train-4775170__480



こんな人にオススメ
・不思議な話が好き
・色々な謎を解きたい
・騙されたい




あらすじ・内容
『月の裏側』の塚崎多聞、再登場!
旅をテーマにした不思議で怖い話

音楽ディレクターの多聞の妻はフランス
に突然里帰りし、音信不通状態に
多聞は妻の実感を訪ねるも連絡がとれない
多聞は途方に暮れ、別居生活をおくる
そこに、3人の友人が多聞を旅行に誘う
4人はそれぞれ怖い話を披露するが・・・

ー俺さ、お前の奥さんは、
ーもうこの世にいないと思う
ーお前が殺したから
(「夜明けのガスパール」)

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
旅行をテーマにした5つの短編集
ストーリーには不思議な世界観があった



・木守り男
大学の先輩 田代が言った「コモリオトコ」
多聞は川沿いを散歩している時に
ケヤキの茂みにしがみついている
痩せた骸骨のような男を目撃する


また、ベビーカーを押す「子守り男」
も出てくる
赤ちゃんの風車の色は謎だが
多聞が考えるように何かのメッセージか?


おそらく未来を予測する何らかメッセージ
田代はそのメッセージを理解している
70年代ハウスに謎を解く鍵がありそう



・悪魔を憐れむ歌
「聞くと死んでしまう音楽」
誰かが勝手につけた名、セイレン
セイレンを探しに奈良に向かう多聞

面白いが怖い
世にも奇妙な物語のような感じ
山が鳴るのは聞きたくない



・幻影キネマ
自社のミュージシャンの里帰り話
舞台は広島の尾道
どこか浮かない顔をしている保
彼が帰省し、映画の撮影を見学すると、
誰かが死ぬという話
死んだ3人には腕や足に切り傷があった

映画の撮影見学→人が死ぬ
と保は無意識に行動してした
(傷は保がつけている)

多聞が止めなかったらもう1人犠牲者が
出ていたかもしれない
保自身は事件を起こしている自覚は無く
読んで思い込みは怖いと思った

あと、尾道ラーメンが美味しそう
映画のロケ巡りしてラーメン食べたい



・砂丘ピクニック
翻訳家の楠巴と消える砂丘の謎を解く話
砂丘は消える訳がないので
夢見を見ていたか目の錯覚と予想
多聞らも月夜に砂丘を見下ろした為
窪地に見えたのではないかと想像する

また、美術館の人が消えた謎もあり
美術館に入った人が出てこない!?
ハンカチのリバーシブルがヒントで
男がジャケットを裏返して着たトリック
なぜ、多聞たちに気付かせたのか?
そして、翌日美術館は突然の休館
美術館で何があったか知りたい



・夜明けのガスパール
多聞と友人3人が夜行列車で会談話をし
さぬきうどんを食べる旅に行く話
多聞の回りでは不思議な事がよく起こる
多聞は客観的に物事を捉える冷静な男

会談話では
「元カノの子供に幽霊が遭いにくる」
「手術で腹を開いたら大量の髪の毛が」
みんなの話が気味が悪く怖い

今まで通り多聞が解決していく!
と思いきや最後は多聞自身の話

多聞は失踪した妻から送られてくる写真
の話をするが・・・
それは多聞自身が送付していた!

多聞は実父が死んだショックから
妻が失踪した妄想を抱いていた
その事を気付かせる為の旅行だった
友人の優しさに心暖まる話だった
最後に多聞に焦点があたる驚きの展開
不気味さありミステリーありで
楽しくサクサク読めました 


多聞シリーズのには『月の裏側』もあり
そっちも読みたくなりました


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村