サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: サスペンス

baby-2941785__480



こんな人にオススメ
・騙されたい
・読み返したくなる本が好き
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
助産院に勤める冴英は不妊と夫の浮気に悩む
彼女の唯一の拠り所は幼い頃から最も近しい
存在の奈津子だった
そして、育児中の奈津子も、母や夫、社会
に馴染めず冴英を心の支えにしていた
そんな2人の関係が恐ろしい事件を呼ぶ
冴英の夫が殺害され死体となり発見される
それをきっかけに2人の運命は大きく変わる
最後まで読んだら読み返したくなる
傑作心理サスペンス!!


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
帯に衝撃の25ページ!
絶対、ぜったい騙されて読み返します!
とあり、興味を持ち読了


物語は「冴英」「奈津子」「第三者」の視点で
進行していき、第三者の証言で真実が
次第に明らかになっていく


プロローグで奈津子と母のやりとりがあり
最後に乳児に対して、この子に悪いものが来ませんようにと描かれていた
このミスリードにやられた
完全に奈津子の子供は梨里と思っていた



奈津子の子供→梨里
奈津子の親友→冴英
と思い読み進めた


しかし、違和感がたくさん出てくる

・奈津子と冴英の距離が近すぎる
・奈津子と冴英に年齢差がある
・奈津子と鞠絵も仲が良さそう
・鞠絵には子供がいるが出てこない

鞠絵と3姉妹なのか?
冴英の年の離れた姉が奈津子なのか?
中々関係性が読めず、混乱した


さらに、第二章の中津川久美の証言
「鞠絵ちゃんは一児の母なんですけど、
お母さんに手伝ってもらいながら
仕事と育児を両立していてー」

あれ?矛盾してないか?
何か強烈な違和感がある

ファミレスのシーンで奈津子が冴英に言った
「(まあねえ。でも普段(鞠絵は)ほとんど子供と
過ごしてないから、こういうときどうすれば
いいのかわからないんでしょ」

証言から鞠絵には子供がいる
いくら夜勤があるとはいえ、家に帰れば
子供と接する時間はあるハズ

もう子供は手が掛からないのか?
鞠絵は冴英の妹だから子供かいると
すれば、まだ幼いので手は掛かる


「お母さんに手伝ってもらいながらー」

鞠絵の親は奈津子なのか?
という事は奈津子と冴英は親子!
そう考えると全部がうまくまとまる

・奈津子が冴英の送り迎えをする

・奈津子が冴英の家の合鍵を持っている
・奈津子は孫の梨里の面倒をみている
・鞠絵は梨里に普段会えず、甘やかす
・関係者の証言も辻褄が合う


お互いに依存している親子の話だった!!
途中まではミスリードに引っかかった
物語の中盤でようやく気付いた


終盤の奈津子が冴英の家を除くシーンは
病的でホラーだった
同じワンピースを着るのも痛い
奈津子の深い愛情や支配欲、共依存
不妊の悩みや奈津子に甘えすぎる冴英
心理描写も上手く描かれている

冴英がそば麦茶で大志を殺してしまった事 を気付かせまいと行動したのは母親の愛
冴英に子供が出来ていたら事件は起こら
なかっただろう

読者の先入観をうまく利用した作品
映像化する事は難しく本だからできる
叙述ミステリーでした
見事に騙され楽しめました!
他の作品も読んでみたいと思います

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

book-4979028__480



こんな人にオススメ
・リアルな話が好き
・心理描写を楽しみたい
・40代の女性の方



あらすじ・内容
主婦の典子の元に、差出人不明のまま
突然届いた中学時代の交換日記
その直後に、メンバー4人の中の一人
長谷川淳子が殺されたニュースが入る
彼女に何があったのか?
音信不通だった他のメンバーも
事件をきっかけに大きく動き出す
40代女性の人生に起こる様々な事件を
サスペンスタッチで描いた感動の物語!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
典子に突然届いた中学時代の交換日記
しかも差出人は不明
当時のリーダー的存在である長谷川純子
を思い浮かべていたが・・・
直後に、淳子が殺害された事実を知る


これだけで先が気になります!
淳子を殺害したのは誰なのか?
交換日記との関係はあるのか?
45歳になった彼女達の今が描かれいく



交換日記のメンバー

典子(ノリ)
・中学生の娘は、学校に行く事ができない
・交換日記が最初に届く


明美(アケ)
・シングルマザー
・実家の家族とは絶縁状態


久美子(クミ)
・娘の早く結婚で孫がいる
・夫のモラハラに悩んでいる


淳子(ハセジュン)
・当時のリーダー的存在
・何者かに殺害される


よし、推理するかと読み進めたが
本作品はハセジュン事件の謎解きではなく
事件をきっかけに過去を振り返りながら
「今」を精一杯頑張る物語だった


典子(ノリ)
娘である美咲の不登校の原因が分からず
友人関係と決めつけ問題解決を試みる
原因は別の所にあるがイジメなどでは
なくて良かった
思春期の子供との接し方は難しそう
美咲は学校に行くようになり良かった


明美(アケ)
シングルマザーは大変、しかも実家とは
絶縁状態にある(母親とはやり取りあり)
弟、肇とその妻の間には子供がいない
何年も不妊治療を受けているが子宝に
恵まれずにいる
その為、肇の妻、佳奈とも折合いが悪い
娘の志帆は母親である良江以外には
一度も顔を合わせていない
実家に気軽に帰れないのはつらい
肇や佳奈の気持ちも分かる
近いうちに子供ができて欲しい
そして、家族関係が修復して欲しい


久美子(クミ)
モラハラ夫に悩んでいたがアケに相談し
夫に気持ちを伝え離婚話を切り出す
家を飛び出し畑中に助けを求める
気持ちが吹っ切れてスッキリした様子
ピアノも弾けるようになるだろう
畑中と上手くいって欲しい



交換日記の謎は美咲が自分宛の日記と
思って読んだが、実は典子の日記だった
しかも、淳子からの手紙も読んでしまう
(内緒で父が淳子に会っていた事を知る)
そして、読んだ交換日記は美咲によって
淳子が殺された直後にポストに投函される


「ママって友達いるの?」
という美咲からの問いに対して
答えに困っている典子がリアルだった
大人になるに連れて「友達」と呼べる人
は出来にくくなる


この小説は交換日記をきっかけに
交換日記のメンバーが友情を取り戻し、
新しい一歩を進んでいく物語でした
ハッピーエンドなので後味も良かった
懐かしい友達に会いたくなる1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

domino-163522__480


こんな人にオススメ
・心理サスペンスが好き
・女同士の戦いを読みたい
・ドロドロした話が好き


あらすじ・内容
妊婦連続殺人犯の弁護を担当する事に
なった夫・尚彦、その妻である美沙緒は
妊娠5ヶ月だった
少年がが起こした妊娠連続殺人事件は
世間からの注目も高い
弁護の担当が決まってから悪意ある
嫌がらせが始まる
女同士の憎しみや妬みを描いた
緊迫の心理サスペンス!! 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
夫が妊娠連続殺人犯の弁護担当になると
妊娠5ヶ月の美沙緒は何者から嫌がらせを
受けるようになる
高校生が起こした妊婦連続殺人事件に焦点
を当てて話が進むかと思ったが、
世間の悪意や女同士のドロドロした戦いが
中心に書かれている


最初から最後まで嫌な話だったが
先が気になって一気読み(;・д・)


善意のフリをした“悪意
周りの人達がこんな人ばかりだったら
人間不信になってしまう


人は皆、少なからず悪意を持っていて
ふとしたきっかけで表立ってしまう
美沙緒を陥れようとした絵理の気持ち
は理解できる
嫌がらせの行動を起こせるかは別だが
絵理みたいな人は結構いると思う


ビックリしたのは黒幕は聖美だった事
絵理の手帳が変わった事に気付いている
のは伏線の一つだった!

聖美は性格が明るく一見どこか抜けている
ように見えるが、全て計算していた
本当に怖すぎる(||゜Д゜)ヒィィィ!


聖美みたいな人も多いんだろうか?
いい人そうに見えても内心は分からない
ドロドロした話で体力を奪われたが(笑)
面白い小説でした


climate-2584730__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・スピード感ある話が好き
・パニック物が読みたい


あらすじ・内容
原因不明の症状で集団死する事件が発生
高知県を発端に四国全域に広がる
そんな中、政府の災厄対策本部は
厚生省と警察庁が災厄の原因がつかめず
対立してしまう
ウイルス感染説を主張する厚生省の斯波は
真相解明の為に四国に乗り込むが・・・
一気読み必死のパニックサスペンス!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
原因不明の集団死事件が発生(((;゚Д゚)))
潜伏期間は無く、高い致死率
しかも、どんどん拡大していく
四国が全滅する自体にまで広がる
テンポがよくどんどん読めた

伏線もたくさんあり原因が何かを
推理しながら読んだ
突然変異したウイルスかと予想したが
スギ花粉+サリンだった
花粉が猛毒になったら怖すぎる

ラストでは原因が分かって問題解決!
ではなくて人災か天災か結論は出ず
「人為的」な「変異細菌テロ」だったと
含みを持たせて幕を閉じる

主人公、斯波の家庭の話も同時進行
主人公の斯波は出世の為なら友人でも
蹴落とす野心家だった
恋人までも奪い好きになれなかった

ライバル宮野の方が好感を持てた
歩美は魅力的な女性なんだろうが
なぜ斯波を選んだのか?
都会が苦手と言っていたし
宮野と広島で暮らせば良かったのに


ストーリーも面白かった
集団死が拡大し被害が広がる様子や
政治家の情報規制など緊迫感があった
コロナ禍に読んだ事もありリアルだった
含みを持たせた陰謀説が真実なら怖い
先が気になり一気読み作品でした


moon-597336__480


こんな人にオススメ
・自分の本当の居場所が分からない
・お金と依存がテーマの話を読みたい
・繊細な心理描写を楽しみたい



あらすじ・内容
結婚を機に家庭に入った梨花は幸せな日々
を過ごすが、次第に窮屈さを覚える
気持ちも同様に暗くなっていく

友人の中条亜紀の勧めで再び働きに出ると
仕事は楽しく性格も明るさを取り戻す
しかし、夫は梨花が働く事が面白くない
小さな違和感が重なりすれ違いになる

そんな日常が続いている時に
顧客である平林浩三の孫、光太に出会う
そして光太に惹かれ親密になっていく

梨花はある日、「後で返せばいい」と
軽い気持ちで顧客の金を使ってしまう
そから梨花の金銭感覚は狂い始める
正義感の強い彼女がなぜ横領したのか?

お金と愛に溺れていくストーリー






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想

化粧品の立替で5万円を「借りる」から始まり
「1億円横領」へと主人公が墜ちていく
誰もが一歩間違えればありえる物語

すぐに返済するからちょっとだけ・・・
という安易な考えから一線を越える

手に入れた現実を失いたくがない為に
不正を繰り返し罪悪感が無くなる
金銭感覚もマヒしてどんどん狂っていく



「ここにいる自分は自分の一部であって
 本当の自分ではない」



という梨花の思いは誰もが感じる感情
自分らしく、イキイキと生活する事が
大切だと思いしらされる

もし、銀行で働いていなかったら
もし、夫婦生活が上手くいっていたら
もし、光太と出会わなかったら
もし、横領をしてなかったら

たらればの話になれば切りが無いが
様々な事が重なり悪い方向に話が進む

金銭感覚がおかしくなり、とうとう
顧客の定期預金を偽造していく
上司の井上と同行し顧客を訪問するシーン
偽造がバレないかとハラハラしました
心理描写が上手くて読んでいて面白かった

偽造を繰り返し罪悪感は無くなる
正常な判断も出来なくなっていく
自由を求めていたのに不自由になっていく

サブストーリーでは梨花を知る人も
お金に振り回されている
お金は人を惹きつけ、狂わせる
幸せになる為にはお金は必然だが
執着し過ぎると大切なものが見えなくなる

格差がどんどん広がっている昨今
ほんとうの幸せとは何なのかと考えた


角田光代は「八日目の蝉」以来でした
物語が映像として浮かんできます
ストーリーもリアリティがありました
他の作品も読んでみたいです


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ