サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

カテゴリ: ユーモア

key-2114455__480



こんな人にオススメ
・ニヤリとしたい
・ミステリーが好き
・軽いタッチでサクサク読みたい


あらすじ・内容
しがない貧乏学生の戸村流平
彼にとってその日は厄日そのものだった
彼を振った元恋人が背中を刺され転落死
その夜に一緒だった先輩も浴室で
刺されて殺されていたのだ!
かくして、二つの事件の容疑者になった
流平の運命はいかに?
本格ミステリーをユーモアに描く
東川敦哉デビュー作品!



-------------------

ネタバレ・感想
元彼女が何者かに殺され
その夜に一緒に過ごしていた野呂も
風呂で殺されて遺体になっていた
しかも、部屋は完全密室であり
玄関にはドアはチェーンが付いていた!
状況から容疑者にされてしまう流平
いきなり話に引き込まれる


時系列に整理すると
  7:30 「殺戮の館」鑑賞開始
  9:42  由紀アパートから転落
10:00  「殺戮の館」終了、野呂買出し
10:15 野呂帰宅
10:30 野呂シャワーへ
11:00 風呂場で遺体の野呂を発見
     流平は驚いて気を失い卒倒する


明美の証言
10:00 バイク修理開始、野呂目撃
10:35 野呂の部屋からドスンと物音
11:30 バイク修理終了
    目撃した人物評は野呂のみ


密室の謎を推理しても解けなかった
野呂を殺した犯人は部屋に隠れていて
流平が部屋から出た後に逃げたと予想
(容疑を流平に向ける為に密室を作った)


読み進めると見事に推理はハズレw
まず、由紀を殺した犯人は野呂で
トリックは「殺戮の館」を2時間に編集
流平の時間を30分早く勘違いさせていた!
見事なアリバイトリックでした


実際には
7:30 「殺戮の館」鑑賞開始
9:30 野呂、由紀を殺害しに行く
9:42 由紀アパートから転落
10:00 野呂帰宅でシャワー
10:30 風呂場で野呂の遺体発見
    流平は驚いて気を失い、卒倒する
    (この卒倒が明美が聞いた物音)


部屋が密室になっていた謎は
野呂が帰宅後に自分でチェーンをしていた
由紀を殺害した後にホームレスに
右脇腹刺されてしまいその状態で風呂場へ
ナイフを抜いた瞬間に絶命してしまった


元彼女の死に関してはアリバイはあるが
それを証明すれば、密室での野呂殺人の
容疑者になってしまう流平の状況が
面白くて良かった
真相にたどり着くまでの過程や鵜飼の
キャラも良くて楽しめました
伏線もしっかり回収してミステリーと
しても満足な1冊でした!


【烏賊川市シリーズ】
・密室に向かって撃て!
・完全犯罪に猫は必要か?
・交換殺人には向かない夜
・ここに死体をすてないでください!
・はやく名探偵になりたい
・私の嫌いな探偵
・探偵さえいなければ

気になる方は読んで下さい!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

house-4930614__480


こんな人にオススメ
・世にも奇妙な物語が好き
・現代社会に不満を持っている
・ブラックユーモアが読みたい


あらすじ・内容
「家の中に変な男が棲んでいるのよ!」
念願のマイホームで妻が訴えてきた
仕事で家庭を顧みない事への当てつけか?
そんなある夜、洗面所で歯を磨く男を見た
さらに、妻と子がその男達と談笑している
注目の異才が現代社会が抱える矛盾や問題
をユーモアに描いた短編集!





-------------------

ネタバレ・感想
・床下仙人
仕事でに追われ家族を顧みない主人公
一昔前の日本ではありふれた光景
妻は「この家には変な男がいる」という
ある夜、遅い帰宅で仙人と遭遇する
あまりにも自然で堂々としていた為に
お互い「どうも」と言葉を交わす

おいおい、あり得ないだろー
いくら酔っ払い、疲れていても
捕まえたり、警察に通報するだろ!
と読みながら突っ込んでしまった

その後、夫婦関係は悪化していき
妻は働く夫より“近くにいてくれる”仙人を
選び、主人公はを追い出されてしまう
駅前のロータリーでホームレスに言われた
「11人目ですよ」
「この街で家を乗っ取られた男の数」
主人公も床下仙人になるのか?
という描写で物語は終わる

家族を顧みない夫、競争社会ををユーモア
をユーモアに描写していた
働き方改革でも通勤ラッシュや残業・・・
サラリーマンの日常は変わらない

作中で妻が言った
「一緒にいたいから家族になったのに
その家族を維持するのに一緒にいられない。
そんなのってどこかおかしいと思わない?」
主人公が全て悪い訳ではないが正論
もう少しお互いが歩みよることが大切
色々と考えさせられた話だった


・てんぷら社員
地方から栄転したきた中年平社員、田所
異例の早さで出世し、謎めいている
彼の正体は会社に復讐を誓った人物だった
息子のハッカー技術で社員になりきる
会社の情報を駆使して復讐を図る
実際にそんな事が出来たら面白い

てんぷら請負会社はいいアイデア
大小係わらず会社に不満を持って
辞めていく人は多いだろうし需要はある
会社に復讐できたらスッキリするだろう!


・戦争管理組合
ある時、マンションに帰ると玄関先で
銃を構えた女子大生に脅される
男性だから女性だからという概念や
差別意識が無くなって欲しい
あと、お姉ちゃんが無事で良かった


・派遣社長
主人公が勤めるデザイン会社に“社長”が
期限付きで派遣されてくる
社長の方針で会社が変わるのが面白い
(会社の方針がコロコロ変わるのは嫌だが)
うちの会社は部長を派遣してほしいw
派遣が社会を乗っ取る時代がくるかも
しれない


・シューシャインギャング
信号待ちをしていると、突然少女に靴を
磨かれる
少女が1人で生きていく為に考えた
ビジネス“靴磨きサービス”だった
仕事にも家族にも見捨てられ主人公と
家族を見放した少女との関係を描く
2人は新たなビジネスを模索する
目標の1000万を達成してほしい


どの話も世にも奇妙な物語テイストで
あり得ない設定だが、社会の問題に
メスを入れていて面白かった
さらっと読めるユーモアあり
現代社会への皮肉や問題提起あり
ありそうで怖くて面白い短編集でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ