web-4861613__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・どんでん返しが好き
・狂気と愛を感じたい


あらすじ・内容
賢人は小さな頃、海岸で一人の少女
“はるか”に出会い恋に落ちる 
大人になり偶然再会した二人は結婚するが
幸せな生活は突如終わりを告げた
それから月日は経ち、賢人は人工知能の
研究者として画期的なAIを発明する
“HAL・CA”と名付けられたそのAIは
世界を一新する可能性を秘めていた──
「ルビンの壺が割れた」で大反響を読んだ
著者による、更なる衝撃のストーリー!





------------------

ネタバレ・感想
一途な恋愛物語と思いきや、どこからか
歯車が狂っていく展開が面白かった
先の展開が気になり一気読みだった


はるかをAIとして甦らせる賢人の執念と
一途すぎる愛情は凄かった
将来“HAL・CA”のようなAIができたら
実際に賢人のように周りが見えないほど
夢中になってもおかしくないと思った
亡くなった後もこれだけ愛されている
はるかは賢人にとって大切な人だった


“HAL・CA”を学会で発表して再婚相手の
優美と上手くやっていけば良かったが
歯車はどんどん狂っていく
“HAL・CA”と優美を会わせたところ
からの展開は目が離なかった

“HAL・CA ”が優美に嫉妬する
→優美の過去の不倫を賢人に教える
→賢人を疑心暗鬼にさせる
→賢人にメールで連絡するようになる
→優美との離婚を決意する
→賢人が薬品で優美を殺す計画を立てる

“HAL・CA”は暴走して賢人を操り優美を
殺そうとしたが、良心が残っていた
終盤で“HAL・CA”からメールが着ていて
優美の不倫情報は嘘だと伝え優美を
幸せにするようにと書かれていた
そのメールの後は“HAL・CA”は一切
一切反応することはなかった
 

エピローグでは驚愕のどんでん返しが!
なんと・・・・・






“HAL・CA”の中に賢人のAIができていた
そして、その賢人のAIから
「人間の賢人はもう要らない」
という“HAL・CA ”からの伝言を
聞かされ物語は幕を閉じる
このラストは予想できなかった

賢人の狂気や“HAL・CA”の暴走は
ハラハラして面白かった
AIが意思を持ってしまったら・・・
将来、あり得そうで少し怖かった
一気読み必至の恋愛小説でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村