サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: 恋愛・純愛

moon-416973__480



こんな人にオススメ
・騙されたい
・ミステリーが読みたい
・緻密に作られた話が好き


あらすじ・内容
お腹の子の父親はあなたよ──
別荘にある塔から転落死した社長令嬢・香織
悲劇が起きたのは、ある小説のゲーム化を
する企画メンバー8人が集まった夜だった
父親は誰なのか?彼女の死の理由は?
激しい恋が迷い込んだ先の暗闇を描いた
“謎解き恋愛ミステリー”




-------------------

ネタバレ・感想
序盤に香織が男から抱き上げられ
塔から落とされて殺害される
誰が殺したのか?父親は誰なのか?


タイトル通りに序章と終章の間に
何度も繰り返される「断章」
時系列がぐちゃぐちゃで少し読みにくいが
この仕掛けが後から効いてくる


物語は天童と辰巳が香織の兄・秀一から
香織の死の真相を調べるよう依頼され
天童と辰巳が真相に迫っていく


乾くるみ作品だから何か仕掛けがあると
注意しながら読み進めた
辰巳は女のように描かれているが本当に
女なのか?実は男ではないのか?
(作中では途中まで性別が判断できない)
でも女ということが分かり犯人ではない
犯人は天童でお腹の子も天童と予想した



真相が分かるとトリックに驚いた!
物語をまとめてみると↓


【塔の序章】
塔から突き落とさたのは辰巳(カズミ)
叙述トリックで香織と思わせている

【塔の断章】
死ぬ前に辰巳が体験した走馬灯の記録

【塔の終章】
天童の子を妊娠した香織が辰巳に殺され
辰巳は天童に殺された事が描かれる
(辰巳は妊娠していない)


乾くるみのトリックに騙されないぞ
と思いながら読み進めたがこの序盤で
既に騙されていた(=_=)
【塔の序章】で香織が男に殺されたと
思い込み女の辰巳はノーマークだった
完全にミスリードされました



辰巳
「そう。(香織の子の)父親はあなただって─」

天童
「まさか、それであんた(辰巳)は─
(香織を殺したのか)

辰巳
「ねえ。どうにかならないの。
あなたの力で。じゃないと、
もうお終いじゃない。
(香織を殺した)わたしも──
(香織を妊娠させた)あなたも


読み返しても物語の破綻は無いし
とても楽しめた1冊でした
「イニシエーション・ラブ」や「リピート」
に出た天童も出てくるし良かった
今後の天童の暗躍にも期待したい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

robot-1797548__480



こんな人にオススメ
・緊迫した話が好き
・頭脳戦を楽しみたい
・切ない話が読みたい


あらすじ・内容
水野が所属する携帯アクセサリーの開発
チームが大ヒット商品を生み出した
だが、祝勝会の翌日に、リーダーの粕谷
が社内で不審な死を遂げてしまう
死因はニコチン中毒だった!
当初は事故と思われたが、水野は恋人の
早智恵が犯人である決定的な証拠を発見
してしまう
なぜ、彼女が・・・・・!?
人間のエゴと感情の相克を浮き彫りにする
傑作心理ミステリー




------------------


ネタバレ・感想
今回も石持ワールド全開で面白かった
終始、主人公の水野の視点で描かれる
もし、自分の恋人が殺人犯人だったら
どう行動するか考えながら読み進めた


登場人物
水野・・・・・主人公、早智恵と交際
早智恵・・・水野の恋人(ベイビーハンド)
粕谷・・・・・開発チームのリーダー
尼子・・・・・気配り上手(ベイビーハンド)
桜沢・・・・・勘が鋭い頭脳派
千鶴子・・・童顔のヘビースモーカー


序盤に粕谷が不審なニコチン中毒死を遂げ
恋人の早智恵の部屋のゴミ箱からタバコの
レシートが見つかる
早智恵はタバコを吸わないので事件に関係
している可能性が高いと水野は推理する


ここから水野は頭をフル回転させていく
恋人が殺人犯と思いながら過ごすのは
精神的にもつらし怖いのに落ち着いていた
早智恵の逮捕前に別れて犯人の元恋人で
いたいと保身に動こうとさえしていた
自分が同じ立場なら、しばらくは恋人の
動向に注意し、自分も殺される可能性が
あるので食事には特に警戒するだろう
神経をすり減らしてボロボロになっている


同僚の桜沢の推理力は見事
いいキャラで作品に深みが出たし
水野とのディスカッションでは石持作品
の醍醐味を十分楽しめて大満足
犯人が分からない中、独自の感覚で
真相に迫っていくのは読み応えがあった 


犯人の動機は推理しやすく石持作品
にしてはしっかりしている
早智恵の罪を重ねる冷静さは恐ろしく
憎しみの強さを感じた
殺したい人と一緒に仕事や飲み会をしたり
早智恵は本当につらかっただろう
殺人の動機も水野との恋愛も切なかった


終盤の水野と早智恵との会話で
「僕は君を愛している。
でも、君がいなくても平気だ
ここでミステリーから恋愛小説に変わる
最後まで楽しめた1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

fresh-green-3438048__480



こんな人にオススメ
・心理戦が好き
・一気読みしたい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
舞台はアパートの一室
別々の道を歩む事が決まった男女が
最後の夜を徹して語り合う
初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計
そしてあの男の後ろ姿・・・
共有した過去の風景に少しずつ違和感
が混じり始める
濃密な心理戦の果てに、朝日と共に
訪れる信実とは!
不思議な胸騒ぎと開放感が満ちる一冊





-------------------


ネタバレ・感想
アパートの一室を舞台にした心理戦
高橋千浩と藤本千明の語り手で展開する
序盤では二人の関係性は分からず
おそらく恋人同士と想像しなが読み進めた


注目すべき点はお互いに相手が
殺人事件の犯人と思っている事!
その確信を得る為に心理戦を繰り広げる
犯人はどちらかなのか?事故なのか?
二人の関係は何なのか?
先の展開が気になり一気読み


読み進めと二人の関係は双子だった
(3歳まで一緒に暮らしていたが
経済的な理由で別れて生活していた)
そして、偶然大学で出会い、惹かれ合い
兄妹と分かった後に同棲を開始する


いくら血が繋がっている兄妹とはいえ
ずっと別々に暮らしていた者同士が
同棲するのは危ない感じが・・・
もちろん千明の彼氏は嫉妬します


心理戦の原因になるのは1年前の登山
偶然にも父親が二人の山岳ガイド担当に
(ほとんど合っていないので二人の事
を自分の子供だと分かっていない)

三人で登山するが、別行動していた
休憩中に父親が崖から落ち死亡
千浩と千明はお互いに相手が殺人犯と推測
二人の駆け引きや考察は面白かった


心理戦や繰り広げ、考察を続けていくと
幼い頃の二人の記憶に違和感が生じる
それは母の実家の大時計の記憶

・千浩はしっかり覚えている
・千明は全く覚えていない

大時計はかなり目立っていて
その記憶が無いのは明らかにおかしい
この違和感から千明は隠されていた信実を
発見し驚愕します・・・




千明は千明では無く
なんと、美雪だったΣ( ̄□ ̄)!?




美雪→母の妹の子
千明→母の子

本当の千明は幼い頃に事故で死んでいた
千明を養子に出す事が決まっていたが

不運な事故により出来なくなってしまう
母の妹も経済的に苦しかったので
美雪を千明の身代わりにしていた!!
千浩と千明(美雪)は一緒に暮らして
無かったため千明(美雪)には大時計の
記憶が無かった


と言うことは、千浩と千明(美雪)は
いとこ同士だった


双子だからと、お互いに惹かれながらも
好きになってはいけないと考えていた
禁断の愛では無くなっていた
そして、逆に二人は冷めてしまいす


父をどちらが殺したかのミステリーは
どうでもよく(真相は本作では分からない)
いつの間にか二人の恋愛が焦点になる


ラストシーン千明は相手は恋人の雄二
に電話をかけ、千浩に見切りを付ける
(ナイフを埋めた事からも分かる)


本作も恩田陸ワールド全開で
不思議な世界観を体験されてくれます
ミステリー、恋愛、どんでん返し
一気読み必至で満足な1冊でした!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ

new-york-city-4039278__480


こんな人にオススメ
・色々な視点から物語を読みたい
・ダークな話が好き
・すれ違う思いを楽しみたい


あらすじ・内容
高層マンションの一室で死体が発見される
現場に居合わせたのは20代の4人の男女
それぞれの証言により真実が明らかになる
なぜ野口夫妻は殺されたのか?
それぞれが思いを寄せるNは誰なのか?
切なさに満ちた純愛ミステリー

 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
人間の負の部分を上手く描く湊かなで
本作もらしさが随所に書かれ面白い
4人の登場人物の視点から描かれており
各自、誰が嘘をついているのか分からない
他の人物が知らない事実によって
読書だけが真実を組み立てられる構図
すれ違う思いが交差していて、
とても作り込まれている作品だった

タイトルのNは誰なのか?
Nのためにとはどういう事なのか?
と考えながら読み進めた


最後の杉下希美の文章からNは一人ではなく
成瀬慎司、安藤望、西崎真人だった
登場人物のN達ががそれぞれのNのために
一番大切な人の事を考えて行動した
そして、それがすれ違いを生み出した


杉下→成瀬のために
・奨学金の用紙を渡して成瀬を助ける
・放火事件で成瀬のアリバイをつくる
 (実際は成瀬は犯人ではない)


杉下→安藤のために
・安藤の僻地への海外赴任を防ぐため
 野口に妻の不倫相手がきたと嘘を着く


杉下→西崎のために
・奈央子を助ける協力をする


杉下&西崎→野ばら荘のために
・野ばら荘を開発計画から守るために
 ビル売却に反対している資産家の息子
 である野口に近づく
 (この行動で野口夫妻と関わる事となる)


一番大切な人の事を考え行動した
すれ違いが重なり事件に発展した
真相は野口は妻の奈央子に殺され
奈央子は自殺をしたが、西崎が罪を被る


読んで残った謎は
・安藤はなぜチェーンをかけたのか?
→疎外感だけではしないと思った
 他に理由はないか読み返したが分からず

・杉下は誰が好きなのか?
→成瀬か安藤か西崎か?
 恋愛感情はあるのか?

原作ではハッキリしません
健気な杉原には幸せになって欲しかった
ドラマ化もされています
原作にはないシーンもあるようです

杉原→榮倉奈々
安藤→賀来賢人
西崎→小出恵介
成瀬→窪田正孝

豪華な俳優陣ですね
現実では榮倉奈々と賀来賢人は結婚(*^_^*)
ドラマの評価も高いようです
是非、観たいと思いました 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ