サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: ヒューマンドラマ

beach-2603706__480


こんな人にオススメ
・海が好き
・人生を楽しみたい
・自分らしく生きたい



あらすじ・内容
入社1ヶ月で会社を辞めた文哉が
急遽した父が遺した海の見える家で
暮らし始めて1年が経とうとしていた
都会を捨て、田舎に逃げただけなの
だろうか?
文哉は自問自答しながら、地元の
人々や管理を任された別荘の所有者
と交流を深めていく
その中で働くということは何かを見つめ
直し、自分なりの生き方を模索する
幸せのあり方を問う感動作!
ベストセラー「海が見える家」の続編



     



――――――――――――――――――――――



ネタバレ・感想
海が見える家」シリーズ第2弾
前作同様に本作も面白かった
文哉が試行錯誤しながらじわじわと
土地に馴染んでいく様子が描かれる
たくましくイキイキとしていた


・幸吉の野菜通販
・ビワの染め物
・別荘の管理サービス
・カフェ併設
・交流イベント
・株式会社設立

文哉は知恵を絞り周りの人々に助け
られながら成長していく
都会にいても田舎にいても
人との繋がりが大事だった
素直な文哉を周りが支えて成功した


働くとは何か?幸せとは何か?
ほとんどの人は生活する為に
好きでもない仕事を続ける
売上やノルマ、人間関係に苦しんだり
自分がやりたい事と違う選択をしなけ
ればならない時もある
何でもいいから“楽しむ”事をしないと
ストレスが溜まってしまう


作中で文哉が美晴に言っていたが
いかに人生という波に乗れるか
が大切だという事が心に残った
たとえ失敗してもやり直せはいい
文哉は生きるとは何かを見つめ直し
本当に大切なものを見つけていく


人生の選択は全て自分でしている
本来、全て自由なハズであるのに
生きづらさがある社会(;´д`)
お金があっても幸せでないと意味は無い

時間はみんな平等だから時間が無い
と思うのはいいわけでしかない
時間を有効に使い人生を楽しむ”
事が大切だと考えさせられた


作中の幸吉の野菜や凪子のからあげ
海の幸をつまみに飲む酒が描写がいい
一緒に食事をしたくなった
海の描写もキレイで海を見たくなった
久しぶりに釣りもしたいなー


ひとつ気がかりなのは姉の宏美
お金を持って失踪してしまう
連絡したと思えば生き別れた母と
一緒に暮らしてるし(((・・;)
こんな姉は嫌だ……自由すぎる(笑)


本作では順調な文哉な姿が良かった
少々上手くいき過ぎる感じはするが
読後は爽やかな気持ちになった
自分も人生を面白くしたいと思った
続編タイトルは「海の見える家 逆風」
なので何かトラブルが起きるのか!?
続きが気になるので是非読みたい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

houston-3302007__480



こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・心理描写を楽しみたい
・葛藤する人間ドラマが好き


あらすじ・内容
「現金が足りないんです。」
ある銀行で起こった現金紛失事件
捜索の結果、当日の日付の入った帯札が
女性行員のバッグから見つかった
女性行員は盗ったことを否定し
ミスを隠したい銀行は支店長らが
金を出し合って補填して隠蔽する
そのうち、男性行員が失踪する──。
銀行を舞台に“たたき上げ”の誇り
格差のある社内恋愛、家族への思い
ノルマや出世レース、上がらない成績
事件の裏に潜む人間的葛藤を描く
銀行という組織を通して、普通の暮らし
や本当の幸せとは何かを問う名作!


    



―――――――――――――――――――――――



ネタバレ・感想
銀行を舞台に様々な人間模様を描く
半沢直樹のような勧善懲悪は無いので
スッキリはしないがリアリティがあって
作品に感情移入できて良かった
各章で語り手が変わるので誰かしら
自分に当てはまる登場人物が出てくる
愛理はいいキャラで癒されるし
物語のアクセントになっていた


ノルマや上司から受けるプレッシャー
お客である融資先だけでなく家族から
もストレスを感じてしまう
どの会社でもストレスはあると思うが
銀行は色んな業界の中でも厳しい
出世レースの話やそのコースから
外れた男たちの話が面白かった


出世や目標の為に精神を削り狛犬に
「社長!」と頭を下げる遠藤……
支店のエースだった滝野の不正
特にカツカレーのシーンは涙した
結果が全ての世界は大変だと思った


黒田のATMにお金を戻すシーンは
ハラハラして手に汗握った
結局、九条にはバレていて交渉の
材料として脅される
短編小説のようだったが話が繋がり
伏線も回収されていく
この部分は裏をかかれ騙された


失踪した西木はどうなったのか?
石本と繋がっていたのは驚いた
すでに殺されているのか?
それと他人に成り済まして
生きているのか?
真相は描かれず、読者に委ねる終わり方
西木は頭がキレて優しい人物なので
おそらく、生きているだろう
続篇で真相を書いて欲しい


何の為に働いているのか?
普通の生活とは何なのか?
本当の幸せとは何か?
と考えされる物語だった


10月のドラマ化と2023年2月の映画化
映画で西木役を演じるのは阿部サダヲ
愛理(上戸彩)、田端(玉森裕太)、他にも
柳葉敏郎、杉本哲太、佐藤隆太、
柄本明、橋爪功、佐々木蔵之介
超豪華なキャスティングw(゜o゜)w
そして、小説・ドラマとも展開が違う
完全オリジナルストーリーとの事
これは楽しみで是非見たい!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

republic-of-korea-4400510__480


こんな人にオススメ
・青春物が好き
・一気読みしたい
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」
冬休みを迎え多くが帰省していく中で
事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた
ひとけの内古い寮で4人だけの自由で
孤独な生活が始まる
そしてクリスマスイブの晩に始まった
「告白ゲーム」をきっかけに事件が起きる
やがて、それぞれが隠していた「秘密」が
明らかになってゆく
驚きと感動に満ちた7日間を描いた
ほろ苦い青春ミステリー




------------------

ネタバレ・感想
初めてこの本を読んだのは主人公たちと
同年代の時だった
大人になってから改めて読むとタイトル
が深く感じて印象的だった
どこにもないが、主人公たちの心の中に
存在する自分たちだけの場所
それが、主人公たちの「ネバーランド」で
まさに松籟館での7日間の経験だった


・美国
物語の主人公で語り部
父親の不倫相手に誘拐された過去を持ち
その影響で女性に恐怖感を抱く

・寛司
おおらかで面倒見がいい
両親の離婚問題で揺れ動く

・光浩
冷静沈着でクール
義母に強姦された過去を持つ

・統
破天荒で数学の天才
母親が自殺した過去を持つ


告白ゲームから始まった心の闇の暴露
悩みを共有する事で心から相手を理解し
互いに距離を縮めていく
同時に少年の脆さも描かれた青春物語


大人がいない寮という自由な空間
食事の買い出しや遊びやゲーム
4人での食事(未成年での飲酒)
葛藤や悩み、意見の衝突、互いの成長
全てが美しくかけがえのない経験になった


終盤の年賀状のシーンも良かった
統が美国、寛司、光浩それぞれに
買いていたのが統らしくて心が暖まった


今後4人はどうなるのか楽しみになった
美国は元カノに理由をしっかり話して
ヨリを戻すだろう
寛司は人の役に立つ仕事に就くだろう
家族思いのいい父親になりそう
光浩は会社を継いで敏腕振りを発揮する
税金対策で統のラボに出資している
統は世界中を飛び回りラボを広めている
作者には短編でいいから10年後の4人の
再会を描いて欲しい


美国たちみたいな高校生活が出来たら
楽しいだろうし一生の思い出になる
仲間と苦悩を乗り越える物語なので
読後感も爽やかでスッキリした
高校時代に戻りたいと思わせる1冊でした

heilige-birma-6227948__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・U子に騙されたい
・悪女物が読みたい


あらすじ・内容
昭和63年、ゲーム賭博で荒稼ぎをした
石山詩子が現行犯逮捕された
フリーライターの蒲田は友人・寺本から
の頼みで拘置所で詩子と面会する
しかし、詩子は寺本の事など全く意に介す
様子をみせなかった
その後、蒲田は巻き込まれるように
詩子の周囲を調査し出すが・・・・・
超弩級の悪女エンターテイメント!




-------------------

ネタバレ・感想
フリーライターの蒲田はひょんな事から
詩子の調査をしていく
財界、暴力団、政界に元総理大臣まで
日本を動かす男達を手玉に取る
詩子とは一体何者なのか!?


蒲田は調査を進めるが詩子は相手に合わせ
嘘をついているので真実が分からない
音子の依頼から調査を始めたが
蒲田は次第に詩子に興味を持つ


恐ろしい女だが、人を惹きつける
金と人脈があれば何でも自由になる
あれだけ思い通りに物事が進むのは凄い
詩子にとっては真実や嘘は重要ではなく
自分にとってプラスになる人物を作る
事をゲームのように楽しんでいた
まさに「嘘も100回言えば真実になる」


詩子が蒲田を必要としたのは何故か?
宗教法人を記事にして宣伝させる為で
幸恵と合いそうと思ったからだろう
2人とも上手く使えば金になる
美奈子をホーリーハウスで雇っている
のは旦那を奪った事に対する贖罪かと
一瞬考えたが、計算高い詩子がそんな事
を思うハズがない
美奈子が美人だから宗教法人をPRする上
でメリットが有るからだろう
騙されて幸せになっている“サンプル”
として近くで観察している
やはり、楽しんでいるとしか思えるない


物事の正しさではなく、金や権力が全て
という事が作品のテーマになっている

「騙されている間が幸せだから
騙されたままでいい」

美人で頭がいい詩子が言えば格好いい
結局、何が真実で何が嘘か分からなかった

それも詩子の魅力の大きな一つだった

蒲田と幸恵の今後が気になるし
美奈子や音子、宗教法人も気になる
読者に今後を想像させる終わり方だった
ので続編が出て欲しい


幸恵視点での刑務所の話が面白かった
日本一怖い美容室には行きたくない(笑)
自分の周りに詩子がいなくてよかった

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

night-view-1342591__480



こんな人にオススメ
・婚姻の枷に悩んでる人
・リアリティな話が好き
・一気読みしたい


あらすじ・内容
ある晩、夫が急死する。これで嫁を卒業
できると思いきや、舅姑や謎の女が思惑を
抱えて次々と押し寄せる。愛人の発覚、
墓問題、介護の重圧・・・
自由の身のハズががんじがらめな生活
そんな夏葉子の日々を変えたのは
意外な人物と姻族関係終了届だった!?
婚姻の枷に苦しむ全ての人に贈る逆転小説!







-------------------

ネタバレ・感想
タイトルが気になり手を取った1冊
読み始めると先の展開が気になり一気読み
夫の不倫疑惑や嫁姑問題に終始すると
思いきや、夏葉子の成長の物語だった
住宅ローンが夫名義だったので◎
晴れて自由の身かと思いきや甘くない



・仏壇がある為に他人が部屋に上がりこむ
・姑は合鍵を持っていて勝手に家に入る
・夫の浮気疑惑発覚(後に違うと分かる)
・夫の親族からいいように使われる


う~ん、金銭的心配は少ないとはいえ
この状況はキツすぎる
主人公の夏葉子はストレスかかっていた
そんな中、実家の母親に愚痴を電話で
伝えたが、話の相手は父親だった!
夏葉子は実家に帰省し、父親に相談する
そこで父親が放った言葉が・・・





「夏葉子はつぶしてもいい人間なんだよ」





一瞬意味が分からなかった(?_?)

父親曰く、夏葉子は面倒見がよく、誠実、
相手の気持ちを優先してくれる
頼りになるタイプで庇護の対象じゃない
周りに便利屋のようにいいように使われる
やさしいだけではダメだという事


それから、夏葉子は「姻族関係終了届」を出し
義父母とは事実上、縁が切れる事になる
父親は長崎まで来て頼りになるし格好いい
こんな父親になりたいと思った


恋愛ネタもあって良かった
夏葉子はじゆ工藤と恋愛を楽しむ
真理描写も丁寧に描かれているので
感情移入しながら読むことができた
ヒモ体質なのと便利に使われたので
一瞬で冷め関係を終了させる
工藤を切り捨てるシーンは爽快でした!



親友の千亜紀の存在も大きい
いつも夏葉子を支えて素敵な存在
こんな友達が欲しいと思った


今後も長崎で暮らす選択した夏葉子
義実家と全く関わらない訳ではなく
適度な距離で接する事を決意する
ラストは優しい気持ちにさせてくれます
リアリティがあり面白い1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ