サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

タグ:浦賀和宏

cat-3279064__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・浦賀作品が好き
・怒濤の展開を楽しみたい


あらすじ・内容
17歳の洋子は行員の佐久間と恋に落ちる
だが佐久間の仲間2人が殺害され
彼はその後、突然姿を消してしまう
洋子は佐久間を追って故郷である
東北の農村を尋ねると、かつて佐久間が
飼っていた三毛猫を発見する
村人らは佐久間はいないと口を閉ざし
洋子の監視を始める
佐久間との再会を信じる洋子を待っていた
のは、余りにも残酷な結末だった
一気読み必至のミステリー!





-------------------

ネタバレ・感想
まず、「緋い」から太陽や火を想像した
(緋色とは強い黄みの赤の事)
帯に衝撃的な結末とあり気になっていた


洋子は恋人を追って青森の農村を尋ねる
村は閉鎖的で怪しげな雰囲気・・・
洋子は佐久間の三毛猫を発見し佐久間は
村に戻っていると確信するが
村人は「この村に佐久間はいない」と言う
この村人たちは何か隠している
しかし、それが何か分からない


村人たちは何を隠しているのか?
佐久間は村に本当にいるのか?
いるなら生きているのか?


怪しげな雰囲気で謎が謎を呼び
物語に引き込まれ、ここから一気読み
浦賀作者には騙され続けているが
ここまで推理してみると


・佐久間は生きている
・事件の犯人でない
・何らか事情があり逃げている


今回も叙述トリックにやられるのかと
注意しながら読んだが、その気配は無い
後半は暴力的な描写の連続で
洋子は村人たちから無残な仕打ちを受ける
終盤にようやく洋子の父が助けにきて
村人たちを焼き殺して仕返しをする


ラストでは洋子は笹田の声を聞く
洋子の父は車を止めて周囲を見回す
洋子と笹田は再会を果たすが
父が見たものは火傷をした・・・





緋い猫 ((((゜д゜;))))





洋子は精神状態がおかしくなって
猫を笹田と感じたのか?
ミステリーからホラーに急展開(゚o゚;)
このオチは全く予想できませんでした!


1つだけモヤッとしたところは
佐久間の「死体の偽造」の謎は残されたまま
この伏線は回収して欲しかった
浦賀版のグリム童話といった作品でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


branch-1290017__480


こんな人にオススメ
・浦賀作品が好き
・どんでん返しが好き
・ミステリーの謎を解きたい


あらすじ・内容
網走に住む小説家の加納は妹を溺愛していた
妹の彩は就職の為に夕張に暮らし始め
やがて同期の奥津と婚約するが
奥津の浮気が原因で自殺してしまう
奥津への復讐を誓った兄は奥津を網走に
呼び出して殺害する
しかし、偽装工作を終えて戻る途中に
加納は交通事故を起こしてしまう
ここから物語は二つに分岐する
予測不能な衝撃の真実とは!?





------------------

ネタバレ・感想
「彼女は存在しない」や「眠りの牢獄」で
騙されて今回こそは騙されないぞ!
と思って読み進めましたが・・・








今回も浦賀トリックに騙されました(x_x;)
人間関係の把握が少し難しかったので
メモを取りながら読みました


if A →猪澤の死体を隠し通し捕まらない
if B →警察に捕まってしまう

目撃者を殺した場合のAの方が捕まらず
終わるのかと思いきや
警察に捕まったのは加納卓也だった!!
ここで軽くて混乱する(゜o゜;)?

if A とif Bでパラレルワールド的な話

かと思いきや1つのストーリーだった!
if Aとif B の真相をまとめると



if A 
約30年前の話
犯人 加納豪(花田欽也)
被害者 奥津行彦(奥津父)
目撃者 猪澤五郎

if B 
現在の話
犯人 加納卓也(奥津息子)
被害者 奥津信也
目撃者 鈴木太郎


これを理解して読み返すと話が通ります!
読んでいる途中の違和感も解決します
伏線も張り巡らせてあり、見抜くチャンス
はたくさんあったのに!
叙述トリックにやられました


if A
・加納豪だとしっかり書かれている
・Nシステムを気にしていない
・携帯電話が出てこない

if B
・加納としか書かれていない
・Nシステムを気にしている
・if Bのみ桑原銀次郎が出る


プロローグで完全にミスリードされました
世代の違いを分かりにくく描いており
if Aとif Bを分けて読むと全く別の話に
絶妙な言い回しで読者を騙す描写に脱帽
読み直し必至のミステリーでした!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

woman-5885402__480



こんな人にオススメ
・ミステリーが好き
・騙されない自信がある
・どんでん返し物が読みたい


あらすじ・内容

平凡だが幸せな生活をしていた香奈子の
日常は、恋人・貴治が殺されたのを契機に
狂い始める・・・
同じ頃、妹の度重なる異常行動を目撃し
多重人格の疑いを強めていた根本
次々と発生する凄惨な事件が香奈子と
根本を結びつけていく
その出会いが意味するものはー。
どんでん返しミステリー!

 


-------------------

ネタバレ・感想

浦賀作品をは「眠りの牢獄」に次いで2作品目
今回は騙されないないぞ!
と意気込んで読みました(笑)




結果はというと今回も騙されました・・・




物語は多重人格の叙述ミステリー
香奈子と根本有希の視点で進行する
普通に読めば根本有希の妹、亜矢子は
多重人格で下記の3つの人格がある

①亜矢子
②由子
③殺人鬼
(殺人を犯した人格が同じ場合)


しかし、終盤に驚く事が起こる
浦賀の家で根本有希が妹を刺すシーン


根本有希の視点では
→妹の亜矢子を刺している

香奈子の視点では
香奈子が有希に刺されている!!

香奈子を刺した瞬間は何でそっち!?
頭がおかしくなって間違えたのか?
と一瞬混乱しました(゜o゜;)
もちろん間違いではありません
なんと・・・・・・・




香奈子も亜矢子の人格の1人でした!




実際の亜矢子の多重人格は
①亜矢子
②由子
③殺人鬼
④香奈子

うん、ちょっと待てよ?
由子と香奈子は会っているので
由子=香奈子はありえません
しかし、これにもトリックがありました

由子は2人いたのです!

①亜矢子の多重人格の1人である由子
②中村由子(本物の由子)

序盤から香奈子と由子が一緒にいるので
香奈子=由子はないとミスリードされます
私は完全に引っかかりました
後から読み返してもおかしな点はなく
うまく香奈子=由子を隠しています


伏線もたくさんありました
・由子が香奈子を亜矢子と間違える
・亜矢子の部屋に「笑いの報酬」があった事
・香奈子が貴治が殺されてた事を知らない

中盤に香奈子と由子が食事をするシーンでは
「あなたが今、目の前にしている彼女。
彼女が貴治を殺したとあなたは疑ってるね。
でも貴治を殺したのは私なのよ」
と答えを言っています(心の声で)
これも大きな伏線でした


物語にに登場する女性は

・亜矢子
・香奈子
・由子
・恵

タイトルである彼女は存在しないの
「彼女」とは香奈子の事でした
しっかり叙述トリックにやられ
完全に浦賀作品ファンになりました
他の作品も是非読みたいです!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

bed-3013209__480


こんな人にオススメ
・騙されたい
・一気読みしたい
・ミステリーが好き


あらすじ・内容
階段から落ちた恋人・亜矢子は意識不明の
まま昏睡状態になってしまう
それから5年、浦賀は亜矢子の兄に
呼び出され、友人の北澤・吉野と共に
地下室に閉じ込められてしまう
解放の条件は「亜矢子を突き落とした人物が
誰なのか」の答えを出すことだった
外部で進行する「交換殺人」の本当の目的
は何なのか?
驚愕の結末は予測不可能!?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
この小説は浦賀と亜矢子が階段から
突き落とされるシーンから始まる
その後、亜矢子に読ませる為に書いた
小説として物語が進展していく

一方で、冴子と沙羅子の「交換殺人」も
同時進行し、どこで物語が繋がるのか
推理しながら読み進めた


物語が大きく動くのは17章から
浦賀、北澤、吉野が地下室に閉じ込められ
その内の北澤が首を吊って死体で見つかる
シーンから急展開する

亜矢子を突き落としたのは自分だという
遺書もあったので、残された2人は
北澤は責任を取って自殺したと考える


そして、衝撃的な事が起こる!
水道から水が出なくなり、浦賀は
閉じ込められた恐怖からなのか
吉野がおかしくなり、北澤の首を切り
血を飲み、肉を食っていた


怖すぎる((((゜д゜;))))
浦賀は狂った吉野と2人で嫌すぎる!
想像しただけで震えてくる


そして、もう1つ驚く事があった
刑事から救助された時の浦賀の証言

「この家の住人にーー新堂太一に
ここに閉じ込められたんです」

亜矢子の兄が新堂太一だった!!
これまで、別々の話だったのが
繋がっていく


また、18章の序盤で
北澤博は、悩み多き男だった
と書かれている

ここでようやく
北澤博=鶸千路沙羅子と分かり
北澤が立てた冴子を陥れる為の計画で
新堂太一を殺害し、遺産を手にする事が
目的だった
(自分自身を監禁しアリバイを作る)


19章でも物語は加速する
浦賀が吉野の家を訪れて
北澤を殺したのは吉野だと迫る
動機は地下室から出たいので
北澤に罪をなすりつけ殺害した

浦賀と亜矢子を突き落とした動機は
浦賀と亜矢子が女同士で交わっている
場面を目撃してしまったから
浦賀は女性だった!!
その光景を見た為に嫉妬に狂って
亜矢子を突き落としたのでした
(吉野は浦賀の事が好きだった)

完全にミスリードにやられました
浦賀が女性だと気付いたのは
修学旅行のくだりでした←遅すぎる(笑)
伏線はいくつもあったのに
全く気付きませんでした


このどんでん返しで終わるかと思ったが
まだまだありました
ここに書かれていた事は全て浦賀(女)が
書いた小説の中の内容だった!!


230ページ程でよく作り込まれ
どんでん返しの連続が凄いです!
伏線も見事に張り巡られて面白い
しっかり回収してスッキリします
大満足の1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ