サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: サスペンス

road-bike-3637294__480



こんな人にオススメ
・ミステリーが好き
・切ない話が読みたい
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
高校生の秀一は母と妹との3人暮らし
その平和な家庭を脅かす闖入者が現れた
母が十年前に再婚していた曾根という男
曾根は秀一の家に居座り傍若無人に
振る舞い、母の体のみならず妹にまで
手をだそうとしていた
警察も法律も家族の幸せを取り返して
くれないことを知った秀一は曾根を
葬り去る完全犯罪を計画する──
哀切な心理を描いたミステリー


   



――――――――――――――――――――――


ネタバレ・感想
幸せな家族を脅かす理不尽な存在・曾根
家族を守る為に秀一が考えたのは殺人で
完全犯罪に挑む切ない話だった


倒叙ミステリーの形式化で展開していく
秀一は殺人計画を立てて完全犯罪に挑む
犯人側の視点で物語が進むのでハラハラ
するし、真相がバレないかの不安や
殺人を犯した後の苦しみで胸が痛かった
“そうなって欲しくない”方へ話が進む
曾根殺害から次第に道を踏み外していく
悲しく切ないが作品自体は面白かった


法的に曾根を追い出す為弁護士に相談する
→家の名義人(母)が訴えを起こせば可能
→しかし、母親は追い出す気配なし
→弁護士と母と曾根が話し合いの場
→全く話にならず曾根は部屋に籠る
→盗聴により遥香の実父が曾根と知る
→帰宅時に曾根に犯される母を目撃
→このことがきっかで殺害を決意する

盗聴器を仕掛けて知らなくていいこと
を知ったり、見なくていい物を見たり
このシーンは辛かった


秀一は完全犯罪を計画する
頭がいいだけに発想が凄かった
準備もしっかりと進めていく
いざ、計画を実行する時はシーンは
ハラハラして手に汗握った(;´゚д゚)ゞ


秀一の心理描写が丁寧に描かれいて
緊迫感や臨場感が凄かった

・誰にも相談できない苦しみ
・殺人を決意する怒り
・殺した後の落ち着かない心理

色々な感情が胸に突き刺さった
身近に相談できる友人がいたら…
曾根の末期ガンが分かっていたら…
石岡が秀一を目撃してなかったら…

こんな切ない展開にはならなかった
主人公が追い詰められ破滅に進む様子や
切ない展開は角田光代の「月の紙」
の主人公の梨花のようだった


秀一の場合は家族を守る為だった
彼の取った行動は本当に切ない
周りの友達も優しいやつばかりだし
ラストの別れのシーンでは涙した

彼女の紀子
「私が好きだったというのも嘘?」

秀一
「ああ。嘘だ。」

ホントは好きなのに葛藤し答えた
自殺する自分を忘れさせる為の
優しさで紀子を想っての事だった(ToT)
家族との別れや自分自身との別れ
自転車でトラックに突っ込む描写で
物語は幕を閉じる


全てを背負って自殺した秀一
こんな切ない殺人犯はいないだろう
殺人はいけないが、何とか逃げきって
捕まらないで幸せになって欲しかった
とにかく切ないストーリーでした
切ない話が読みたい方にはオススメです


映画化もされてます
秀一→二宮和也
紀子→松浦亜弥
17歳ならではの葛藤や美しさ
二ノの飾らない演技が良かった
こちらもオススメです

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

medical-563427__480


こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・テンポがいい物語が好き
・クローズドサークル物が読みたい


あらすじ・内容
療養型病院に強盗犯が籠城し
自らが撃った女の子の治療を要求した
事件に巻き込まれた外科医・速見は
女を治療し病院からの脱出を試みるが
次第に病院に隠された秘密を知る──
閉ざされた病棟で繰り広げられる
究極の心理戦と衝撃の結末!
現役医師が描く一気読み必至の
本格サスペンス×医療ミステリー


    


――――――――――――――――――――――


ネタバレ・感想
病院の当直を変わることになった速見
いつものように楽な寝当直だと思い
当直室で待機していた
しかし、看護師に呼び出される
現場に駆けつけると拳銃で撃たれた
若い女性と不審なピエロが!
冒頭から一気に作品に引き込まれた
ここからのサクサクした展開と
様々な伏線は見事で面白かった
医療ミステリーながら読みやすく
病棟を舞台にしたクローズドサークル
で先の展開が気になって一気読み


・二つ並んだ手術台
・設備が整いすぎている手術室
・不思議な記録のカルテ
・腎臓手術跡のカモフラージュ
・ピエロに呼び出される不自然さ
・何かおかしいピエロの言動

様々な伏線が物語を面白くしていく
ピエロが関与してないところで
看護師が殺害されミステリー要素も増す


病棟の秘密は違法な腎臓移植だった
死ぬまで続く透析治療
お金を出しても買いたい腎臓
医師ならではの視点が良かった
リアリティがあり実際にもありそう
と感じてしまうのが怖かった


川崎13も伏線のひとつだった
I3→アイミ→愛美→川崎まなみ

愛美は序盤から怪しい雰囲気はあったが
まさか黒幕とは思わなかった
被害者→共犯者→主犯の流れは見事
ピエロは本当にピエロでしかなかった
(ピエロが犯人で共犯者と推理していた)


・院長の田所
・先輩医師の小堺
・看護師の東野と佐々木
・愛美

タイトル通り病院を含め登場人物は
“仮面”を付けている人ばかりだった(笑)


終盤は全ての謎を解きながらラストへ
向かっていく展開はテンポが良く
爽快感があってスッキリした
速見の信念を曲げない姿が格好良かった
緊迫した状況でハラハラしたし
謎解きゲームのような楽しさもある
大満足な1冊でした
今後の愛美が気になる終わり方だった
愛美目線の続編を是非書いて欲しい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

rain-2422642__480


こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・どんでん返しが好き
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
家族4人で平穏に暮らす里佳子の前に
突然現れた一人の客
夫の秀嗣が招いたその人物は20年以上
音信不通だった秀嗣の兄・優平だった
しかし、姑は「こんな顔だったか?」
と主張し、里佳子は不信感を抱く
優平は居候する事になったが
その日から不可解な出来事が続く……
家庭を侵食するこの男は誰なのか?
一つの悲劇をきっかけに全ての景色が
一変する緊迫のサスペンスミステリー!


    


―――――――――――――――――――――


ネタバレ・感想
序盤から影のように忍び寄る義兄・優平
その存在がどんどん大きくなっていく
この怪しい人物と先の展開が気になって
一気読みだった


物語は里佳子の視点で描かれており
心理描写が丁寧なので感情移入して
読み進めていった
優平には違和感があり、里佳子は
次第に心のバランスを崩していく

・夫の秀嗣の優柔不断な所
・ママ友の面倒くささ
・姑の意地の悪さ

読んでいてイライラした
特に夫の秀嗣の気が利かなさはヒドイ
優平の不信感もどんどん大きくなる

「この義兄は成りすましか?」
「本物だがヤバいヤツなのか?」
と考えながらページを捲った

どんな義兄の謎が明かされるのか?
終盤は完全に騙された(゜ロ゜)
不審者だと思っていた優平は刑事
里佳子を監視し犯行を誘発する為に
わざと不審な動きをしていた!


残る謎は息子・洸太の父親は誰か?
姉が頑なに言わない事から“言えない”
人物だとは推測したが、まさかの夫!
なぜ姉は秀嗣を寝とったのか?
物語では回収されないが里佳子が
“排除”する動機にはなった


そして、最後の1行には涙した
「どちらの子の名前を読んでいる
のか、自分にも分からなかった」
洸太は幸せになって欲しいと思う
ラストで「代償」の奥山圭輔が
出てきて嬉しかった


「不審者」は優平だと思っていたが
本当の「不審者」は里佳子だった
巧みに伏線をちりばめられた物語
一気に読ませる力のある作品でした
完全にミスリードさせられた(笑)
ハラハラしてどんでん返しもあり
大満足な1冊でした


伊岡作品はリアリティがあって
心理描写が丁寧なのがいい
他の作品もオススメです

代償
・痣
・本性
悪寒

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

snowfall-201496__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ハラハラしたい
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
深雪は婚約者の俊亜貴を連れ故郷である
雪之島を訪れる
結婚をしてありふれた幸せを手に入れる
はずだったが、祝宴の席で思いもよらない
事を島民から聞かされ状況は一変する
やがて俊亜貴は行方不明に…
この島は何かがおかしい──。
人間の奥底になる執着心と狂気を
描いた傑作サスペンス!


    


―――――――――――――――――――――

ネタバレ・感想
サスペンスに加えてミステリー要素
やホラー要素もあって面白かった
島の良い所と悪い所が絶妙に描かれ
それぞれの登場人物の視点の心理描写
が丁寧なので感情移入しやすかった
章ごとに視点が変わっていて
それぞれの視点から物語を楽しむことが
できる読みごたえのある作品でした
章ごとの視点は下記の通り

第一章 深雪
第二章 俊亜貴
第三章 深雪
第四章 達也
第五章 深雪
第六章 弥生


深雪が婚約者の俊亜貴を連れて島に
帰ってくるところから始まる
雪の寒々しい感じや島の閉塞感が
感じられて少し怖い雰囲気だったが
本当の怖さはそこではなかった
イヤミス要素や読者の想像を掻き立てる
描き方でグイグイと作品に引き込まれた


人が殺される記述は一切無く
全てを明かさない終わり方で描かれ
あくまでも読者の想像にまかせる
弥生は最後にどうなるのか?
幸せになって欲しいが…



回収されない謎もあった
俊亜貴はどうなったのか?
・フェリーに乗って帰った描写はない
・紫色のスマホが雪室で見つかる
・行方不明のまま姿を表していない


第四章での達也と俊亜貴の会話や
達也の心情から推理すれば殺していない
助手席にあったスコップは雪掻きで
使うのでおかしくないし
で見つかった紫色のスマホは
雪室用の雪を集め回っていた達也が
雪と一緒にすくい雪室に入れてしまった
こう解釈してもおかしくない


しかし、達也がフェリーに乗った描写が
ないからこそ殺された可能性もある
俊亜貴が殺されているなら1月2日
そして、1月3日には雪室で長時間の
作業をしている島の男達…
かなり時間が掛かっている様子だった
俊亜貴を埋めた雪が溶けないように
雪室を固めていたと推測される
鈴木のスーツの写真を見た朋子の反応
から殺されている可能性もある
もし、殺されている場合は達也は
トラックの荷台に死体がある状態で
深雪とキスをしている
それなら達也がサイコパス過ぎる!
(その場合、鈴木も殺されている)
怖いのは神でも自然でもない
結局、人間が一番怖い((( ;゚Д゚)))
俊亜貴がしっかりした人間だったなら
無事に深雪と一緒に島を出れたのだろう


最後は深雪が幸せになったように
感じるのにスッキリしない読後感
弥生が冬に婚約者になる彼氏を
島に連れて来ても大丈夫なのか?
深雪が冬に連れてきたらいいと
したアドバイスが意味深だった
俊亜貴を連れてきたのが冬なのに…
もし、俊亜貴が殺されていたとして
全部を理解した上での発言なら
深雪に狂気を感じて恐ろしい
純粋に島の魅力の一つである雪(雪室)
を知ってもらう為だと思いたい


もっと深読みすれば雪菜は誰の子か?
深雪が島に戻って3度目の夏の時点で
1歳8カ月(わざわざ月齢まで記載)
最後に深雪が俊亜貴と関係を持った
タイミングからすると俊亜貴との子供
でも不思議ではない


ラストの深雪と義母の微笑みも怖い
真相は語られないが、ゾワゾワした
先の展開が気になって一気読みの1冊
秋吉作品は初読みでしたが大満足
島おこしの話も面白くて興味深かった
他の作品も是非読みたいと思います!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

dark-1936954__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ドロドロした話が読みたい
・巧みに構成された話が好き


あらすじ・内容
別居中の妻の潜伏先を察知した男が
対応に出た姉を撲殺した──
単純な事件と思われたが犯人は目撃されず
被害者の夫には別の家庭があった
数日後に男は出頭するが思わぬ展開に
強欲と憤怒に目がくららむ人間たち
因業に満ちた世界を描いた傑作ミステリー





-------------------

ネタバレ・感想
「鬼畜の家」が有名な深木章子
本作も元弁護士だけあって構成が凄い
読ませる力があり面白かった


プロローグ
廣田の殺人
楠原家の殺人
鷹尾家の殺人
衣更月家の一族
エピローグ


廣田の殺人まで読んだところで
これは短編集なのか?と錯覚した
プロローグが無ければ勘違いしてしまう

他の殺人事件とどう交わるのか?
全てが作者の仕掛けだった



廣田の殺人では“目撃者がいない
状況証拠からどんどん展開していく
春菜の夫・弘毅の指紋が凶器となった
花瓶から検出された事もあり弘毅が
容疑者とされた
そして、事件から数日後に出頭する


優子は夫を恨んでいた
→優子が凶器の包丁を購入
→弘毅を夫と間違い殺害を試みる
→弘毅の反撃により殺害される
→数日後に弘毅が出頭する


優子が死んでいるので真相は分からない
ただ、違和感が残る結末だった
刃物専門店で包丁を買ったのは優子か?
忘れ物の電話を掛けるのも怪しい
春菜が弘毅と協力して事件を起こしたと
推理したが動機が分からなかった



楠原家の殺人も面白かった
宝くじで当てた3億円を手にする為に
楠原になり代わったマンタだったが
何者かに殺されてしまう
残された麻貴はどうなるのか?
終盤で公衆電話から脅しの電話を
かけてきたのは誰なのか?
裁判まで起こしていた笹塚か?
先の展開が気になる終わり方だった



鷹尾家の殺人は耕介が切なかった
母親がいれば展開は違っていただろう
プー太郎にならなかっただろうし
両親を突き落として殺してないし
悪徳行為をする事はなかった
完全に歯車が狂ってしまった



衣更月家の一族は回答編になっている
これまでの殺人事件がどう繋がるのか?
衣更月家が絡んでいるのはタイトルから
想像はできるがどう関わっているのか?
読み進めると・・・・・





なんと!
全てが衣更月家の一族の事件
つまり、親戚間の醜い争いだった!
黒幕は春菜で全てを仕組んでいた
計算高く恐ろしい女だった((((゜д゜;))))


一つ一つの話自体はモヤモヤ感が残るが
それがパズルのピースのようにキレイに
そろっていく構成は圧巻だった
人間の欲や渦巻く醜い感情があらわに
なる様子はゾワゾワした
人間が持っているダークな感情は怖いが
どこか惹きつけられる魅力があった


終盤のシーンで金に執着する春菜と
全く興味のない耕介の対比も印象的だった
笹塚の金に対する執着もあったし
金には人間を狂わせる魔物がいた


各殺人事件にサスペンス要素があり
伏線の回収もしっかりしていた
登場人物は複雑で少し混乱したが

終盤の家系図があったので良かった(笑)
探偵榊原の謎解きが見事だった
今後の榊原の活躍にも期待したい
読み応えがあり楽した一冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ