サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: サスペンス

fittings-2784899__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ハラハラしたい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
〈死〉の匂いを感じる力を持つ刑事・香西
定年間近の彼はその力を手掛かりに
不審な失踪者の足取りを追いかける
そしてゴミ処理施設の真崎に辿り着く
端正な顔立ちのこの男が犯人なのか?
正義と悪の概念が覆されるミステリー!

 


-------------------


ネタバレ・感想
定年間近の香西が時効した少女殺害事件
を追いかけ犯人を追い詰めていく話かと
思いきや全然違って面白かった


〈死〉の匂いが分かるので犯人は分かる
犯人を予想する面白さが無いので
盛り上がりに欠けると思いきや・・・
ミステリー要素に加えてサスペンス要素
もありハラハラしたシーンも良い!


香西と「怪物」真崎の攻防戦や心理戦
から目が離せず一気読みでした
中でもハラハラしたのは堂島の死体を処理
する為に真崎に交渉を持ちかけるシーン
香西に感情移入しながら読んでいたので
真崎がどう出るかドキドキした


他にも真崎と里紗が接触して処理施設に
一緒に入っていく展開も目が離せない
香西は里紗が殺されると考えて尾行する
真崎の押している台車の中身を確認する
シーンも手に汗握る展開でページを
捲る手が止まらない


〈死〉の匂いの力で真相に迫る香西
しかし、真崎は頭の回転が早く対応する
香西の捜査や尾行に対しても罠を張り
ことごとく香西の追求をかわしていく
この二人の攻防戦が最高に面白い



真崎が全てを誘導し、香西の動きを
楽しんでいる余裕さえもあった!!
真崎恐るべし((((゜д゜;))))



当初は正義感から真崎を追いかけるが
次第には里紗の為を思い行動する
そして、それが一線を越えてしまう
香西自身が「怪物」になってしまった


おそらく三園はこれから「怪物」たちに
殺され溶かされてしまうだろう
勘の鋭い石川が気付かない事を願う
続きが気になるので続編を書いて欲しい
(できたら石川目線で)


パターンA
三園が「怪物」たちに殺される
→香西が育てた石川が気付き捜査
→真崎・香西らと攻防戦を繰り返す
→次第に香西が人間の心を取り戻す
→香西自首し罪を償う


パターンB
三園が「怪物」たちに殺される
→香西が育てた石川が気付き捜査
→真崎・香西らと攻防戦を繰り返す
→石川も「怪物」になってしまう
→警察内部の情報を利用
→堂島の様な悪人を裁いていく


どっちも面白そうだがパターンB
の方が展開が広がりそう
いいキャラの石川が活躍して欲しい
サクサク読めるし心理描写も丁寧
先の展開も常に気になり一気読み
香西の設定も斬新で面白かった
とても満足な1冊でした(*^_^*)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

car-1531273__480



こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・一気読みしたい
・スピード感ある話が好き



あらすじ・内容
2人の少女を惨殺した殺人鬼の命に
10億の賞金が懸けられた
いつ、どこで、誰が襲ってくるか予測が
つかない中、福岡から東京までね輸送を
命じられた5人の警察官
命を懸けて「人間の屑」の盾になることに
どんな意味があるのか?任務、正義
その狭間で男たちは別々の道を歩き出す
緊迫のエンターテイメント!





-------------------


ネタバレ・感想
まず、設定が面白い
資産家の孫が殺され、卑劣な犯罪者
である清丸に10億の値が付く
警察官でSPの銘苅は葛藤しながらも
命懸けで任務を遂行していく
 

10億の賞金が懸けられているので
いつ、誰が襲ってくるか分からない
序盤から犯罪者の清丸は命を狙われる

・匿っていた仲間
・拘置所の警察官
・運ばれた病院の看護師

警察官からも命を狙われ
仲間の中にも内通者がいて
本当に誰を信じていいか分からない
先の展開が気になり一気読み
福岡から東京までの輸送はトラブル続き


護送車での輸送(パトカー警備付)
→トラックから襲われる

航空機での輸送
→航空機に細工がされ不可

新幹線での輸送
→GPS で位置情報が漏れる


結局、移動手段を新幹線から車へ変更
タクシー運転手の助けもあり
銘苅は何とか任務を成功させる
スリリングな展開の連続で面白かった


銘苅の主観で描かれており
葛藤、正義、任務、人間らしさ等
色々と考えさせられる作品だった
なぜ犠牲を払いながらも清丸を
守らないといけないのか?
何の為に守るのか?正義とは?

・社会のルールを厳守する事
・自身の感情に素直に行動する事
・法律に従い卑劣な犯罪者を守る事
・その法律によって犯罪者を裁く事


結局、答えは作中では出なかった
疑心暗鬼の中で葛藤しながらの任務
心身共にボロボロにり揺れ動く心理
自分が銘苅ならどうしただろうか?
想像するだけでも疲れてしまう
最後まで反省しない清丸が生き残り
巻き込まれた人たちが犠牲にあうのは
スッキリしないし憤りを感じた


読みやすく緊張感やスピード感があり
作品に引きずり込まれた1冊でした


映画化もされています
銘苅・・・大沢たかお
清丸・・・藤原竜也
白岩・・・松嶋菜々子
壮大スケールのアクションに加え
大沢たかおの熱演と藤原竜也の怪演
気になる方はご覧下さい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

baby-1151351__340


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・どんでん返しが好き
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
京都の医大に勤める主人公の秋沢宗一
同僚の結婚式で偶然、13年前の恋人の
亜木帆一二三に出会う
不思議な事に彼女は未だに20代の若さ
と美貌を持つ別人になっていた
昔の激しい恋情が甦った秋沢は彼女が
頭から離れなくなり彼女の周辺を探る
そこで、驚くべき事実を知り驚愕する
彼女が愛した男たちが、次々と謎の死を
遂げていた・・・・・
一気読み必至のサスペンスミステリー!







-------------------

ネタバレ・感想
帯の「このどんでん返しに気づいたとき
あなたは、間違いなく号泣する」
が目に留まり読み始めた

読み終えた後は号泣しなかったが
なかなか面白く楽しめた


同僚の結婚式で宗一は一二三と再会
しかし、一二三は同一人物とは思えない


・13年間で何があったのか?
・そもそも一二三は本物か?
・偽物なら本物の一二三はどこに?


宗一は一二三が気になり調査を始める
そこで出てくる新たな謎
先の展開が気になり一気読み


まず、一二三の若さはあり得ないので
別人がなりすましていると予想
また、一二三の周りの謎の死の裏には
協力者がいるところまでは推理できた
協力者はおそらく向井で一二三(本物)は
どうなったのか?




読み進めると・・・
向井が本物の一二三だった!!
(レイカが一二三になりすまし)
向井は謎の部分が多かったし
江真が週末にお泊まりしてるし
手の込んだ料理を作ってあげてるし
本当の親子と考えればしっくりくる


江真の病気の為に、自分の全てを捨て
保険金目当ての殺人を犯し金を貯めていた
一二三(向井)が自殺を選択するのは
自身に保険金を掛けていたからだろうが
この終わり方は納得がいかない


娘の成長を見届けたかっただろうし
江真が本物の母親を知らずに終わる
ところもさみしかった
江真と一二三(向井)の会話を読み返すと
せつなくて考えさせられる話だった


一二三の執念と愛が凄まじい((((゜д゜;))))
病気で亡くなった夫・イアンへの想い
病気の遺伝が予想される江真への愛
イアンの亡くなる様子を見ていただけに
娘だけは絶対に助けたかったのだろう


一二三は宗一とレイカに江真を託す
レイカはずっと想っていた宗一と一緒になり
未来に希望を持たせる終わり方だった
決して簡単ではないが江真には幸せに
なってほしいと思った

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

pocket-watch-3156771__480


こんな人にオススメ
・騙されたい
・一気読みしたい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
婚約者の里美を事故で失った漫画家の陣内
衝撃のあまり、連載中の漫画のヒロインを
作中で殺してしまう
ファンからは罵倒の嵐だったが
その中に里美の死を予知する手紙があった
送り主の神崎とは何者なのか?
本当に予知能力などあるのか?
失われれた恋人への狂おしい想いの果てに
陣内がたどり着く予測不能の真実
最後の1ページではどんでん返しが!


 


-------------------


ネタバレ・感想
里美の死を予知した手紙から物語が加速
手紙の消印は事故の数日前だった
その為、陣内は手紙の送り主・神崎に
興味を持ち接触を試みる


最初は神崎の予知に対して懐疑的だったが
他にも予知を的中させて次第に信じていく
神崎の予知能力は本物なのか?
このあたりから先が気になり一気読み


また、陣内以外の視点でも描かれている
フリーターで漫画のファンである三好
勝ち組の陣内と負け組の三好
婚約者を亡くして失意の陣内と
彼女はいるが惰性で付き合っている三好
この対比する2人の戦いも物語の軸になる


ここから物語を解説していきます
まず、手紙の消印の謎は偽造すれば可能
事故が起こった後に手紙を作成
・作成した手紙を直接を持って行く
・手紙が届くまでの郵送時間を利用


神崎のマンションで予知した事故が
起きた事で神崎が怪しいと予想できた
映画館での事故で完全に陣内は信じたが
あれも神崎が仕込んでいれば可能
(実際に映画館近くで神崎と遭遇している) 


終盤のシーンでも読み応えがあった
陣内を殺そうとする三好だったが
神崎の助けもあり防ぐ事ができた
ここで助かったと安堵するも・・・



三好と一緒に神崎の部屋を訪れていた
細野も陣内に襲いかかってくる!
この時も神崎の助けで何とか凌ぐ事に成功
日付が変わり完全に安心しきる陣内
しかし、背中に熱い違和感を感じる
何と!仲間だと思っていた神崎から
包丁で刺されてしまいます
流石に浦賀和宏は簡単には終わらせない
最後まで読者を楽しませてくれます

神崎は旧姓で陣内が過去に付き合っていた
女性の母親でした
陣内に捨てられた事が原因で自殺した娘の
復讐を実行していた((((゜д゜;))))
漫画本の裏には復讐の為の本がズラリ
神崎の執念が凄まじく怖かった
予知能力を信じさせる為に罪を犯すし
タイトル通りに壊れていた


三好も漫画のヒロインが死んだという
理由で作者を殺そうとするし壊れていた
タイトルがしっくりきました




陣内が刺されてストーリーが終わるかと
思いきや、最後に最大のどんでん返しが!

プロローグとエピローグだけが現実
で本物の予知能力者は里美でした!!


これは予測できなかった
今回も浦賀作品に騙されました
最後に里美が電話をかけたのは誰なのか?
里美は予知を回避できるのか?
今回も大満足の浦賀作品でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

school-375976__340


こんな人にオススメ
・騙されたい
・イヤミスを読みたい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
高校の同窓会で再会した親友4人組
高校時代に自分達へ体罰を与えた教師
樫村へ仕返しの計画を立てる
(拉致して懲らしめ、スッキリする悪戯)
計画を実行し満足した4人だったが・・・
明くる日、樫村は死体となって発見され
自体は予期せぬ方向へ動きだす!
4人のうち誰が樫村を殺したのか?
洋輔は疑心暗鬼の中で犯人を探していく
どんでん返しミステリー!

 


-------------------

ネタバレ・感想
高校の同窓会で再会した4人組の親友
暴力教師、樫村へ仕返しを計画する
計画を実行して満足するが・・・
樫村は別の場所では死体で発見される
序盤から物語に引き込まれる

誰が樫村を殺したのか?
疑心暗鬼になる親友4人組
樫村を動かすのは1人じゃ難しい為
仲間の内、2人は殺人に関わっている
いったい誰が犯人なのか?


洋輔
・主人公で営業マン
・昔、兄(雅之)を事故で亡くしている
・たまに二重人格を思わせる会話あり

八真人
・洋輔が信頼する親友
・真面目で美男子
・高校時代に真理と付き合っていた

希一
・皆川不動産の若専務
・傍若無人な性格

和康
・小心者のフリーター
・樫村事件後に何者かに刺殺される

美郷
・同級生で洋輔の恋人

真理
・同級生で八真人の彼女だった
・高校時代に自殺している

ジョージ
・父親と浮気相手を串刺しにした噂あり
・都市伝説になっている

ストーカー男
・洋輔と美郷が付き合うきっかけになる
・ちょくちょく登場する謎の男


中盤まで読んで怪しいのは
主人公の洋輔とストーカー男
洋輔は二重人格のような描写が怪しく
ストーカー男とは溜め池で遭遇するし
美郷と繋がっているのも怪しかった
犯人は別人格の洋輔とストーカー男
の2人と予想するも・・・







予想は見事にハズレ(笑)






事件の真相はというと
樫村を殺人したのは・・・
ジョージ(ストーカー男)と美郷だった!
ジョージとストーカー男は同一人物で
真理の兄だった
動機は真理の仇を打ち復讐する事
真理は希一や和康に強姦されており
その復讐を実行していた
(八真人と洋輔は関わっているか分からず、
その事を調べる為に洋輔に近づいていた
八真人はクロで洋輔はシロだった)


現状が理解できない洋輔だったが
更なる事実をジョージから告げられる
洋輔の兄の事故ではなく
八真人が川に突き落としていた!


事件の流れとしては
八真人が盗撮騒ぎを起こす
→洋輔の兄(雅之)が居合わせていた
→八真人は雅之に逆らえなくなる
→八真人が雅之を突き落とす
→しかし、その瞬間を希一が見ていた
→八真人は希一に絶対服従
→八真人は秘密を洋輔に隠していた



ラストシーンでは
洋輔の目の前には縛られた希一と八真人
兄えもんが希一を突き落とす

洋輔は感情を遮断して八真人を突き落とす
激しい水音を立て八真人は水底へ
洋輔の泣きたい心情で物語は終焉する


・二重人格のミスリード(まさかの兄えもん)
・叙述トリック(ジョージの存在)
・どんでん返し(兄の事故の真相)
・イヤミスなラストシーン(救いが無い)


お腹いっぱいで満足な1冊でした
二重人格を匂わせながらの展開は見事!
伏線もしっかり回収されます

主人公と兄えもん以外悪いヤツばかり(笑)
結末は全く予想外で驚きました
結局、美郷が一番怖かった((((゜д゜;))))



ドラマ化もされています
洋輔・溝端淳平
美郷・瀧本美織
八真人・廣瀬智紀
ジョージ・永井大


原作のラストは流石に放送できない為
流石に原作とは違います

ドラマでは洋輔に情が湧いた美郷
→美郷がジョージに反撃する
→八真人、洋輔、美郷は逃げる
→八真人がジョージに殺される
→ジョージが美郷を殺そうとする
→ジョージ、美郷、洋輔揉み合いになる
→美郷がジョージを屋上から突き落とす
→美郷逮捕される(懲役20年)
→用意は美郷の釈放を待つと決意する

これでも原作と比べればハッピーエンド
ドラマは救いがあるラストになってます

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ