続の権利
を与えていた
ところが、新たな養子候補が現れてから
不穏な動きが始まる
内野の依頼を受け、一族が集う雪の山荘
へ向かった名探偵・笛木日出夫だったが
何者かにいきなり殺されてしまう
残された一族の運命は?遺産は誰の手に?
奇妙な展開の本格ミステリー!





-------------------


ネタバレ・感想
タイトルが気になり手に取った1冊
探偵が最初に死んだら事件はどうなる?
しかも、死んだら終わりではなく
G(ゴースト)になり推理する変わった設定
で序盤から話に引き込まれた
閉ざされた山荘という舞台も良かった


探偵である笛木日出夫は山荘に着いて
すぐ何者かに殺されてしまう
その直後に殺された健二と一緒にGとなり
事件の真相を調査していく
遺産を巡る相続人の中で犯人は誰かと
推理しながら読み進めた
山荘でのクローズドサークルで遺産相続人
である養子たちが次々に殺されていく
笛木の遺体を動かした事から一人での
犯行は難しく共犯で遺産相続人の誰か
かと思いきや・・・・・



真相は内野宗也とすせり、弁護士・工藤久
3人の実行した犯行だった!
動機は星野万丈の血縁者を抹殺する事
(養子たちは全て星野万丈の実子だった)
探偵の笛木に依頼した理由は笛木の助手
である八郎も万丈の子供と思っており
八郎をおびき寄せるためだった


物語はこれだけでは終わりません
探偵の笛木と思われていた人物は
笛木ではなく八郎だった!!
本物の笛木は八郎に既に殺されていて
タイトル通りに探偵が最初に死んでいた


章ごとにそれぞれ登場人物の視点で
描かれ章のタイトルはその登場人物名
が表記されている
殺された登場人物視点の章においては

タイトルの登場人物名は白く表記されて
遊び心があり面白かった
また、章のタイトルを読み返してみると
笛木がタイトルなのは最初の1章だけで
ここからも笛木が山荘に来てないこと
はしっかりと書かれていた
これには見事に騙されました(=_=;)


いきなり探偵が死ぬなんて発想が良い
「死者」の視点からも話が展開するのも
中々コミカルで面白かった


ただ納得がいかない事が2つ
・照美のセリフ「あの子をお願い」が
いつの間にか工藤久の発言になっている事
これは意味が分からない
記載ミスなら直して欲しい

・「2名の生存者」が強調されている事
普通に考えれば灰原警部補と樹里
深読みしてもそれ以外はないので
何故わざわざ強調したのか?


変わった設定に加えてひねりが効いた
展開の連続で一気読みでした
有能な探偵をあっさり殺す作者にも驚いた
変わったミステリーが読みたい人には
オススメの1冊です

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

book-4979028__480


こんな人にオススメ
・騙されたい
・どんでん返しが好き
・ミステリーが読みたい


あらすじ・内容
七月七日の午後七時、坂井正夫は
青酸カリによる服毒死を遂げた
遺書はなかったが世を儚んでの自殺
として処理されていた
しかし、その死に疑問を持った編集者の
中田秋子とルポライターの津久見信助は
それぞれ独自に調査を開始する
明かされる事件の信実とは!?
どんでん返しミステリー!!




------------------

ネタバレ・感想
密室での自殺の謎を解くミステリー
ではなく叙述トリックの物語でした
時代は古いが作品自体は面白かった
作者に挑戦しようと構えて読んだが・・・
見事に騙されました(=_=;)


序盤を読んで坂井正夫は信頼していた
瀬川に裏切られ盗作された事に悩み
“七月七日の午後七時”に自殺を試みた
と推理しました
中田と津久見が見る坂井正夫の人物像
が違う気がして違和感を感じたが
人によって態度が変わる人もいるし
誰しも少なからずは裏の顔があるので
深く考えず見過ごしていた
 



物語の真相は・・・・











坂井正夫は二人いた!
(しかも、どちらも作家)
そして、中田と津久見は同時進行かと
思いきや1年間のズレがありました
中田と津久見が調べている坂井正夫は
別人という叙述トリックにも騙された


二人の坂井正夫についてまとめると

坂井正夫
・七月七日に自殺
・中田と深い仲にある
・原作者
・子供がいた
坂井正夫
・津久見の友人
・ねちっこい性格
・作品を盗作
・1年後、中田に殺される
瀬川の方向が盗作していた
坂井正夫は自殺した
この2点のみしか当たらず(笑)
伏線はたくさんあったのに悔しい


原作のノートの動きとしては
坂井正夫が瀬川に見せる
→瀬川が盗作し山岳5月号で発表
→瀬川死去
→中田が坂井正夫に返却
坂井正夫くるな温泉にノート忘れる
→ノートが坂井正夫に誤送される
坂井正夫が盗作し推理世界で発表
伏線はいたるところに張り巡らせ
作品名から大ヒントでした
前編集長の「探偵が犯人」の作品が必要
など答えは出ていたのに・・・・・
しかも、これが約50年も前の作品
だったというのも驚きました!


探偵役の中田と津久見が真相に迫って
いくのが面白く一気読みでした
伏線もしっかり回収されスッキリします
中町信作品は初めてでしたが満足(*^_^*)
他の作品も読んでみたいと思います


campfire-5036148__480



こをんな人にオススメ
・考える深い話が好き
・心理描写を楽しみたい
・ダークな話が読みたい


あらすじ・内容
施設で育った刑務官の「僕」は夫婦を刺殺
した20歳の未決囚・山井を担当している
一週間後に迫る控訴期間が切れれば死刑
が確定するが、山井は何か隠している──
どこか自分に似た山井と接する中で
「僕」が抱える、友人の自殺の記憶や
大切な恩師とのやりとり、自身の混沌
が描き出される
重大犯罪と死刑制度、生と死に向き合う
その先にある希望はあるのか!?





-------------------

ネタバレ・感想
今回も重く中村文則らしいダークな作品
心に何らかの闇を持っている登場人物たち
が物語を展開していく


刑務官は様々な葛藤があるだろうし
本当に大変な仕事だと思った
中でも主任が語る苦悩がつらかった
被害者の遺族の立場であれば加害者に
対して情が湧く事はまず無い
しかし、死刑執行をする側からすれば
死刑制度は大きな問題を抱えていた
そこまで刑務官に負担を掛けるのは
おかしいと思った
死刑制度自体には反対ではないが
世論やマスコミに影響される不可解な
判決は無くして欲しい
何の為に死刑があるのかを考えされられた


幼い頃の記憶や友人の自殺、配管の水の音
など水の描写が“死”や“暗さ”を表現していた
留まらず動いていた水がテーマである“命”
を表していた


反対に施設長は“生”や“希望”で“命”を描く
印象的だったのは施設長が発した言葉

「現在というのは、どんな過去にも勝る。
そのアメーバとお前を繋ぐ無数の生き物
の連続は、いいか?全て今のお前のため
だけにあったと考えていい」

これは“生”や“命”をリアルに考えさせ
今の大切さを教えてくれた
施設長の存在は「僕」にとって大きく
いい影響を与えてくれていた

また、卒業式のエピソードには感動した

「僕は・・・・・・」
「孤児でよかった」
「あなたにあえた」

これには施設長も涙していたし
こっちも読んでいて涙ぐんだ(;´д⊂)


施設長が「僕」をいい方向へ導いたように
「僕」は山井に対して接していく
ラストの山井のひらがら混じりの手紙
には希望が持てて良かった


主人公の「僕」は不安定で共感できる部分
を感じる事ができた
犯罪や自殺を犯してしまうのはなぜかか?
「僕」と山井の違いは施設長の存在
「僕」と真下の違いは恵子の存在だった
生い立ちや境遇も理由の一つだと思うが
不安定な精神を支えてくれる人たちの存在
があるがどうかが大きいと思った


命をテーマにした難しい話だったが
施設長や「僕」の言葉は心に残った
誰にでも憂鬱な夜はあると思う
読んで良かったと思えた1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ