サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

タグ:中村文則

fire-4892711__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ミステリーが好き
・謎や仕掛けを楽しみたい


あらすじ・内容
ライターの「僕」は、ある猟奇的殺人事件の
被告に面会後にいく
彼は2人の女性を殺した罪によって
死刑判決を受けていたが、動機は不可解
事件の関係性もどこか歪んでいる
この異様さは何か?本当に殺人なのか?
真相にだどり着けないのは必然だった
何故ならこの事件は・・・
話題騒然のミステリー!!





-------------------

ネタバレ・感想
2人の女を焼き殺した罪で死刑判決を
受けた猟奇的犯罪者の木原坂雄大
彼の狂気や闇を暴いていく小説・・・
かと思いきや全然違う話だった


ミステリアスな登場人物ばかりで
先が気になり一気読み必至
ページ数は少ないのでサクサク読み進めた
読み終えて思ったことは・・・


M・M とJ・Iって誰だ?
読み返すも作中には出てこない
普通に考えると

M・M→木原坂雄大
J・I →吉本亜希子
でもイニシャルが違う(?_?)
作中にはこのイニシャルは出てこない



終盤の「編集者」のセリフ
「物語の最初のページには彼らの名前を
書くことになる・・・
これは小説だから本文では仮名を用いた
けど、そこには彼らの本名を。」


イニシャルは本名の事でした!


ここでこの小説は「編集者」の小林が
交際相手、吉本亜希子の復讐の為、
ライターの「僕」に書かせた小説!
読者は「去年の冬、君と別れ」という
復讐の為の小説を読まされていました



話が少し複雑でしたが
時系列で要約すると


「吉本亜希子」木原兄弟に殺される
→「小林」が復讐の為に姉「朱里」を殺害
→その罪を「雄大」になすりつける
→この計画実行の記録を本にする
 (ライターの「僕」を利用する)
→それを本が好きな「亜希子」に捧げる
→復讐完結の為、「雄大」に真相を知らせる


「狂気」や「執念」テーマの小説で
登場人物はほぼ狂っていた
「小林」の狂気は異常な執着心からで
単なるミステリーではなかった
復讐の為に自分を捨てた「小林」
化け物になっても「亜希子」を愛していた


ただ、ひとつ「K2メンバー」が謎
「斎藤」と「小林」はメンバーと分かるが
他のメンバーは作中では明かされない
何のメンバーなのか?そもそも何なのか?
この伏線は回収して欲しかった


「僕」、「きみ」が章によって変わるし
「木原坂朱里」が「小林百合子」になるし
頭を整理しないと混乱しますが、
読み応えや仕掛けがあり満足な1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

mental-health-3337026__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・考えされられる本が好き
・ダークなものが読みたい


あらすじ・内容
心療内科を訪れた美しい女性、ゆかり
男は彼女の記憶に奇妙に書けた部分が
あることに気付き、原因を追い始める
傷つき、損なわれたものを元に
戻したいと思うことは冒涜なのか?
精神分析を求める美しい女性
彼女を救うため男が撮った行動とは?




-------------------

ネタバレ・感想
「このページをめくれば、
あなたはこれまでの人生の
全てを失うなかもしれない」

始まりから物語に引き込まれ一気読み
まず、登場人物を整理すると


僕・・・・・・間宮
男・・・・・・和久井
医師・・・・小塚亮太
吉見・・・・小塚を洗脳した医師
ゆかり・・患者


ゆかりを失った小塚は復讐を計画した
木田と間宮を洗脳し小塚良太にする
ゆかりを失った苦しみを体験させて
自殺させる事だった


間宮が自殺した後に小塚は吉見の元へ
小塚の性的不能の要因は吉見の治療で
吉見の洗脳に囚われながら成長した
そして吉見が小塚とゆかりと遭遇させ
お互いに傷つくことを楽しんだ
人間の習性を操る快楽を感じていた
この「悪意に満ちた老人の暇つぶし」が
一連の負の連鎖の始まりだった
小塚は洗脳した木田に吉見を殺さて
小塚は復讐をやり遂げる


復讐を遂げた小塚は和久井の為に
前向きに生きるように洗脳した
自らには「ささやかな願望」を記した紙を
用意して自分にECTのスイッチを入れる
自分自身が消滅するように試みて
物語は幕を閉じた

ECTが成功するかは分からないが
できることなら記憶喪失になって
ささやかな願望を実現して欲しい


終盤に小塚が吉見に言った
「・・・人間が生きるというのは、
何なのでしょうね」

これが最大のテーマであり
人間の本質を「記憶」とすると「記憶」を人為的に操作した時は人間の本質はどうなるのか?

嬉しい、楽しい、悲しい、悔しい
人間の気持ちはどこにあるのか?
記憶が変われは人間は変わるのか?
変わってしまっていいものなのか?

体験した記憶と植え付けられた記憶
自分の真実は自分で考えて感じたこと
だと思うが、その自分も今まで生きて
きて得た情報から構成されていて
どこまでが「本当の自分」か分からなくなる


あとがきで小説で何かを感じてくれたら
作者として嬉しいとあったが
本当に色々と考えされる作品だった
「共に生きましょう」が心地よかった

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ