サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: ヒューマンドラマ

dolphin-1679468__480



こんな人にオススメ
・スカッとしたい
・営業職のサラリーマン
・主人公が成長する話が好き


あらすじ・内容
突然、ビール会社のエリート宣伝部から
売上最低支店に飛ばされたオレ
待っていたのは小狡い上司とだらけた空気
田舎の営業を舐めきっていたオレは
赴任早々に得意先で大失態をしてしまう
ここで結果を出さねば本社に帰れない
よし、売ってやろうじゃないか!
瀬戸内の青い空と海を舞台にした
爽やかでほろ苦い営業成長小説!





-------------------

ネタバレ・感想
大切な取引先で問題を起こし左遷された
主人公の成長を描く物語で面白かった
困難に立ち向かい乗り越えていく姿は
池井戸作品のようでスカッとした


この作品はビールメーカーの話だが
どんな会社でも上層部と現場の営業部
では意識のズレがあるので共感できた


販売に携わった事がある身としては
社内の悪い習慣や顧客からの無理な依頼
他人事とは思えず一気読みでした
一昔前の良い時代が描かれ
田舎の良さを感じて福浦に行きたくなった
主人公の上杉はお調子者たが憎めない
広島での営業経験は彼の宝になった


出てくる登場人物も魅力的で
良き上司の柴さんや黒岩社長と
一緒に働いてみたいと思った


黒岩社長の
「大人になるっていうのは
より素直になっていくこと」
という言葉が心に残った
素直になるのは簡単そうで難しい
素直な大人になりたいと思った


池井戸作品のように熱くなれる本
サクサク読めるし展開も良かった
サントリーがモデルでリアリティもあり
現場を大切にする営業マンが格好いい
客先を巻き込んで、みんなで作った
最高の『イルカビール』!!
こんなやりがいのある仕事は羨ましかった

ビールが飲みたくなる作品(笑)
爽やかな読了感で良かったです!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

terrace-2736665__480


こんな人にオススメ
・人生を見つめ直したい
・感動する本を読みたい
・家族の暖かい話が好き


あらすじ・内容
入社1ヶ月でブラック企業を退社した直後、
田舎暮らしをしていた父の訃報を知る
電話は知らない男からだった
家族に残されてたのは丘の上にある
海の見える家
文哉は早々に遺品整理を始める
そして、父の足跡をたどると、
意外な事実を突きつけられていく
夏、豊かな自然が残る海辺の暮らしで
文哉はもう1度人生を見つめ直す
「幸せとは何か」を問いかける感動作!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
父の訃報から物語は始まる
遺品整理をしていく内に父の生き方が
どんどん明らかになっていく


家族の知らない父が人と関わり合い
趣味を持ちながらイキイキと生活していた
文哉も最初は戸惑う事も多かったが
和海に助けられながら生活していく
無職で父も亡くなり、金も無いが
文哉もどんどんイキイキとしていく


何となくサラリーマンになり
生活していく為に好きでもない仕事をして
肩書や評価を気にして過ごす
周囲と比較され競争しながら生きる
理不尽な事も多く頑張っても
必ずしも評価される訳ではない

一方、周囲からどんな評価をされようが
自分が楽しみ、自分自身が納得する道を
選ぶ生き方もある


作中、主人公の
「自分の人生がおもしろくないなら、
なぜおもしろくしないのか。
他人にどう評価されようが、
自分で納得していない人生なんて
全く意味がない。」


という言葉が心に残った
頭では分かっていても、中々実行できない
イキイキと生きている人は輝いている
自分もいつかはイキイキと生きたい


感動するところもいくつかあり
パソコンのパスワードが163238
(ヒロミフミヤ)でデスクトップの写真は
家族で海で撮った写真だった
このシーンで涙ぐんでしまった


キレイな景色の描写も目に浮かんだ
新鮮な魚介類、サザエにビールも最高!
バーベキューでは父も喜んでくれただろう



本当の「幸せな人生」とは何なのか?
幸せは自分で決めるもの
父が最後に教えてくれた
ー人生を楽しむ努力をすることー



正直に生きることは簡単なようで難しいが
少しでも人生を面白く生きようと思った


読み終わったら心が晴れやかになり
海をみたくなりました
初読みの作家さんでしたが大満足
続編の「海が見える家 それから」も有り
是非、読んでみようと思います!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

tools-2423826__480



こんな人にオススメ
・人間ドラマが読みたい
・ハラハラする展開が好き
・伏線をしっかり回収したい



あらすじ・内容
家具職人の東口は経営していた会社や
家族を失い、川辺の空き地で仲間と暮らす
彼の悩みはアイツにつきまとわれること
そこへ転がり込んできた謎の女・奈々恵と
奇妙な家具の修理依頼だった
迫りくる危険とアイツから逃れることは
できるのか!?


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
経営していた会社が倒産し、家族も失う
残ったのはオンボロトラックと道具のみ
ホームレス家具職人になった東口

東口にしか見えないアイツ(疫病神)
なぜ仮面を被っているのか?
想像しながら読み進めた
 

人は誰もが仮面を被って生きている
演じる為に被っていたり
自分を隠す為に被っている
東口も過去の悲しみを隠す為に仮面を
被っていた

物語はゆっくり進行していくが
終盤に奇妙な家具修理依頼から急転
ホームレス仲間と一緒に仕事をするのは
面白かったし、みんなイキイキとしていた
屋敷からの逃亡はハラハラした


残った謎が2つ
・依頼人の老人は誰か?
・棚の裏に作った40センチの空間は何か?

いかにもな老人だったので何かを隠す為
のスペースか?あるいは愛猫の為か?
これは作中では分かりません
40センチの空間が特に気になる・・


東口が過去の困難を乗り越えて
将来、会社を立ち上げてホームレス仲間
を雇って仲良く笑顔で暮らしてほしい
(出来ることならスカも一緒に)

作中の「どうせ素顔を覆うなら、笑顔で
覆ったほうがいい」という言葉は良かった
前向きな気持ちになりました
一歩を踏みただす勇気をくれる作品でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ