サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

タグ:乾くるみ

moon-416973__480



こんな人にオススメ
・騙されたい
・ミステリーが読みたい
・緻密に作られた話が好き


あらすじ・内容
お腹の子の父親はあなたよ──
別荘にある塔から転落死した社長令嬢・香織
悲劇が起きたのは、ある小説のゲーム化を
する企画メンバー8人が集まった夜だった
父親は誰なのか?彼女の死の理由は?
激しい恋が迷い込んだ先の暗闇を描いた
“謎解き恋愛ミステリー”




-------------------

ネタバレ・感想
序盤に香織が男から抱き上げられ
塔から落とされて殺害される
誰が殺したのか?父親は誰なのか?


タイトル通りに序章と終章の間に
何度も繰り返される「断章」
時系列がぐちゃぐちゃで少し読みにくいが
この仕掛けが後から効いてくる


物語は天童と辰巳が香織の兄・秀一から
香織の死の真相を調べるよう依頼され
天童と辰巳が真相に迫っていく


乾くるみ作品だから何か仕掛けがあると
注意しながら読み進めた
辰巳は女のように描かれているが本当に
女なのか?実は男ではないのか?
(作中では途中まで性別が判断できない)
でも女ということが分かり犯人ではない
犯人は天童でお腹の子も天童と予想した



真相が分かるとトリックに驚いた!
物語をまとめてみると↓


【塔の序章】
塔から突き落とさたのは辰巳(カズミ)
叙述トリックで香織と思わせている

【塔の断章】
死ぬ前に辰巳が体験した走馬灯の記録

【塔の終章】
天童の子を妊娠した香織が辰巳に殺され
辰巳は天童に殺された事が描かれる
(辰巳は妊娠していない)


乾くるみのトリックに騙されないぞ
と思いながら読み進めたがこの序盤で
既に騙されていた(=_=)
【塔の序章】で香織が男に殺されたと
思い込み女の辰巳はノーマークだった
完全にミスリードされました



辰巳
「そう。(香織の子の)父親はあなただって─」

天童
「まさか、それであんた(辰巳)は─
(香織を殺したのか)

辰巳
「ねえ。どうにかならないの。
あなたの力で。じゃないと、
もうお終いじゃない。
(香織を殺した)わたしも──
(香織を妊娠させた)あなたも


読み返しても物語の破綻は無いし
とても楽しめた1冊でした
「イニシエーション・ラブ」や「リピート」
に出た天童も出てくるし良かった
今後の天童の暗躍にも期待したい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

wormhole-2514312_1280


こんな人にオススメ
・タイムリープ系が好き
・推理を楽しみたい
・伏線を回収しスッキリしたい



内容・あらすじ
全ては1本の電話から始まる
大学生の毛利圭介に地震予知の電話がある
地震予知を的中させた男は未来から来た
と語り『リピート』参加者を集めていく

現在の記憶を持ったまま過去の自分に
戻る事ができる『リピート』
ゲストは半信半疑だったが『リピート』
は成功し、10ヶ月前に戻る事になる

・トラブルを回避するのもよし
・競馬で大儲けするもよし
・大学受験をやり直すのもよし


人生のやり直しに喜ぶゲスト達だったが・・・
1人、また1人とリピーターが死んでいく
騙し騙されの傑作ミステリー!

 


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



感想・ネタバレ
10人の男女が現在の記憶を持ったまま
10ヶ月前に戻って人生をやり直す物語
前半リピートするまでは退屈な展開だか
リピートしてからは騙される展開の連続で
ミステリー要素が満載でよかった!


私が10ヶ月前に戻れるなら何をするか?
・ロト7の当選番号を暗記する
・仕事のミスやトラブルを事前に防ぐ
・上がる株を記憶し投資をする


読み進めると、ただ人生をやり直す
という簡単な話ではなかった
次々にリピート参加者が死んでいく
参加者は疑心暗鬼になっていく
リピートしてからの展開は面白い
実は、リピート参加者は死ぬ予定の人が
集めてられていた事が明らかになる


主人公である大学生の毛利がダメ男で
ヘタレ過ぎて感情移入出来なかったが
究極の選択を迫られるシーンはよかった

元カノを殺してしまった毛利
・もう一度リピートしてR10から逃げる
・R10に残り犯罪者として鮎美と生きる

結局は、鮎美と鮎美の両親を見捨てて
もう1度リピートする事になるが、
毛利は衝撃のラストを迎える

リピートしても運命を変えるのは難しい
何度もやり直しができたら人として
何か足りない人間になりそうで怖かった
1回の人生を一生懸命に生きる事が大事と
気付かされた作中でした


乾くるみは「イニシエーション・ラブ」が
有名ですが「リピート」も面白く楽しめました

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ