サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: ミステリー

flowerpot-898777__480



こんな人にオススメ
・暗い話が読みたい
・ミステリーを楽しみたい
・中村文則ワールドが好き


あらすじ・内容
この迷宮事件に強く惹かれるのはなぜか
彼女が好きだから?それとも・・・
「僕」がある理由で知りあった女性は
一家殺人事件の遺児だった
密室状態で両親と兄が殺されて
小学生だった彼女だけが生き残った
「僕」はその事件を調べていく
巧みな謎解きを組み込み圧倒的な筆力
で描いた最現代の文学!





-------------------

ネタバレ・感想
本作も中村ワールド全開だった
ダークで登場人物は狂気じみている
タイトルの迷宮は日置事件の「迷宮」を
意味するだけでなく関係者の心も「迷宮」
に誘うミステリーだった
いつもの如く、人間の闇の部分を描いて
いるので精神的に疲れている時には
読まない方がいいかもしれない(笑)


日置事件は密室かつ出入口に防犯カメラ
の状態で怒ってた一家殺人事件
主人公の新見は学生時代の同級生てあり
「日置事件」の唯一の生き残りである女と
出会いストーリーが展開していく
新見は自分の中にいる別人格の「R」が
「日置事件」の犯人なのでは空想する
新見にとっては魅力的な事件であった


新見は少年時、誰とも口をきかず
医師からは「そうやって生きていくと、
大人になった時大変なことになる」
と言われるような少年だった
新見は自分自身が「普通」ではないと理解
しながらも、自身を変えることができない
わかってはいるが、衝動に逆らえない
不安定な危うさが上手く描かれている
中村作品の「闇」や「狂気」が繊細に描かれ
面白く物語に引き込まれていく


「日置事件」の生き残りである沙奈江も
精神的に病んでいて不安定な感じだった
父親の剛史は恐ろしいほど妻へ嫉妬し
防犯カメラを設置したり妻の自転車を
壊したり明らかに普通じゃない
長男はビニール手袋を付けて折鶴を折るし
妹に向けての性欲をコントロールできない
剛史の異常なまでの嫉妬が原因で家族は
どんどん歪んでく


終盤に沙奈江は事件について告白するが
それが本当の真相とは限らない
その為、また迷い込む“迷宮”状態になる
ラストは未来に希望が持てたので良かった
この二人が上手くいくことを願いたい


多くの人の心にはRは存在している
思っていても口に出せないことや
普通じゃない考えや狂気などがある
本当はしたいが実際には制約があって
出来ないことは多い
だからこそRは魅力的で美しい
Rと上手く付き合えればいいが
出来なければ心が病んでしまったり
超えてはならない壁を越えてしまって
犯罪を犯してしまうケースが考えられる


また「普通」とはどういうことなのか?
大多数の考えが普通なのか?
そもそも普通という基準は人それぞれ
新見や沙奈江みたいに心が病んでいる
人ばかりだったらそれが普通になるのか?
価値観や基準は絶対的なものではない


例えば母親に対してやさしい息子は
周りからは母親思いの良い息子に映る
しかし、度を越える言動があれば
狂気染みたマザコンにしか映らない
普通から悪い方にズレれると
周りからの評価は180度変わってしまう


普通や常識の中で生きないといけない
しかし、個性を出さないとつまらない
人間と見られてしまう
器用じゃないと生きにくい世の中で
作者自身も心にRがいると書かれていた
中村文則は作品として自身のRの部分を
解放しているのではないかと思う
暗い物語で心の闇や狂気にスポットを
当てた作品が多いがなぜか読んてしまう
引き寄せられる魅力がある
精神的に病んでいて危うさがある主人公が
どこか美しくみえるのは人間らしさが
あるからだろうか?


心の中に「普通」ではない考えがある
ことはおかしなことではないという
メッセージを強く感じた
自分の価値観を大切にして自分らしく
そして幸せに生きていくと事が大切だと
いうことを考えされられた作品でした
ミステリー要素もあり満足な1冊です!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

republic-of-korea-4400510__480


こんな人にオススメ
・青春物が好き
・一気読みしたい
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」
冬休みを迎え多くが帰省していく中で
事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた
ひとけの内古い寮で4人だけの自由で
孤独な生活が始まる
そしてクリスマスイブの晩に始まった
「告白ゲーム」をきっかけに事件が起きる
やがて、それぞれが隠していた「秘密」が
明らかになってゆく
驚きと感動に満ちた7日間を描いた
ほろ苦い青春ミステリー




------------------

ネタバレ・感想
初めてこの本を読んだのは主人公たちと
同年代の時だった
大人になってから改めて読むとタイトル
が深く感じて印象的だった
どこにもないが、主人公たちの心の中に
存在する自分たちだけの場所
それが、主人公たちの「ネバーランド」で
まさに松籟館での7日間の経験だった


・美国
物語の主人公で語り部
父親の不倫相手に誘拐された過去を持ち
その影響で女性に恐怖感を抱く

・寛司
おおらかで面倒見がいい
両親の離婚問題で揺れ動く

・光浩
冷静沈着でクール
義母に強姦された過去を持つ

・統
破天荒で数学の天才
母親が自殺した過去を持つ


告白ゲームから始まった心の闇の暴露
悩みを共有する事で心から相手を理解し
互いに距離を縮めていく
同時に少年の脆さも描かれた青春物語


大人がいない寮という自由な空間
食事の買い出しや遊びやゲーム
4人での食事(未成年での飲酒)
葛藤や悩み、意見の衝突、互いの成長
全てが美しくかけがえのない経験になった


終盤の年賀状のシーンも良かった
統が美国、寛司、光浩それぞれに
買いていたのが統らしくて心が暖まった


今後4人はどうなるのか楽しみになった
美国は元カノに理由をしっかり話して
ヨリを戻すだろう
寛司は人の役に立つ仕事に就くだろう
家族思いのいい父親になりそう
光浩は会社を継いで敏腕振りを発揮する
税金対策で統のラボに出資している
統は世界中を飛び回りラボを広めている
作者には短編でいいから10年後の4人の
再会を描いて欲しい


美国たちみたいな高校生活が出来たら
楽しいだろうし一生の思い出になる
仲間と苦悩を乗り越える物語なので
読後感も爽やかでスッキリした
高校時代に戻りたいと思わせる1冊でした

japanese-cherry-blossom-1839982__480



こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ドロドロした話が好き
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
貧乏くじを引き続けた女に一発逆転の
チャンス到来か!?
前夫のために全てを失った川村奈緒は
資産家で思い病気を患う鬼沢丈太朗の
住み込み看護師として働き始める
鬼沢を取り巻く家族は、莫大な遺産を
狙って欲をむき出しにする者ばかり
呆れる奈緒だっが、彼女にも遺産相続の
チャンスが訪れる
しかし、それは罠かもしれなかった
第27回横溝正史ミステリ大賞受賞作!
-------------------

ネタバレ・感想
遺産相続に巻き込まれた看護師の奈緒
親族も弁護士も家政婦までも怪しい
展開が気になり一気読みでした
登場人物はクセのある者ばかり
誰と誰が組んでいるのか推理しながら
読むのは面白かった



・ブランド好きで浪費家の長女(京子)
・売れない画家の次女(洋子)
・気弱な長男(淳一)とその妻(美恵子)
・引きこもりの孫(宏)
・認知した息子(恵太)
・次女と不倫している弁護士(遠山)
・噂好きの家政婦(よし子)
・幼なじみの医師(山崎)


奈緒は丈太朗と衝突しながらも職務を
完璧にこなし、徐々に信頼を得ていく
遺産のうち500万円を相続する遺言が
作成されるまでになった



遺産目当ての家族とは違い
丈太朗は自分の体の事を第一に思う奈緒に
好感を持ち次第に惹かれていく
その事にいち早く気づいた恵太は
「奈緒を結婚させて遺産を山分けする」
という驚きの計画を立て準備を進める
奈緒もこの計画を遂行していく
そして、遂に丈太朗からのプロポーズを受ける事に成功する!


ここからの展開が面白かった
奈緒は前夫との籍を抜いたばかりの為
すぐには結婚できない
女性は離婚してから180日は再婚できない
(2016年に法改正されて現在は100日)
なので、この期間を上手く乗り越えて
籍を入れなければ遺産は貰えない
丈太朗の健康状態にも気をつけながら
誰にもバレないように過ごす日々は
かなりドキドキした


無事、再婚禁止期間をクリアして
奈緒は恵太に婚姻届けを託す
全てが上手くいき安堵する奈緒


しかし、親族が集まった花見で事件が!
丈太朗がアレルギーを起こし死亡してしまう
親族は丈太朗と奈緒が結婚している事を
知らないので奈緒が疑われてしまう
警察にも結婚している事を言えない奈緒
この期間の奈緒は生きた心地がしなかった
だろうし、読んでいてハラハラした


しかし、葬儀が終わった後に驚くべき
事が判明する!!何と・・・・



奈緒と丈太朗の籍は入っていなかった!
(((゜д゜;))))!?



これには驚いた!
黒幕は恵太だったのか?
奈緒の反応を楽しんでいたのか?
いいヤツと思っていたのに
ただ、通夜での反応に違和感あり
何故か恵太は怒っている様子だった
読み進めると真相が明らかになる



婚姻問題について
奈緒が前夫との離婚届を出す
→離婚届成立
→前夫が勝手に婚姻届を出す
→婚姻成立(再婚なのですぐ成立)
→恵太が婚姻届を出す
→奈緒は重婚になるので受理されず
→恵太と奈緒は互いに騙されたと思っていた


殺人事件について
丈太朗の孫である宏が逮捕されていたが
美恵子が犯行を自供して逮捕される
入れ歯の洗浄液にソバ粉を混入させ
アナフィラキシーショックで死亡させた
病死を偽装した殺人は成功したに見えたが
奈緒の発言から警察が疑問を持ち
解剖した結果、事件が発覚した
動機は体調が悪い夫の淳一が丈太朗より
先に死んでしまった場合、自身に遺産が
1円も入らないからだった
美恵子は山崎医師と組んで犯行を実行
見返りに金銭援助を受けていた



タイトル通りに誤算だらけだった
まとめてみると

・奈緒
丈太朗の遺産の半分を貰うハズが失敗
結局当初の500万円も貰えず


・恵太
奈緒と組んでの計画は成功したかと
思いきや重婚の為に失敗


・美恵子
丈太朗殺害を病死に見せかけるも
奈緒の発言から失敗し息子が逮捕される
自首するハメになる


・山崎医師
美恵子同様に病死に見せかけるも失敗
金銭援助が途絶えてしまう


・遠山弁護士
洋子を宏の後継人にしようとしたが
宏は恵太と親しくなり失敗
他の浮気相手が発覚し洋子との関係悪化


結局、誤算なしで成功したのは
家政婦のよし子だけだった
終始に渡り上手く立ち回っていた
京子には家の中での情報を提供し
お古ではあるがブランド品を手にする
丈太朗からは遺言の500万を得る
噂好きで八方美人の嫌なおばさんと
思っていたが、以外にいいキャラで
物語のアクセントになっていた


恵太はチャラいが憎めないキャラだった
宏のおかげで真面目に働き出したし
開店する店は上手くいく事を願う
そして、美恵子と恵太はくっついて
互いに幸せせに過ごして欲しい


物語の展開が見事で伏線回収も良かった
ミステリーよりもサスペンス要素が強く
奈緒の心理描写ではハラハラを楽しめた
一歩間違っていたら冤罪で捕まっていた
皮肉にも前夫に助けられていた
松下麻理緒は初読みだったが大満足
他の作品も読んでみようと思います

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

window-564287__480



こんな人にオススメ
・どんでん返しが好き
・コミカルな話を楽しみたい
・一風変わったミステリーが読みたい


あらすじ・内容
作家・星野万丈の莫大な遺産を受け継いだ
内野宗也は、4人の養子に遺産相続の権利
を与えていた
ところが、新たな養子候補が現れてから
不穏な動きが始まる
内野の依頼を受け、一族が集う雪の山荘
へ向かった名探偵・笛木日出夫だったが
何者かにいきなり殺されてしまう
残された一族の運命は?遺産は誰の手に?
奇妙な展開の本格ミステリー!





-------------------


ネタバレ・感想
タイトルが気になり手に取った1冊
探偵が最初に死んだら事件はどうなる?
しかも、死んだら終わりではなく
G(ゴースト)になり推理する変わった設定
で序盤から話に引き込まれた
閉ざされた山荘という舞台も良かった


探偵である笛木日出夫は山荘に着いて
すぐ何者かに殺されてしまう
その直後に殺された健二と一緒にGとなり
事件の真相を調査していく
遺産を巡る相続人の中で犯人は誰かと
推理しながら読み進めた
山荘でのクローズドサークルで遺産相続人
である養子たちが次々に殺されていく
笛木の遺体を動かした事から一人での
犯行は難しく共犯で遺産相続人の誰か
かと思いきや・・・・・



真相は内野宗也とすせり、弁護士・工藤久
3人の実行した犯行だった!
動機は星野万丈の血縁者を抹殺する事
(養子たちは全て星野万丈の実子だった)
探偵の笛木に依頼した理由は笛木の助手
である八郎も万丈の子供と思っており
八郎をおびき寄せるためだった


物語はこれだけでは終わりません
探偵の笛木と思われていた人物は
笛木ではなく八郎だった!!
本物の笛木は八郎に既に殺されていて
タイトル通りに探偵が最初に死んでいた


章ごとにそれぞれ登場人物の視点で
描かれ章のタイトルはその登場人物名
が表記されている
殺された登場人物視点の章においては

タイトルの登場人物名は白く表記されて
遊び心があり面白かった
また、章のタイトルを読み返してみると
笛木がタイトルなのは最初の1章だけで
ここからも笛木が山荘に来てないこと
はしっかりと書かれていた
これには見事に騙されました(=_=;)


いきなり探偵が死ぬなんて発想が良い
「死者」の視点からも話が展開するのも
中々コミカルで面白かった


ただ納得がいかない事が2つ
・照美のセリフ「あの子をお願い」が
いつの間にか工藤久の発言になっている事
これは意味が分からない
記載ミスなら直して欲しい

・「2名の生存者」が強調されている事
普通に考えれば灰原警部補と樹里
深読みしてもそれ以外はないので
何故わざわざ強調したのか?


変わった設定に加えてひねりが効いた
展開の連続で一気読みでした
有能な探偵をあっさり殺す作者にも驚いた
変わったミステリーが読みたい人には
オススメの1冊です

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

book-4979028__480


こんな人にオススメ
・騙されたい
・どんでん返しが好き
・ミステリーが読みたい


あらすじ・内容
七月七日の午後七時、坂井正夫は
青酸カリによる服毒死を遂げた
遺書はなかったが世を儚んでの自殺
として処理されていた
しかし、その死に疑問を持った編集者の
中田秋子とルポライターの津久見信助は
それぞれ独自に調査を開始する
明かされる事件の信実とは!?
どんでん返しミステリー!!




------------------

ネタバレ・感想
密室での自殺の謎を解くミステリー
ではなく叙述トリックの物語でした
時代は古いが作品自体は面白かった
作者に挑戦しようと構えて読んだが・・・
見事に騙されました(=_=;)


序盤を読んで坂井正夫は信頼していた
瀬川に裏切られ盗作された事に悩み
“七月七日の午後七時”に自殺を試みた
と推理しました
中田と津久見が見る坂井正夫の人物像
が違う気がして違和感を感じたが
人によって態度が変わる人もいるし
誰しも少なからずは裏の顔があるので
深く考えず見過ごしていた
 



物語の真相は・・・・











坂井正夫は二人いた!
(しかも、どちらも作家)
そして、中田と津久見は同時進行かと
思いきや1年間のズレがありました
中田と津久見が調べている坂井正夫は
別人という叙述トリックにも騙された


二人の坂井正夫についてまとめると

坂井正夫
・七月七日に自殺
・中田と深い仲にある
・原作者
・子供がいた
坂井正夫
・津久見の友人
・ねちっこい性格
・作品を盗作
・1年後、中田に殺される
瀬川の方向が盗作していた
坂井正夫は自殺した
この2点のみしか当たらず(笑)
伏線はたくさんあったのに悔しい


原作のノートの動きとしては
坂井正夫が瀬川に見せる
→瀬川が盗作し山岳5月号で発表
→瀬川死去
→中田が坂井正夫に返却
坂井正夫くるな温泉にノート忘れる
→ノートが坂井正夫に誤送される
坂井正夫が盗作し推理世界で発表
伏線はいたるところに張り巡らせ
作品名から大ヒントでした
前編集長の「探偵が犯人」の作品が必要
など答えは出ていたのに・・・・・
しかも、これが約50年も前の作品
だったというのも驚きました!


探偵役の中田と津久見が真相に迫って
いくのが面白く一気読みでした
伏線もしっかり回収されスッキリします
中町信作品は初めてでしたが満足(*^_^*)
他の作品も読んでみたいと思います


↑このページのトップヘ