サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: サスペンス

moon-597336__480


こんな人にオススメ
・自分の本当の居場所が分からない
・お金と依存がテーマの話を読みたい
・繊細な心理描写を楽しみたい



あらすじ・内容
結婚を機に家庭に入った梨花は幸せな日々
を過ごすが、次第に窮屈さを覚える
気持ちも同様に暗くなっていく

友人の中条亜紀の勧めで再び働きに出ると
仕事は楽しく性格も明るさを取り戻す
しかし、夫は梨花が働く事が面白くない
小さな違和感が重なりすれ違いになる

そんな日常が続いている時に
顧客である平林浩三の孫、光太に出会う
そして光太に惹かれ親密になっていく

梨花はある日、「後で返せばいい」と
軽い気持ちで顧客の金を使ってしまう
そから梨花の金銭感覚は狂い始める
正義感の強い彼女がなぜ横領したのか?

お金と愛に溺れていくストーリー





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
化粧品の立替で5万円を「借りる」から始まり
「1億円横領」へと主人公が墜ちていく
誰もが一歩間違えればありえる物語

すぐに返済するからちょっとだけ・・・
という安易な考えから一線を越える

手に入れた現実を失いたくがない為に
不正を繰り返し罪悪感が無くなる
金銭感覚もマヒしてどんどん狂っていく



「ここにいる自分は自分の一部であって
 本当の自分ではない」



という梨花の思いは誰もが感じる感情
自分らしく、イキイキと生活する事が
大切だと思いしらされる

もし、銀行で働いていなかったら
もし、夫婦生活が上手くいっていたら
もし、光太と出会わなかったら
もし、横領をしてなかったら

たらればの話になれば切りが無いが
様々な事が重なり悪い方向に話が進む

金銭感覚がおかしくなり、とうとう
顧客の定期預金を偽造していく
上司の井上と同行し顧客を訪問するシーン
偽造がバレないかとハラハラしました
心理描写が上手くて読んでいて面白かった

偽造を繰り返し罪悪感は無くなる
正常な判断も出来なくなっていく
自由を求めていたのに不自由になっていく

サブストーリーでは梨花を知る人も
お金に振り回されている
お金は人を惹きつけ、狂わせる
幸せになる為にはお金は必然だが
執着し過ぎると大切なものが見えなくなる

格差がどんどん広がっている昨今
ほんとうの幸せとは何なのかと考えた


角田光代は「八日目の蝉」以来でした
物語が映像として浮かんできます
ストーリーもリアリティがありました
他の作品も読んでみたいです

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


woman-1006100_1280


こんな人にオススメ
・リアルな心理描写を読みたい
・感情移入する作品が好き
・やっぱりダークな雫井作品だ!



あらすじ・内容
建築家の石川一登は妻と兄妹の4人家族
平凡な暮らしをしていたのだが・・・
しかし、高校生の息子の友人が殺害され
同じ時期から息子が行方不明になる
関係者で行方不明者は3人
目撃者より逃走した犯人は2人
息子は加害者か被害者か?
息子への望みを描くサスペンスミステリー

 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
息子が加害者であれば犯罪者の家族として
世間から見られ今までの生活は崩壊する
被害者であれば息子は殺されている
どっちに転んでもバッドエンド
重い話だが息子の規士の安否が気になり
ページをどんどんめくってしまった

タイトルの「望み」の意味は重く
揺れ動く父母の葛藤がリアルだった

父親の立場で感情移入しながら読んだ
息子が被害者の場合、家族は救われる
息子が加害者でないと信じたい

一方、母は加害者でも生きていて欲しい
生きている事を信じ弁当の準備をする
自分が家族を支えるとい強さがあった

家族が加害者の物語はよくあるが
本作は終盤までどちらか分からない
最後は切ない結末になるが面白い作品

息子が持っていったと思われたナイフが
部屋で見つかった時、父は息子の死を確信
息子を信じる事ができなかった自分を責めた

自分の意思でナイフを置いていく判断を
した息子の規士は偉いと思った
これが息子が残した最後のメッセージに

父、母、妹の気持ちが痛い程分かり
終盤は涙が溢れた

息子の部屋でナイフを見つけた時の
父、一登の「馬鹿野郎・・・・・・」

母、貴代美の
「私は・・・・・・私は規士に助けられました」

繊細な心理描写で心を揺さぶられ
色々と考えさせらる作品でした


雫井脩介は「火の粉」以来でしたが
続きの展開が気になり一気読みしました

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村





hammer-802298__480

こんな人にオススメ
・正義と悪の対決が好き
・イヤミスが読みたい
・気になる展開を一気読みしたい


あらすじ・内容
平凡な家庭で育った小学生の圭輔
ある不幸な事故をきっかけに遠縁で
同級生の達也と生活をする事に
過酷な思春期を送った圭輔は弁護士に
しかし、逮捕された達也からの
依頼が舞い込んでくる
裁判を弄び利用する達也の巧妙な罠!
圭輔はこの悪に対抗できるのか?
衝撃と断罪のサスペンスミステリー

 
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
まず達也が悪人過ぎて胸糞悪い

圭輔は達也に振り回されます
狡猾でずる賢く序盤は読んで嫌になる
しかし、中盤以降は次の展開が気になり
ページをめくる手が止まらず一気読み!


大人になり圭輔は弁護士になる
達也が逮捕され圭輔が弁護を引き受ける事に
これも達也が圭輔を落とし入れる作戦だった

圭輔は寿人と協力して真相に近づいていく
伏線を次々と回収してスッキリします
中学時代に寿人と出会ってよかった
読み進むと寿人も何か隠してる様子があり
寿人だけは裏切るなよと思ってました
圭輔は本当によく頑張った!

ミステリーで主人公に完全に肩入れし
読みながら圭輔に感情移入しました

人の心を簡単に操る達也
本当に嫌なヤツだった
達也にはもっと大きな代償が欲しかった
読んでいて嫌悪感がどんどん出るが
最後まで読まずにはいられない作品

火事の原因であるタバコは誰か?
これだけが作品中では解明されない
(圭輔であったとしても達也が悪いが)
これは達也だったと示して欲しかった


圭輔と真琴の今後や寿人の活躍など
続編が出たら面白そう
ただ、達也と道子は出ないで欲しいw




伊岡瞬 作品は初めてでしたが大満足!
一気読みさせられる面白い作品です
他の作品も読みたくなりました

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ