サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: サスペンス

apartment-2094699__480



こんな人にオススメ
・ゾワゾワしたい
・名字が高橋の人
・不思議な話が好き


あらすじ・内容
高橋芙美子は競売物件を落札して
マイホームを手に入れた
偶然にも前住人も同じ“高橋”だった為
表札はそのまま利用していた
新生活は穏やかに過ぎていったが
ある日、「ただいま」と見知らぬ男が現れる
男は先住ね高橋家の長男だった
男は消えたが、翌日、二階で“ガリガリ”
と不気味な音がしていた・・・・・
幸福な「高橋」家に襲いかかる「高橋」家の影
戦慄のホラーサスペンス!

 



-------------------


ネタバレ・感想
まず、芙美子がお人好し過ぎて理解不能
見知らぬ人を家に入れる危機感の無さ
緊急時とはいえ高橋篤に留守番させるし
芙美子と亮太に危害が無かったから
良かったが危うさにイライラした


雪絵の登場シーンは怖かった
「見知らぬ黒髪の女達が砂壁を食らう」
実際に家にいたら怖すぎる((((゚д゚;))))
警察を呼ぶのが普通だと思うが
クッキーをあげて世話してるし(笑)
芙美子もある意味怖かった


芙美子視点だった為、登場人物が話を
信じない怖さもあったし
話通じない雪絵との会話ゾワゾワした
雪絵の予知夢の能力は半信半疑だったが
話が進むに連れて信憑性が増していく
終盤、黄色いランドセルカバーで
“高橋”の名札を付けた男の子がさらわれる
予知夢は気味が悪かった
幸い芙美子の息子・亮太が小学1年生の時は
夫の海外赴任地のシカゴに家族でいたので
事件に巻き込まれる事は無くて良かった


エピローグでは驚く事があった!
芙美子はシカゴに家族で行ったので
家を滝本という老人に売っていた
赴任地のシカゴから日本に戻った時
家が気になり見に行くと表札は“高橋”
のままだった
何と!先住の高橋篤の妹である美咲が
買い戻していた
(滝本の介護をしていた美咲が遺産相続
をしない代わりに家を手に入れていた)
しかも、近所をうろついていた雪絵と
意気投合して雪絵を養子縁組をして
一緒に暮らしていた


雪絵の執念も怖いし
雪絵が“高橋”家になっているのも怖い
そして、雪絵は男の子を出産していた
この男の子が雪絵の予知夢の男の子に
ならない事を願いたい


サクサク展開して読みやすかった
雪絵の登場シーンは映像化したら
インパクトがあって面白くなりそう
タイトルの「もう一度住みたい」は
美咲だけでなく雪絵の思いでもあった
家をテーマにした話でサスペンス要素
に加えホラーなシーンも楽しめた
予知夢の能力など不思議な感じもあり
世にも奇妙な物語みたいな話でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

japanese-cherry-blossom-1839982__480



こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ドロドロした話が好き
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
貧乏くじを引き続けた女に一発逆転の
チャンス到来か!?
前夫のために全てを失った川村奈緒は
資産家で思い病気を患う鬼沢丈太朗の
住み込み看護師として働き始める
鬼沢を取り巻く家族は、莫大な遺産を
狙って欲をむき出しにする者ばかり
呆れる奈緒だっが、彼女にも遺産相続の
チャンスが訪れる
しかし、それは罠かもしれなかった
第27回横溝正史ミステリ大賞受賞作!
-------------------

ネタバレ・感想
遺産相続に巻き込まれた看護師の奈緒
親族も弁護士も家政婦までも怪しい
展開が気になり一気読みでした
登場人物はクセのある者ばかり
誰と誰が組んでいるのか推理しながら
読むのは面白かった



・ブランド好きで浪費家の長女(京子)
・売れない画家の次女(洋子)
・気弱な長男(淳一)とその妻(美恵子)
・引きこもりの孫(宏)
・認知した息子(恵太)
・次女と不倫している弁護士(遠山)
・噂好きの家政婦(よし子)
・幼なじみの医師(山崎)


奈緒は丈太朗と衝突しながらも職務を
完璧にこなし、徐々に信頼を得ていく
遺産のうち500万円を相続する遺言が
作成されるまでになった



遺産目当ての家族とは違い
丈太朗は自分の体の事を第一に思う奈緒に
好感を持ち次第に惹かれていく
その事にいち早く気づいた恵太は
「奈緒を結婚させて遺産を山分けする」
という驚きの計画を立て準備を進める
奈緒もこの計画を遂行していく
そして、遂に丈太朗からのプロポーズを受ける事に成功する!


ここからの展開が面白かった
奈緒は前夫との籍を抜いたばかりの為
すぐには結婚できない
女性は離婚してから180日は再婚できない
(2016年に法改正されて現在は100日)
なので、この期間を上手く乗り越えて
籍を入れなければ遺産は貰えない
丈太朗の健康状態にも気をつけながら
誰にもバレないように過ごす日々は
かなりドキドキした


無事、再婚禁止期間をクリアして
奈緒は恵太に婚姻届けを託す
全てが上手くいき安堵する奈緒


しかし、親族が集まった花見で事件が!
丈太朗がアレルギーを起こし死亡してしまう
親族は丈太朗と奈緒が結婚している事を
知らないので奈緒が疑われてしまう
警察にも結婚している事を言えない奈緒
この期間の奈緒は生きた心地がしなかった
だろうし、読んでいてハラハラした


しかし、葬儀が終わった後に驚くべき
事が判明する!!何と・・・・



奈緒と丈太朗の籍は入っていなかった!
(((゜д゜;))))!?



これには驚いた!
黒幕は恵太だったのか?
奈緒の反応を楽しんでいたのか?
いいヤツと思っていたのに
ただ、通夜での反応に違和感あり
何故か恵太は怒っている様子だった
読み進めると真相が明らかになる



婚姻問題について
奈緒が前夫との離婚届を出す
→離婚届成立
→前夫が勝手に婚姻届を出す
→婚姻成立(再婚なのですぐ成立)
→恵太が婚姻届を出す
→奈緒は重婚になるので受理されず
→恵太と奈緒は互いに騙されたと思っていた


殺人事件について
丈太朗の孫である宏が逮捕されていたが
美恵子が犯行を自供して逮捕される
入れ歯の洗浄液にソバ粉を混入させ
アナフィラキシーショックで死亡させた
病死を偽装した殺人は成功したに見えたが
奈緒の発言から警察が疑問を持ち
解剖した結果、事件が発覚した
動機は体調が悪い夫の淳一が丈太朗より
先に死んでしまった場合、自身に遺産が
1円も入らないからだった
美恵子は山崎医師と組んで犯行を実行
見返りに金銭援助を受けていた



タイトル通りに誤算だらけだった
まとめてみると

・奈緒
丈太朗の遺産の半分を貰うハズが失敗
結局当初の500万円も貰えず


・恵太
奈緒と組んでの計画は成功したかと
思いきや重婚の為に失敗


・美恵子
丈太朗殺害を病死に見せかけるも
奈緒の発言から失敗し息子が逮捕される
自首するハメになる


・山崎医師
美恵子同様に病死に見せかけるも失敗
金銭援助が途絶えてしまう


・遠山弁護士
洋子を宏の後継人にしようとしたが
宏は恵太と親しくなり失敗
他の浮気相手が発覚し洋子との関係悪化


結局、誤算なしで成功したのは
家政婦のよし子だけだった
終始に渡り上手く立ち回っていた
京子には家の中での情報を提供し
お古ではあるがブランド品を手にする
丈太朗からは遺言の500万を得る
噂好きで八方美人の嫌なおばさんと
思っていたが、以外にいいキャラで
物語のアクセントになっていた


恵太はチャラいが憎めないキャラだった
宏のおかげで真面目に働き出したし
開店する店は上手くいく事を願う
そして、美恵子と恵太はくっついて
互いに幸せせに過ごして欲しい


物語の展開が見事で伏線回収も良かった
ミステリーよりもサスペンス要素が強く
奈緒の心理描写ではハラハラを楽しめた
一歩間違っていたら冤罪で捕まっていた
皮肉にも前夫に助けられていた
松下麻理緒は初読みだったが大満足
他の作品も読んでみようと思います

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

cave-5229670__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ハラハラする話が好き
・リアルな描写を楽しみたい


あらすじ・内容
水没するまでのタイムリミットは約5時間
それまでに洞窟に閉じ込められた調査隊
を助け出さなければ──
「もう同じ過ちは繰り返さない」
強い決意を秘めたケイブダイバーの
東馬は単身で救助に向かう
大きな闇に包まれた洞窟には5年前の
事件の真相と殺人犯が潜んでいた
一気読み必至の緊迫の冒険ミステリー!
第50回江戸川乱歩賞受賞作





-------------------


ネタバレ・感想
まず、ケイビングという洞窟探検がある
ことを全く知らなかった
主人公・東馬は過去に自身だけ助かった
経験があり、贖罪の念で救助に向かう


洞窟の中なので暗くて狭い
しかも、雨によって洞窟内の水位は上昇
時間との闘いが緊迫感を加速させる


ミステリー要素として伏線はしっかり
張っていて犯人の推理はしやすかった
メインは洞窟からの脱出劇の方だった


満身創痍で精神的にもギリギリの状態で
厳しい行動を強いられるの東馬たち
手に汗握る展開の連続で読んでいて疲れた
本当に過酷で怖かった((((゜д゜;))))


犯人と暗闇の中で対峙するシーンは
かなりハラハラして良かった
相手は拳銃を持っているし、秘密を知った
東馬たちを口封じの為に殺そうとする
音を立てられない中での攻防は見物だった


ラストは弥生たちを助けて東馬自身も
ビーコンを使って九死に一生を得る
諦めそうになった時に健一郎が出てきて
助けてくれた所は感動した
東馬や弥生が助かって本当に良かった


ただ、10年前に閉じ込められた犬が
生きているのは少し無理がある
雨が降れば水没する場所で食糧も無い
流石にこれは設定が厳しい
ダイナマイトも上手く行き過ぎで
そんなに簡単にいかないと思った
しかしながら、設定の無理を差し引いても
面白く楽しめました


拳銃を持っているのは誰なのか?
目的は何なのか?黒幕は?
緊迫感が凄く一気読み必至の1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

bottle-1503897__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・イヤミスが読みたい
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
ホームレスになってしまった「ボク」は
食料を探していた神社で小学生の麻由
から弁当を渡される
巧妙な「餌付け」の結果うまれた共犯関係
は運命を転落させてゆく
見せかけの善意に隠された嫉妬・嘲笑・打算
が醜くこぼれ落ちるとき、人は自分を
守ることができるのか!?

 


-------------------


ネタバレ・感想
荷物をひったくられホームレスになった
「ボク」が小学生に餌付けされる
導入部から物語に引き込まれてしまう
一人称が「ボク」で描かれているが何か
違和感を感じてしまう


小学生の女の子は怖いハズなのに
ホームレスと接触することができるのか?

そもそも「ボク」はホームレスになり
逃亡してる理由は何なのか?


先の展開が気になり一気読み
心理描写が丁寧で感情移入してしまう
読書時ちょうどダイエット中だったので
「ボク」の空腹のつらさを共感した(笑)
極限状態で弁当や食べ物を貰えば
小学生の言うことを聞いてしまうだろう
しかし、睡眠薬を食べ物に入れるという
行為で「ボク」は小学生を殺してしまう
第一章の教唆では小学生の狡猾さを感じた
状況によっては立場は一気に変わる怖さ
や心の闇や深さで思い雰囲気だった
美希子が持っていた槌屋麻由のリックの
伏線は回収して欲しかった
バレないように偽名を使うくらいだから
家にあった貰いものを使ったんだろう




第二章の隠匿で「ボク」の正体が分かる
「ボク」は男ではなく、女だった
ここでようやく違和感の謎が解ける
この章は律子の視点で描かれている
匿った知実がバレないかハラハラした


警察の取り調べのシーンは緊張感があった
カイロの指紋から知実の関与が発覚し
警察が徐々に律子の周囲をマークし始める
律子の精神が衰退していく様子が
痛々しくもあり、読んでいて疲れた




第三章の転落では知実の狡猾さや執念
人の善意の裏にある悪意が描かれている
被害者である律子が加害者の知実を匿った
理由がようやく明らかになる

何と、息子を殺したのは知実ではなく
律子で知実は身代わりになっていた!

知実が殺していないと推理していたが
これは予測できなかった
また、叙述トリックのミステリーに目が
行きがちだが、メインは子供を失った
母親の苦悩と転落を描いたダークな物語


律子は今後どうなるのか?
罪を償って穏やかに生きて欲しい
心理描写が見事に描かれた1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

fittings-2784899__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ハラハラしたい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
〈死〉の匂いを感じる力を持つ刑事・香西
定年間近の彼はその力を手掛かりに
不審な失踪者の足取りを追いかける
そしてゴミ処理施設の真崎に辿り着く
端正な顔立ちのこの男が犯人なのか?
正義と悪の概念が覆されるミステリー!

 


-------------------


ネタバレ・感想
定年間近の香西が時効した少女殺害事件
を追いかけ犯人を追い詰めていく話かと
思いきや全然違って面白かった


〈死〉の匂いが分かるので犯人は分かる
犯人を予想する面白さが無いので
盛り上がりに欠けると思いきや・・・
ミステリー要素に加えてサスペンス要素
もありハラハラしたシーンも良い!


香西と「怪物」真崎の攻防戦や心理戦
から目が離せず一気読みでした
中でもハラハラしたのは堂島の死体を処理
する為に真崎に交渉を持ちかけるシーン
香西に感情移入しながら読んでいたので
真崎がどう出るかドキドキした


他にも真崎と里紗が接触して処理施設に
一緒に入っていく展開も目が離せない
香西は里紗が殺されると考えて尾行する
真崎の押している台車の中身を確認する
シーンも手に汗握る展開でページを
捲る手が止まらない


〈死〉の匂いの力で真相に迫る香西
しかし、真崎は頭の回転が早く対応する
香西の捜査や尾行に対しても罠を張り
ことごとく香西の追求をかわしていく
この二人の攻防戦が最高に面白い



真崎が全てを誘導し、香西の動きを
楽しんでいる余裕さえもあった!!
真崎恐るべし((((゜д゜;))))



当初は正義感から真崎を追いかけるが
次第には里紗の為を思い行動する
そして、それが一線を越えてしまう
香西自身が「怪物」になってしまった


おそらく三園はこれから「怪物」たちに
殺され溶かされてしまうだろう
勘の鋭い石川が気付かない事を願う
続きが気になるので続編を書いて欲しい
(できたら石川目線で)


パターンA
三園が「怪物」たちに殺される
→香西が育てた石川が気付き捜査
→真崎・香西らと攻防戦を繰り返す
→次第に香西が人間の心を取り戻す
→香西自首し罪を償う


パターンB
三園が「怪物」たちに殺される
→香西が育てた石川が気付き捜査
→真崎・香西らと攻防戦を繰り返す
→石川も「怪物」になってしまう
→警察内部の情報を利用
→堂島の様な悪人を裁いていく


どっちも面白そうだがパターンB
の方が展開が広がりそう
いいキャラの石川が活躍して欲しい
サクサク読めるし心理描写も丁寧
先の展開も常に気になり一気読み
香西の設定も斬新で面白かった
とても満足な1冊でした(*^_^*)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ