サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: ミステリー

ladybug-574971_1280



こんな人にオススメ
・心理描写を楽しみたい
・緻密に作り込まれた話を読みたい
・正義感が溢れる話が好き



あらすじ・内容
警察官を定年退職した神場は妻の香代子
とお遍路の旅に出る
旅の途中で幼児殺人事件を知り
それが16年前、自身が捜査した事件と
酷似していた事に動揺する
16年前の事件では犯人は逮捕されたが
冤罪の可能性も否定できず、
神場の心に悔恨を残していた

かつての部下を通して捜査に関わり出し
真実を追いながら過去と向き合う
様々な思いが交錯する慟哭のミステリー!

 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
臨床真理に次いで2作目の柚月作品
この人は心理描写が丁寧に描かれていて
話や登場人物も作り込まれている
真相に近づくに連れてページをめくる手
が止まらず一気読み!


主人公の神場は寡黙だか正義感が強い
周囲からも信頼されていた
こんな上司の元で働きたいと思った
神さんに「踏ん張れ」と言われたい

また、妻の香代子も天真爛漫で明るく
人の良さがにじみ出ている
心理描写が丁寧なので感情移入できた


16年前の幼児殺人事件は冤罪の可能性が
あり、その事を退職した後も苦しんでいた
お遍路の旅の途中で16年前の事件に
酷似した幼児殺人事件を知る
16年前逮捕された犯人は服役中であり
胸騒ぎが止まらず捜査に関していく


過去の事件の捜査をかつての部下であり
娘の恋人である緒方に託す

犯人は誰なのか?
16年前の事件と同一犯か!?
同一犯であれば冤罪が確定する


捜査を指揮するかつての同僚、鷲尾も
神場と同じように全てを捨ててでも
過去の過ちと向き合おうとする
もし、自分が同じ立場にいるなら悪夢を
見ようが安定した生活を守ってしまう
彼らは本当に強い人間だと思う


終盤で娘の幸知と緒方の結婚を反対していた
神場が結婚を許す電話のシーンは感動!

「緒方はいいやつだ」
「男としても、刑事としても~」
「安心して、あいつについていけ」
「話はそれだけだ」

幸知も普段、電話で話さない父に驚く
家族の愛を感じて読みながら潤んだ


捜査はお遍路と並行して進んでいく
道中に出会った少年のミニカーをヒントに
事件は進展して真相が見えてくる


お遍路の終盤での天気雨は優しい慈雨
神場の心情を表していた

人生においてもいい事ばかりでない
しかし、辛い事があるからこそ
嬉しい事や楽しい事がある
些細な事にも幸せを感じる事が出来る


話も作り込まれており面白かった
他の柚月作品も読みたくなりました
【慈雨】は映画化して欲しいなー

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

heart-665186__480


こんな人にオススメ
・スリリングな展開が好き
・心理描写を楽しみたい
・一気読みしたい




あらすじ・内容
臨床心理士の佐久間美帆は藤木司という
20歳の青年を担当することになる
司は人の感情が色で分かる「共感覚」を
持つ不思議な青年だった
司は福祉施設に入所していた少女、彩の
死は自殺ではないと主張する
美帆はその主張を信じる事が出来なかったが
司の治療の為にもと調査をはじめる
友人の警察官、栗原と捜査を進めていくと
恐る恐る事実が明らかになる・・・

驚愕のサスペンスミステリー! 




柚月祐子の「このミス大賞」受賞作品!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
彩が手首を切って救急搬送されている
シーンから物語は始まる
声の色が見える「共感覚」の司と
臨床心理士の美帆を中心に話が進んでいく
序盤から話に引き込まれ一気読み


新米臨床心理士の美帆は患者の司の為と
一生懸命に捜査を進めていく
捜査をしていくと彩がいた障害者施設に
不審な点がどんどん出てくる

捜査する美帆が危なっかしい
警察官の友人がいて本当によかった
栗原がいなかったら絶対に死んでる


障害者施設の施設長、安藤の死から
黒幕は誰かと推理にも熱が入っていく
話の内容は障害者施設の影をテーマ
にしており重々しかったが
テンポよく展開するので読みやすい


USB解読作業で部屋に二人きりのシーン
では怖すぎて本当にハラハラした
ドキドキしながら読み進めた
黒幕は予想できたが面白かった


患者一人一人と深く向き合うのは難しく
理想と現実は違う問題も考えさせられた
美帆は司に対して真摯に向き合っており
いい臨床心理士になると思った


エピローグはいい話でほっこりした
厳しく口うるさい内田はいい人で

「そこは素直に認めます
 あなたも辛かったでしょう
 よくがんばりましたね」

この言葉で美帆も救われたと思う
実は優しいく思いやりのある人だった
内田の真意が分かり納得できた



ラストの司が退院するシーンも感動した

司  「おれと別れるの、寂しいだろ」
美帆 「とんでもない~ほっとするわ」

こんなやりとりが出来る程の
信頼関係が出来上がっていた
もちろん、美帆の声の色は赤(嘘)
司は僅かに微笑み無言でタクシーに乗る



柚月祐子は初めて読んだが
心理描写が丁寧で良かった
デビュー作でこの出来は凄い
他の作品も読んでみたくなりました

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

waves-2226882__480


こんな人にオススメ
・切ない話を読みたい
・伏線をしっかり回収したい
・繊細な心理描写を楽しみたい



あらすじ・内容
予備校生の小夜は大学を目指していたが、
何者かに自宅アパートで殺害される
捜査が進むと小夜のアパートに頻繁に
出入りする中年男性が目撃されていた
事件を担当した刑事の目黒と山名は
次第に事件の真相に迫っていく
小夜を殺したのは誰か?
執念の捜査の末に明らかになる結末は・・・
せつないヒューマンミステリー

 


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
まず、「骨」に焦点を当てていて面白い
小夜は慎ましい生活をしていたが
何者かに自宅アパートで殺害される
現場から無くなっていたのは「骨」
なぜ「骨」が無くなっているのか?
そこで話に引き込まれる


捜査が進むに連れて小夜のアパートに
出入りする中年男性に行き着く
しかし、その男性は小夜より前に
交通事故で亡くなっていた
ここで謎がどんどん深くなる


犯人は途中で分かる流れになるが
犯人が分かってからも殺人の動機が
分からないので推理を楽しめます


ラストでは「白砂」の別の意味が分かる
散骨をしなければならない理由や
小夜を殺した動機も明らかになる


散骨で始まり散骨で終わる物語
最後は小夜の友人が弔いをして良かった
小夜は母親の悲しい恋に翻弄されたが
そのおかげで本当の父親に出会う
小夜の母親と吉崎が別の形で出会っていたら
小夜は幸せな生活を送っていたのか?

出会わなかったら小森家の人々を苦しめ
なかったし好恵も殺人を犯していない
そもそも小夜が生まれていない
こちらの方がよかったのか?

また、小夜と吉崎の関係を好恵が誤解
せずにいたらどうなっていたのか?
もうこの時には吉崎は亡くなってはいるが
小夜は殺されずに済んでいたかもしれない


殺人事件を捜査する刑事目線
夫を交通事故で亡くした好恵目線
で交互に描かれていく
二つの話の繋がりが見えずに
モヤモヤする事があるが
終盤で伏線を回収しながら繋がっていく

ベテラン刑事と若手刑事のやりとりが◎
暗くて悲しい話を和ませてくれます
2時間サスペンスで映像化して欲しい
切ないな話でしたが、伏線は回収されて
謎は解けるのでスッキリします

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

wormhole-2514312_1280


こんな人にオススメ
・タイムリープ系が好き
・推理を楽しみたい
・伏線を回収しスッキリしたい



内容・あらすじ
全ては1本の電話から始まる
大学生の毛利圭介に地震予知の電話がある
地震予知を的中させた男は未来から来た
と語り『リピート』参加者を集めていく

現在の記憶を持ったまま過去の自分に
戻る事ができる『リピート』
ゲストは半信半疑だったが『リピート』
は成功し、10ヶ月前に戻る事になる

・トラブルを回避するのもよし
・競馬で大儲けするもよし
・大学受験をやり直すのもよし


人生のやり直しに喜ぶゲスト達だったが・・・
1人、また1人とリピーターが死んでいく
騙し騙されの傑作ミステリー!

 


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



感想・ネタバレ
10人の男女が現在の記憶を持ったまま
10ヶ月前に戻って人生をやり直す物語
前半リピートするまでは退屈な展開だか
リピートしてからは騙される展開の連続で
ミステリー要素が満載でよかった!


私が10ヶ月前に戻れるなら何をするか?
・ロト7の当選番号を暗記する
・仕事のミスやトラブルを事前に防ぐ
・上がる株を記憶し投資をする


読み進めると、ただ人生をやり直す
という簡単な話ではなかった
次々にリピート参加者が死んでいく
参加者は疑心暗鬼になっていく
リピートしてからの展開は面白い
実は、リピート参加者は死ぬ予定の人が
集めてられていた事が明らかになる


主人公である大学生の毛利がダメ男で
ヘタレ過ぎて感情移入出来なかったが
究極の選択を迫られるシーンはよかった

元カノを殺してしまった毛利
・もう一度リピートしてR10から逃げる
・R10に残り犯罪者として鮎美と生きる

結局は、鮎美と鮎美の両親を見捨てて
もう1度リピートする事になるが、
毛利は衝撃のラストを迎える

リピートしても運命を変えるのは難しい
何度もやり直しができたら人として
何か足りない人間になりそうで怖かった
1回の人生を一生懸命に生きる事が大事と
気付かされた作中でした


乾くるみは「イニシエーション・ラブ」が
有名ですが「リピート」も面白く楽しめました

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

grin-303704_1280

こんな人にオススメ
・イヤミスを読みたい
・ミステリー好きだ!
・不気味な内容の話が好き



内容・あらすじ
エリート銀行員の仁藤俊実が以外な理由で
妻子を殺害する安治川事件
犯人の仁藤は世間を騒がせる
この事件に興味を持った小説家の「私」は
事件の真相を調べていく・・・
調べていくと、誰もが「仁藤はいい人」と
語るが、仁藤の周りでは不可解な死が
続いている事が判明する
仁藤は本当に殺人を犯しているのか!?
読者を待つのは戦慄のラスト!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


感想・ネタバレ
まず、殺人の動機で物語に引き込まれます
「本が増えて家が手狭になったから」
意味不明です((((゜д゜;))))??


読み進めていくたと次々に明らかになり
事実に一気読みしました


ラストはスッキリしない終わり方
しかし、それが不気味さを残していく
伏線も全ては回収されないので
自分なりに推理するのも楽しい



「人は自分の見たいようにしか他人を見ない
私たちは他人を理解しないまま、
わかったふりをして生きている」



「私」のこの言葉が全てだと思いました
物語の真実ばかりを求めるて読んでいた
この事自体が恐ろしい事と考えされられた
  

この「微笑む人」では
・仁藤が妻子を殺した本当の理由
・仁藤が過去の事件に関与したのか
・ショウコの話は事実だったのか

読了したら
「何が真実で何が嘘なのか?」
と思いだけが残りました
モヤモヤなまま終わるのでスッキリしたい
人には物足りないと思った人もいるハズ


ミステリー好きのわたしにとっては
・最後に謎は解けて欲しい
・作中の伏線を回収してスッキリしたい
という当たり前の固定概念がありました


作中でカスミ(ショウコ)に
「最終的に理解できる結末があるのなんて、
フィクションの中だけですよ」
というセリフが意味深でした

真実は分からないので
ミステリー好きの人に読んでもらって
真相にたどり着いて欲しいです


SPドラマが地上波放送されました
主演はいい人を代表する松坂桃李!
こんな爽やかイケメンが
「本の置き場が足りなかった」という
意味不明な理由で妻子を殺害します
気になるので見てみようと思います!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ