bench-7114432__480


こんな人にオススメ
・騙されたい
・ミステリーが好き
・作り込まれた作品を読みたい


あらすじ・内容
ひと気のない公園の池で10歳の少年の
溺死体が発見された
少年をイジメていたクラスメイトの
悪童3人組は事件への関与を恐れたが
真相は曖昧なまま事故として処理される
ところが10年後、少年の幼なじみが
3人の前に現れ罪の告白を迫ってきた
次第に壊れ行く3人の日常
果たして少年を殺したのは誰か?
二転三転しながら迎える衝撃の結末
予測不能の神業ミステリー!


    



――――――――――――――――――――――



ネタバレ・感想
作中では作者の浦賀和弘は殺されて
遺作として描かれている
(本当の遺作は「殺人都市川崎」)
実際に作者が出版からほどなくして
亡くなっていてるので驚いた
一瞬、ノンフィクションかと思ったが
本作はフィクションの物語になっている


今回も浦賀ワールド全開だった
斎木明、丹治義行、緒川広司の悪ガキ
3人組の前に八木が現れ物語が展開する
浦賀作品にはいつも騙されるので
今回は騙されないぞと構えて読み進めた


所々に違和感があるが仕掛けが分からず
あれっ?八木は学生だよな?
作家なのか?八木は二人いるのか?
20歳と思えない描写もあったし
本屋のシーンでも初読では混乱した
結果的に今回も騙されてしまった(笑)

・斎木が女性である
・時系列がおかしい

この2点だけは中盤で分かった
しかし、まだ違和感が残る(・_・?)
その答えは終盤に判明する
何と・・・






斎木明=丹治明=緒川明
つまり、斎木は丹治と結婚後に離婚
その後に緒川と結婚していた!
あーこれは予測できない
トリッキー過ぎるΣ(-∀-;)

A.斎木明
B.丹治義行
C.緒川広司

の視点だと完全にミスリードされた
実際は下記のようになっている

A.斎木明(20歳)
B.丹治明(30歳)
C.緒川明(40歳)

作中の違和感も無くなりスッキリした
全てを分かった上で読み返すと
本当に良くできていて面白かった
仕掛けが満載で驚いた


解説は浦賀作品“銀次郎シリーズ”で
お馴染みの銀ちゃんが登場する
ファンからしたら嬉しいサプライズ!
ラストは八木法子の手紙で全てを
明らかにして物語を締める
最後まで楽しむ事ができて満足
叙述ミステリーやどんでん返しが
が好きな人にはオススメの1冊です


もう浦賀さんの新作が読めないと
思うとさみしい
読んでない作品もじっくり味わって
浦賀ワールドを楽しみたい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村