読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

car-1531273__480



こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・一気読みしたい
・スピード感ある話が好き



あらすじ・内容
2人の少女を惨殺した殺人鬼の命に
10億の賞金が懸けられた
いつ、どこで、誰が襲ってくるか予測が
つかない中、福岡から東京までね輸送を
命じられた5人の警察官
命を懸けて「人間の屑」の盾になることに
どんな意味があるのか?任務、正義
その狭間で男たちは別々の道を歩き出す
緊迫のエンターテイメント!





-------------------


ネタバレ・感想
まず、設定が面白い
資産家の孫が殺され、卑劣な犯罪者
である清丸に10億の値が付く
警察官でSPの銘苅は葛藤しながらも
命懸けで任務を遂行していく
 

10億の賞金が懸けられているので
いつ、誰が襲ってくるか分からない
序盤から犯罪者の清丸は命を狙われる

・匿っていた仲間
・拘置所の警察官
・運ばれた病院の看護師

警察官からも命を狙われ
仲間の中にも内通者がいて
本当に誰を信じていいか分からない
先の展開が気になり一気読み
福岡から東京までの輸送はトラブル続き


護送車での輸送(パトカー警備付)
→トラックから襲われる

航空機での輸送
→航空機に細工がされ不可

新幹線での輸送
→GPS で位置情報が漏れる


結局、移動手段を新幹線から車へ変更
タクシー運転手の助けもあり
銘苅は何とか任務を成功させる
スリリングな展開の連続で面白かった


銘苅の主観で描かれており
葛藤、正義、任務、人間らしさ等
色々と考えさせられる作品だった
なぜ犠牲を払いながらも清丸を
守らないといけないのか?
何の為に守るのか?正義とは?

・社会のルールを厳守する事
・自身の感情に素直に行動する事
・法律に従い卑劣な犯罪者を守る事
・その法律によって犯罪者を裁く事


結局、答えは作中では出なかった
疑心暗鬼の中で葛藤しながらの任務
心身共にボロボロにり揺れ動く心理
自分が銘苅ならどうしただろうか?
想像するだけでも疲れてしまう
最後まで反省しない清丸が生き残り
巻き込まれた人たちが犠牲にあうのは
スッキリしないし憤りを感じた


読みやすく緊張感やスピード感があり
作品に引きずり込まれた1冊でした


映画化もされています
銘苅・・・大沢たかお
清丸・・・藤原竜也
白岩・・・松嶋菜々子
壮大スケールのアクションに加え
大沢たかおの熱演と藤原竜也の怪演
気になる方はご覧下さい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

living-room-2569325__480



こんな人にオススメ
・ホラーが好き
・一気読みしたい
・一人暮らしを始めた人


あらすじ・内容
「ここには、何かがいる・・・」
大学に受かり一人暮らしを始めた清美
彼女が選んだアパートはどこかおかしい
腐臭や部屋に残る得体の知れない足跡・・・
次々に起こる怪異が清美を追い詰める
著者の実体験も盛り込まれたリアルな恐怖
読み始めたら止まらない戦慄のホラー


 


-------------------


ネタバレ・感想
上京し念願の一人暮らしを始めた清美
節約しながらもオシャレな部屋にしよう
と試みたりと新生活に夢を抱いていた


しかし、様々な怪異が清美を襲う
腐臭や得体の知れない足跡
誰かがいたかのような床の温もり
こんな部屋は怖くて住みたく無い
自分なら引っ越しを考える


周囲に助けを求めるも、怪異や怪奇現象を
信じてくれる友人はいない
引っ越そうにも両親に無理を言って
上京しているので相談できない
誰が頼れる友人が一人でもいたら
展開も変わっていただろう
清美は次第に精神的にも肉体的にも
追い詰められて可哀想だった


終盤は現実と夢(幻覚)の境界線が曖昧に

清美は何者かに足をつかまれ
闇に引きずり込まれていく
清美を引きずり込もうとしている男の
背後には複数の男女が連なっていた!
このままでは自分も闇に呑まれて
死んでしまうと確信する清美は
逃げるのでなく、戦うと決意する


落ちる感覚と全身に痛みが駆け抜ける
気付けば清美は部屋に倒れていた
しばらくすると、部屋に女が入ってくる
女は満足そうに笑い、清美を一瞥したが
またいで部屋に踏み込んでくる
清美は憎しみで狂い女の首に手をかける
このシーンで物語は幕を閉じる




何と!清美は死んでいた((((゜д゜;))))




現実か夢(幻覚)かが曖昧なシーン
おそらく、闇に引きずり込まれて
落ちた時に死んでいた


清美は部屋に執着があり怨念が残った
清美自身が怪異になってしまうラスト
最後に部屋に入ってきた女は新しい住人
と考えらるので、この部屋は怪異は
これからもエンドレスに続く・・・


ジワジワとおかしくなる清美が怖かった
都会の冷たい人間関係も怖かった
都市伝説や世にも奇妙な物語が
好きな人にはハマる1冊です!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

angel-3818910__480



こんな人にオススメ
・イヤミスを読みたい
・心理描写を楽しみたい
・ドロドロした話が好き


あらすじ・内容
太平洋を望む美しい景観の港町・鼻崎町
その町で生まれた久美香は幼稚園の時に交通事故に遭い、車椅子生活を送っている
一方、陶芸家のすみれは久美香を広告塔に
車椅子利用者を支援するブランドの
立ち上げを思いつき行動を起こす
出だしは上々だったが、ある噂がネット上
に流れ、徐々に歯車が狂い始めていく
緊迫の心理ミステリー





-------------------

ネタバレ・感想
閉鎖的な田舎町でのドロドロな物語
菜々子、すみれ、光稀の3人の心理が
リアルに描かれていて面白かった
 

菜々子
・久美香の足の完治を願う
・地元から出たい願望有り

すみれ
・自意識が高く行動力がある
・陶芸家として成功したい

光稀
・東京への憧れを抱く
・夫との不仲を悩む転勤族


この3人の視点で描かれている
それぞれ現状に不満を持っていて
本当の自分の居場所(ユートピア)を
模索しながら生活している


田舎町ならではの閉塞感に加え
情報は筒抜けで嫌な話も耳に入る
表面的には良い顔をしつつも
本当は悪く思っている場面もあり
人間の嫌な部分が浮き彫りになっていた
湊かなえ作品は読むのが嫌になるが
先が気になる展開の連続で面白い
終盤の菜々子の回想シーンは怖かった

「ユートピアを求める人は
自分の不運を土地のせいにして
ここではないどこかを探しているだけだ
永遠にさまよい続けていればいい」

すみれや光稀をバカにしていたが
地元住民の菜々子が誰よりも
ユートピアに焦がれていた
また、義母が残した金は1枚ではなく
3枚あり2枚を隠し持っていた
将来、この金と共に地元出ようと
決意して心が晴れていた様子だった
したたかな菜々子に驚いた


これで終わりかと思ったが
ラストの彩也子の日記で更に驚愕する


・久美香は実は歩けていた!
・火事の原因は彩也子の火遊びだった


この事実で物語は一変する
「クララの翼」活動は善意から始まったが
久美香からしたら迷惑な活動だった
菜々子の夫婦関係の為に歩ける事を
隠していた久美香が可哀想だった
また、子供たちの観察力は高かった
彩也子が思うように菜々子、すみれ、光稀
の3人は二度と集まる事はないだろ


健吾の失踪の謎は回収されずモヤモヤ
結局、犯人は健吾だったのか?
警察への証言の手紙は事実なのか?
真相は作中では分からない
登場人物に感情移入できなかったが
湊かなえワールド全開で面白かった

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ