サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

タグ:中山七里

frog-2203000__480



こんな人にオススメ
・どんでん返しが好き
・渡瀬&古手川のコンビが好き
・伏線をしっかり回収したい



あらすじ・内容
埼玉飯能市を震撼させた“カエル男殺人事件”
から10ヶ月、事件を担当した精神科医の
御前崎教授の自宅が爆発された
家からは粉砕・炭化した死体が出てきた
そして、あの幼稚な反抗声明が見つかる!
協力要請がかかった渡瀬&古手川コンビ
がふたたびカエル男に挑む
二転三転する怒濤の展開と激震のラスト
「連続殺人鬼カエル男」の第2弾!!
ふたたび起こる悪夢の先にあるものは!? 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
前作「連続殺人鬼カエル男」が面白かった
本作も期待しながら読み進めた

やっぱり渡瀬&古手川コンビは良い
また、ただのミステリーではなく
刑法39条や医療刑務所の課題などの
テーマも描かれていて勉強になった


前作で黒幕だった御前崎教授も冒頭に
爆発され殺害されるし
当真勝雄が怪しいが爆弾は作れない
協力者がいるのだろうか?
いきなり謎だらけで物語に引き込まれた

しかも渡瀬&古手川コンビだけでなく
御子柴まで出てきて嬉しかった
さゆりも医療刑務所から脱走するし
先の展開からが気になり一気読み(*^_^*)


御前崎教授があっさり殺されるハズは
ないし、もしかして生きてるのか?
と思ったら生きていた!!
ただ実行犯とは予測できなかった

ラストは脱走したさゆりが古沢をナイフで
襲う描写で終わっており伏線を回収
スッキリするラストでした


刑法39条の心神喪失者の行為は罰しない
という事は頭では分かっている
ただ、自分の周りで被害が出れば
小説に出てくる遺族と同様に許せない

古沢は刑を軽くするためにわざと
心神喪失者のフリをした詐病だった
現実の世界でも同様の事をする奴もいる
司法で裁く事が出来ないのは問題である
古沢はさゆりによって裁かれたが
色々と考えさせられる作品だった


また、巻末に作品毎の紹介ページ有り
作品間の登場人物リンクが多い作者なので
まとめがあるのはとても便利でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

congress-3290054__480


こんなに人にオススメ
・緊迫感やスピード感が好き
・政治の話が好き
・スカッとしたい!


あらすじ・内容
総理そっくりの容姿で売れない役者・加納
ある時、いきなり官房長官にはさらわれた
さらわれた理由は総理の替え玉をする事!
意識不明の総理の代理を務める事になるが…
政治知識ゼロの加納に代役が務まるのか!?
怒涛の展開で日本の政治論点がわかる、
痛快エンタメ小説!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
売れない役者の加納はいきなり拉致されて、
「総理の替え玉をやってくれ」と言われる
急な展開でストーリーに引き込まれていく

政治知識ゼロの加納に対して分かりやすく
説明しサポートする友人の風間、
官房長官で切れ者の樽見を中心に展開する


いきなり与党内の問題に対して
女性軽視発言議員→少子化担当副大臣
弁護士法違反議員→消費者担当副大臣
に任命し、問題を解決する

野党や官僚に対しても独自の機転で
問題をどんどん解決していく

最終的にはテロ事件に対して海外に
自衛隊を派遣し解決してみせる
次の展開が気になり一気読みでした


無欲で国民の目線での政治を行う
純粋に突き進む姿に応援してしまう
こんな政治家がいたら日本はいい国になる

総理大臣を演じきった加納は一流の
俳優であり本物の政治家になった
ラストの一言でほっこりした

中山七里らしい皮肉に満ちた表現もあり
いつものどんでん返しミステリーとは
ひと味違った楽しみがあり面白かった
政治にも興味を持たせてくれる作品でした


fire-2204171__480


こんな人にオススメ
・スリリングな展開が好き
・どんでん返しを楽しみたい
・一気読みしたい


あらすじ・内容
七尾は優秀な麻薬調査官だった
製薬会社が兵士用に開発した薬物“ヒート”
が闇市場に流出し調査を進めていた
たがある日、ヒートの売人が殺害され
凶器の鉄パイプから七尾の指紋が検出される
七尾を陥れたのは誰なのか!?
ハラハラの麻取ミステリー 


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
麻薬調査官の七尾とヤクザの山崎
この名コンビに引き込まれサクサク読めた


売人である仙道の潜伏先を見つけるが
翌朝、死体となって発見される
凶器の鉄パイプから七尾の指紋が検出され
殺人事件の容疑者にされてしまう
仙道を殺したのは誰なのか?

タイトル通りにここからヒートアップ
七尾と山崎が逃げながら捜査を進める
物語の終盤はヒートによって凶暴化した
野犬と戦ったりとハードボイルドに!
ヒートを自分に打つし、ムチャしすぎw

犯人の究明よりも生きて帰れるのかと
思うほどのアクションありとハラハラした
助かってくれて良かった

七尾の指紋を偽造出来る身内が犯人
犯人は山崎の奥さんかと思ったが、
名前違うし、いい人そうだし違う
完全にミスリードされれてしまった
読み返したら丁寧な喋り方だし
完全に先入観に騙されました


本作は山崎がいいキャラだった
御子柴には罪を軽くなるようにして欲しい
他の作品にも山崎は登場します
※「逃亡刑事」に出てくるようです
未読なので是非、読みたいと思います

justice-2060093__480



こんな人にオススメ
・どんどん返しが好き
・一気読みしたい

・心理描写を楽しみたい



あらすじ・内容
豪雨の夜の不動産業者殺人事件
強引な取り調べで自供した青年は
死刑判決を受け、塀の中で自殺してしまう
しかし、5年後に真犯人がいる事が分かる
冤罪を隠蔽しようとする警察組織
渡瀬は正義感で内部告発をする

時は流れ新たな展開が・・・
真犯人、迫水は出所後に何者かに殺害される
誰が迫水を殺害したのか!?
当時の事件を担当した渡瀬は真実を追う
たどり着いた司法の闇と驚愕の真相とは!
中山七里の代名詞、どんでん返しあり

 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ネタバレ・感想
不動産業者の殺人事件から話は始まる
判事の心理描写や裁判員制度の意味
警察組織や内部告発後のストーリー
冤罪をテーマにしており読み応えがある

しかし、それだけでは終わらない
真犯人の迫水が出所後に殺されてしまう
ここからの推理が面白かった
伏線が散りばめられ回収していく
テンポも良くサクサク読めます!


主人公、渡瀬の正義感や信念も良い
冤罪に関わった経験から

「二度と間違えない」

という信念や厳しさ、捜査方針など
渡瀬警部の刑事としての覚悟が格好いい
重苦しい内容だったがラストの締めが◎
高円寺判事の孫とのやり取りが良い
伏線がしっかり回収されスッキリした
渡瀬警部が格好よくファンになった


中山七里は登場人物が作品間でリンクして
読んでいても面白い


渡瀬警部が出てくるシリーズは

・カエル男シリーズ
・魔女は甦る
・切り裂きジャックの告白
・贖罪の奏鳴曲(御子柴シリーズ)
・ピポクラテスシリーズ
・ネメシスの使者

まだ未読の作品も多いので是非読みたい

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

sky-1549875__480


こんな人にオススメ
・どんでん返しを読みたい
・ダークヒロインが好き
・イヤミスを読みたい気分




あらすじ・内容
野々宮恭子は中学時代にいじめと病気に絶望するが、従姉妹の蒲生美智留に救われる
美貌と頭脳明晰な彼女に憧れを抱く恭子
しかし、美智留は出会い人を狂わせていく
恐ろしい悪女だった・・・
最後にはどんでん返しが!!

 

    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
中山七里といえば「さよならドビュッシー」
が有名ですが、「嗤う淑女」も同様に最後に
どんでん返しがあります
まずタイトルが「笑う」でわなく「嗤う」
になっており「嘲笑う」という意味です
「淑女」はおしとやかで気品がある女性

蒲生美智留の見た目は美しく品があるが
内面は自分の手を汚さず殺人をさせる
巧みな言葉と美貌で人を操っていきます
しかも頭脳明晰でどこまでも計算高い

邪魔な人間は排除していきます

・実の父
・従姉妹の恭子
・鷺沼紗代

しかし、警察も黙っていません 
一連の事件から美智留の関与を怪しみます
鷺沼をホームに突き落とした美智留の
映像を防犯カメラから見つけました

美智留は逮捕され裁判にかけられます
とうとう美智留も終わったかと思いきや・・・
裁判でとんでもない発言をします


「私は美智留ではなく恭子」
「弘樹が殺したのは美智留」
「美智留が死んだ後に美智留の顔に整形」
「骨髄移植しているので同じDNA」


そして整形した医師の証言により
美智留は恭子として無罪判決を得ました

ありえん!恭子だったのか!?
と一瞬思いましたがしっくりこない

読み続けていくと、やはり
美智留は恭子ではありませんでした
美智留は恭子が死んだ後に恭子に整形し
恭子から美智留の顔に戻していました!

この女はどこまで計算高いのか(゚Д゚)
こんな人が周りにいたら怖いです

骨髄移植の伏線もしっかり回収してます
面白い作品でした!
続編「ふたたび嗤う淑女」もあります
気になる方は読んで下さい(。・_・。)ノ

 

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村

↑このページのトップヘ