pocket-watch-3156771__480


こんな人にオススメ
・騙されたい
・一気読みしたい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
婚約者の里美を事故で失った漫画家の陣内
衝撃のあまり、連載中の漫画のヒロインを
作中で殺してしまう
ファンからは罵倒の嵐だったが
その中に里美の死を予知する手紙があった
送り主の神崎とは何者なのか?
本当に予知能力などあるのか?
失われれた恋人への狂おしい想いの果てに
陣内がたどり着く予測不能の真実
最後の1ページではどんでん返しが!


 


-------------------


ネタバレ・感想
里美の死を予知した手紙から物語が加速
手紙の消印は事故の数日前だった
その為、陣内は手紙の送り主・神崎に
興味を持ち接触を試みる


最初は神崎の予知に対して懐疑的だったが
他にも予知を的中させて次第に信じていく
神崎の予知能力は本物なのか?
このあたりから先が気になり一気読み


また、陣内以外の視点でも描かれている
フリーターで漫画のファンである三好
勝ち組の陣内と負け組の三好
婚約者を亡くして失意の陣内と
彼女はいるが惰性で付き合っている三好
この対比する2人の戦いも物語の軸になる


ここから物語を解説していきます
まず、手紙の消印の謎は偽造すれば可能
事故が起こった後に手紙を作成
・作成した手紙を直接を持って行く
・手紙が届くまでの郵送時間を利用


神崎のマンションで予知した事故が
起きた事で神崎が怪しいと予想できた
映画館での事故で完全に陣内は信じたが
あれも神崎が仕込んでいれば可能
(実際に映画館近くで神崎と遭遇している) 


終盤のシーンでも読み応えがあった
陣内を殺そうとする三好だったが
神崎の助けもあり防ぐ事ができた
ここで助かったと安堵するも・・・



三好と一緒に神崎の部屋を訪れていた
細野も陣内に襲いかかってくる!
この時も神崎の助けで何とか凌ぐ事に成功
日付が変わり完全に安心しきる陣内
しかし、背中に熱い違和感を感じる
何と!仲間だと思っていた神崎から
包丁で刺されてしまいます
流石に浦賀和宏は簡単には終わらせない
最後まで読者を楽しませてくれます

神崎は旧姓で陣内が過去に付き合っていた
女性の母親でした
陣内に捨てられた事が原因で自殺した娘の
復讐を実行していた((((゜д゜;))))
漫画本の裏には復讐の為の本がズラリ
神崎の執念が凄まじく怖かった
予知能力を信じさせる為に罪を犯すし
タイトル通りに壊れていた


三好も漫画のヒロインが死んだという
理由で作者を殺そうとするし壊れていた
タイトルがしっくりきました




陣内が刺されてストーリーが終わるかと
思いきや、最後に最大のどんでん返しが!

プロローグとエピローグだけが現実
で本物の予知能力者は里美でした!!


これは予測できなかった
今回も浦賀作品に騙されました
最後に里美が電話をかけたのは誰なのか?
里美は予知を回避できるのか?
今回も大満足の浦賀作品でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村