サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: ホラー

apartment-2094699__480



こんな人にオススメ
・ゾワゾワしたい
・名字が高橋の人
・不思議な話が好き


あらすじ・内容
高橋芙美子は競売物件を落札して
マイホームを手に入れた
偶然にも前住人も同じ“高橋”だった為
表札はそのまま利用していた
新生活は穏やかに過ぎていったが
ある日、「ただいま」と見知らぬ男が現れる
男は先住ね高橋家の長男だった
男は消えたが、翌日、二階で“ガリガリ”
と不気味な音がしていた・・・・・
幸福な「高橋」家に襲いかかる「高橋」家の影
戦慄のホラーサスペンス!

 



-------------------


ネタバレ・感想
まず、芙美子がお人好し過ぎて理解不能
見知らぬ人を家に入れる危機感の無さ
緊急時とはいえ高橋篤に留守番させるし
芙美子と亮太に危害が無かったから
良かったが危うさにイライラした


雪絵の登場シーンは怖かった
「見知らぬ黒髪の女達が砂壁を食らう」
実際に家にいたら怖すぎる((((゚д゚;))))
警察を呼ぶのが普通だと思うが
クッキーをあげて世話してるし(笑)
芙美子もある意味怖かった


芙美子視点だった為、登場人物が話を
信じない怖さもあったし
話通じない雪絵との会話ゾワゾワした
雪絵の予知夢の能力は半信半疑だったが
話が進むに連れて信憑性が増していく
終盤、黄色いランドセルカバーで
“高橋”の名札を付けた男の子がさらわれる
予知夢は気味が悪かった
幸い芙美子の息子・亮太が小学1年生の時は
夫の海外赴任地のシカゴに家族でいたので
事件に巻き込まれる事は無くて良かった


エピローグでは驚く事があった!
芙美子はシカゴに家族で行ったので
家を滝本という老人に売っていた
赴任地のシカゴから日本に戻った時
家が気になり見に行くと表札は“高橋”
のままだった
何と!先住の高橋篤の妹である美咲が
買い戻していた
(滝本の介護をしていた美咲が遺産相続
をしない代わりに家を手に入れていた)
しかも、近所をうろついていた雪絵と
意気投合して雪絵を養子縁組をして
一緒に暮らしていた


雪絵の執念も怖いし
雪絵が“高橋”家になっているのも怖い
そして、雪絵は男の子を出産していた
この男の子が雪絵の予知夢の男の子に
ならない事を願いたい


サクサク展開して読みやすかった
雪絵の登場シーンは映像化したら
インパクトがあって面白くなりそう
タイトルの「もう一度住みたい」は
美咲だけでなく雪絵の思いでもあった
家をテーマにした話でサスペンス要素
に加えホラーなシーンも楽しめた
予知夢の能力など不思議な感じもあり
世にも奇妙な物語みたいな話でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

assist-4582129__480



こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・歪んだ愛の話が好き
・ダークな話が読みたい



あらすじ・内容
兄が死んで、私が生まれた
1歳の誕生日のケーキにはろうそくが8本
波琉子は幼くして死んだ兄の代わりに
母親から壮絶な愛情を注がれ生きる
やがて兄の死の秘密を知るもうひとつの
家族の告白が波琉子を揺さぶる
「お母さんはいいお母さん?」
家族の愛をテーマにしたミステリー!

 


------------------


ネタバレ・感想
可愛い盛りの息子・波琉を事故で失い
同じ誕生日に生まれた妹に波琉と名付ける
タイトルからサイコ的な予感はしたが
前半はホラー小説だった


最愛の息子を亡くした知加子は
家の中では波琉が生きているように振舞う
波琉子に対しては過保護に育てる
その結果、波琉子は学校に馴染めない
夫や担任が子育てのやり方に意見するも
教育方針を変えるつもりは毛頭無い


誕生日には波琉子の年齢より7本多く
ローソクを立て、兄の生まれ変わりだと
思い込ませる育て方をしていた
本当に波琉子が可哀想だった



後半からは別の家庭の話に一変する
成彦は逆に母親から嫌われていた
嫌われている理由は分からず苦しむ日々
愛されている姉・秋絵を横目に心に傷を負う
成彦も可哀想で胸が痛んだ


全てが不運な波琉の事故から始まった
どちらの母親も事故後に生まれた子供を
波琉の生まれ変わりと考える
どちらの母親も子供を守りたいが為に
狂気に駆られおかしくなった
リアルな恐ろしさが心に残った
物語前半のインパクトに持っていかれ
一気読みさせられた1冊でした


「お母さんはいいお母さん?」
「いいお母さん…ってお兄ちゃんが言ってる」
このやり取りが一番怖かった
何とか波琉子は幸せになって欲しい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

living-room-2569325__480



こんな人にオススメ
・ホラーが好き
・一気読みしたい
・一人暮らしを始めた人


あらすじ・内容
「ここには、何かがいる・・・」
大学に受かり一人暮らしを始めた清美
彼女が選んだアパートはどこかおかしい
腐臭や部屋に残る得体の知れない足跡・・・
次々に起こる怪異が清美を追い詰める
著者の実体験も盛り込まれたリアルな恐怖
読み始めたら止まらない戦慄のホラー


 


-------------------


ネタバレ・感想
上京し念願の一人暮らしを始めた清美
節約しながらもオシャレな部屋にしよう
と試みたりと新生活に夢を抱いていた


しかし、様々な怪異が清美を襲う
腐臭や得体の知れない足跡
誰かがいたかのような床の温もり
こんな部屋は怖くて住みたく無い
自分なら引っ越しを考える


周囲に助けを求めるも、怪異や怪奇現象を
信じてくれる友人はいない
引っ越そうにも両親に無理を言って
上京しているので相談できない
誰が頼れる友人が一人でもいたら
展開も変わっていただろう
清美は次第に精神的にも肉体的にも
追い詰められて可哀想だった


終盤は現実と夢(幻覚)の境界線が曖昧に

清美は何者かに足をつかまれ
闇に引きずり込まれていく
清美を引きずり込もうとしている男の
背後には複数の男女が連なっていた!
このままでは自分も闇に呑まれて
死んでしまうと確信する清美は
逃げるのでなく、戦うと決意する


落ちる感覚と全身に痛みが駆け抜ける
気付けば清美は部屋に倒れていた
しばらくすると、部屋に女が入ってくる
女は満足そうに笑い、清美を一瞥したが
またいで部屋に踏み込んでくる
清美は憎しみで狂い女の首に手をかける
このシーンで物語は幕を閉じる




何と!清美は死んでいた((((゜д゜;))))




現実か夢(幻覚)かが曖昧なシーン
おそらく、闇に引きずり込まれて
落ちた時に死んでいた


清美は部屋に執着があり怨念が残った
清美自身が怪異になってしまうラスト
最後に部屋に入ってきた女は新しい住人
と考えらるので、この部屋は怪異は
これからもエンドレスに続く・・・


ジワジワとおかしくなる清美が怖かった
都会の冷たい人間関係も怖かった
都市伝説や世にも奇妙な物語が
好きな人にはハマる1冊です!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

hallway-5979689__480



こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・一気読みしたい
・サイコパス物が好き


あらすじ・内容
花山病院の副院長になった大矢
仕事でもプライベートでも充実していた
しかし、簡単なオペでのミスを新任看護師
リカに指摘され“隠蔽”してしまう
それ以来、リカの執拗なストーカーに遭う
一方、病院内では婦長の転落事故など
事件・事故が続発する
そして、大矢の婚約者・真由美が失踪する
誰もいないはずの新築の病棟で
大矢が対面したのは・・・
シリーズ史上、最悪の幕切れ!





-------------------

ネタバレ・感想
リカシリーズの第4弾
「リカ」の数年前、看護師時代のストーリー
面接にきたリカを採用したばっかりに
大矢の人生は大きく狂い始める


病院×リカで何も起こらないハズは無く
恐怖の連続でした
今回も予想を裏切らない面白さ!


リカの異常さが至る所で際立っていて
「早く辞めさせてくれ!」
「もっと警戒しないとダメだ!」
とハラハラしなが読み進めた


・採用された日から舌打ち
・嘘を平気でつく
・言葉のキャッチボールが出来ない
・手術ミスをわざとする
・婦長の転落事故(リカが突き落とす)
・患者の家に嫌がらせ
・看護師の家を放火
・看護師が車にはねられる
・院長の窒息死(リカが殺害)
・新・院長の自殺(リカが偽装し殺害)


当時からリカは壊れていた
そして、大矢の婚約者・真由美の失踪
嫌な予感が止まらない・・・


ラストシーンは目を背けたくなるほど
失踪した真由美はが見つかった場所は
誰もいないハズの新しい病棟だった
高圧蒸気滅菌器の中で生首状態発見する
顔の表面の皮膚は剥がされていたが
髪型やイヤリングから真由美と分かる


柏手先生は脅されリカに整形手術を実行
その時、リカが持っきたのは写真ではなく
真由美の頭部だった((((゜д゜;))))


そこに顔中に包帯を巻いたリカが現れる
大矢は怒りからリカな飛びつき対峙する
柏手先生に通報するように叫ぶが、
柏手先生はリカを守るため大矢をメスで
刺してしまう

それにリカは激怒し柏手先生の喉をメス
で切り裂き目に突き刺す
大矢は意識が遠のき死んでしまう
結末はグロくて怖すぎた
想像力が豊な人が読むのは危険なレベル


そして、何より恐ろしかったのはあとがき
読者からの「私はリカだ」に驚愕する
日本中に「リカ」予備軍がいると思うと
本当に怖かった

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

cat-3279064__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・浦賀作品が好き
・怒濤の展開を楽しみたい


あらすじ・内容
17歳の洋子は行員の佐久間と恋に落ちる
だが佐久間の仲間2人が殺害され
彼はその後、突然姿を消してしまう
洋子は佐久間を追って故郷である
東北の農村を尋ねると、かつて佐久間が
飼っていた三毛猫を発見する
村人らは佐久間はいないと口を閉ざし
洋子の監視を始める
佐久間との再会を信じる洋子を待っていた
のは、余りにも残酷な結末だった
一気読み必至のミステリー!





-------------------

ネタバレ・感想
まず、「緋い」から太陽や火を想像した
(緋色とは強い黄みの赤の事)
帯に衝撃的な結末とあり気になっていた


洋子は恋人を追って青森の農村を尋ねる
村は閉鎖的で怪しげな雰囲気・・・
洋子は佐久間の三毛猫を発見し佐久間は
村に戻っていると確信するが
村人は「この村に佐久間はいない」と言う
この村人たちは何か隠している
しかし、それが何か分からない


村人たちは何を隠しているのか?
佐久間は村に本当にいるのか?
いるなら生きているのか?


怪しげな雰囲気で謎が謎を呼び
物語に引き込まれ、ここから一気読み
浦賀作者には騙され続けているが
ここまで推理してみると


・佐久間は生きている
・事件の犯人でない
・何らか事情があり逃げている


今回も叙述トリックにやられるのかと
注意しながら読んだが、その気配は無い
後半は暴力的な描写の連続で
洋子は村人たちから無残な仕打ちを受ける
終盤にようやく洋子の父が助けにきて
村人たちを焼き殺して仕返しをする


ラストでは洋子は笹田の声を聞く
洋子の父は車を止めて周囲を見回す
洋子と笹田は再会を果たすが
父が見たものは火傷をした・・・





緋い猫 ((((゜д゜;))))





洋子は精神状態がおかしくなって
猫を笹田と感じたのか?
ミステリーからホラーに急展開(゚o゚;)
このオチは全く予想できませんでした!


1つだけモヤッとしたところは
佐久間の「死体の偽造」の謎は残されたまま
この伏線は回収して欲しかった
浦賀版のグリム童話といった作品でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ