サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

タグ:湊かなえ

sky-1445077__480



こんな人にオススメ
・絵本が好き
・一気読みしたい
・深い絆がある話が好き



あらすじ・内容
政治家の妻である陽子が描いた絵本
『あおぞらリボン』がベストセラーになる
新聞記者の晴美とは親友同士で
共に幼い頃に親に捨てられ児童養護施設で
育った過去を持っていた
ある日、陽子の息子が誘拐され
「息子を返して欲しければ、真実を公表しろ」
という脅迫状が届く
「真実」とは一体何か?そして犯人は・・・
一気読み必至のミステリー! 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
湊かなえにしてはあっさりしていて
登場人物もいい人が多かった
他の作品と比べて毒が少い感じで
話もキレイにまとまっている


息子を誘拐した犯人は状況から考えると
顔見知りの晴美か亜紀しかいない
読み進めると殺人事件の被害者遺族
である晴美だと予想できた


終盤に朝日学園でのシーン
陽子と晴美が涙を流すところは感動した
過去に児童養護施設で育った同じ境遇
同じくだからこそ、共感し嫉妬もし
二人の間には強い絆があった!


ただ、話はそこで終わらない
陽子と晴美に元に政紀と岩崎に
連れられた下田弥生が登場する
そこで下田弥生が言ったことは



「私の娘は陽子さんじゃない。
  晴美さん、あなたよ」



被害者遺族→陽子
加害者遺族→晴美

最後で陽子と晴美の立場が逆転する
それでも陽子は晴美を受け入れて
陽子と晴美は強く抱きしめ合い、別れる

ラストシーンの親子三人で手を繋ぐ描写
門柱に結ばれ、柔らかく輝く青いリボン
どちらも美しく思えた

境遇というものが人生に与える影響、
そして人と人との絆の深さを実感した
巻末の絵本も可愛くて良かった


少し深読みすれば、
陽子は晴美が誘拐犯と知っていた可能性
(息子が誘拐されたのに落ち着き過ぎていた)
どちらにせよ陽子はいい人だった
推理、感動、絵本と満足な1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

park-3690895_1280


こんな人にオススメ
・イヤミスを読みたい
・色んな立場から物語を見たい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
空気がキレイな穏やかな田舎町で起きた、
憎たらしい、美少女殺人事件
犯人と思われる男の顔を思い出せない
少女4人達に投げつけられた激情の言葉が
彼女たちの運命を大きく狂わせる
これで、私の罪は償えたのか?
「罪」と「贖罪」の意味を問うミステリー!


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネタバレ・感想
湊かなえ作品は嫌な気持ちになるが、
何故か読むのやめられない
複雑に絡み合ったストーリーを紐解き
期待通りに着地させる技量は流石
「告白」同様に少しずつ真実が明らかに


娘のエミリを殺された麻子
麻子の言葉が少女たちを狂わせていく
人殺しと言った事が皮肉にも現実になる
少女たちは罪の意識を心に持ち
贖罪を果たしていく


麻子の過去の行動が負の連鎖のはじまり
その連鎖がどんどん広がっていく


麻子の身勝手な言動
愛する人を失い人生が狂った犯人(南條)
麻子に対する復讐の為、殺人を犯す
巻き込まれた少女たちも犯罪を犯す
悲劇の連鎖になる


徐々に明らかになる事件の真相
娘が殺された原因が自分だと気づく
罪を償なければならない人物は麻子だった

南條に結婚する前に妊娠していた事
それが南條との子供である事を伝える
小説ではその後の事は描かれていないが
最終章の麻子の手紙に「そのあと彼が
どうなったかは、あなたたちも知って
いることと思います」とあるので
自殺か自首か何らかの行動を取っている
(ドラマ化もされ、ドラマでは自殺)

 
物語の最後での真紀と由佳の会話に
未来への希望が見えたのはよかった
人は知らず知らずに人を傷つける生き物
自分にとっては何気ない一言が
相手を傷つける事になる場合もある
考えさせられる作品でした


summer-4318824__480



こんな人にオススメ
・違和感を楽しみたい
・イヤミスを読みたい
・どんでん返しが好き


あらすじ・内容
主人公の結衣子が小学1年生の時、
二歳上の姉・万佑子が失踪した
目撃証言を元に捜索するも見つからない
必死に捜す家族の前に二年後、
姉を名乗る見知らぬ少女が帰ってきた
喜ぶ家族の中で結衣子だけが違和感を
抱き続けていた
姉は「本物」なのか!?
衝撃の真実にたどり着くミステリー! 




------------------

ネタバレ・感想
失踪した姉が二年後に帰ってくる
しかし、どこか違和感がある
本物なのか?偽物なのか?

冒頭から「お姉ちゃん」「万佑子ちゃん」
と結衣子が言っていたので入れ替わりは
予測する事はできた


結衣子以外にも不信感を抱く者もおり
DNA鑑定を行う事になる
ここで親子じゃないて分かり
次はどんな展開になるのかと思ったら
親子で間違いないという結果だった!


それでも結衣子だけは違和感を抱き続ける
結末が気になり、そこから一気読み

真相は新生児の時に入れ替わっていて
失踪事件後に本当の両親の所へ戻っていた
戻ってきた万佑子は血がつながった姉
ハルカは失踪前まで一緒に暮らした姉
本物はどっちなのか?

どちらも本物ではある
もし、自分が同じ境遇になったとしたら
8歳まで育てた娘に愛情が湧いて
本当の両親へ戻す事は考えられない
血は繋がってなくても親子だと思う


結衣子は両親から真実を隠されたり
ブランカを使って捜索されられたり
かわいそうだった

ハルカも本当の家族になる為に
一生懸命に努力していて健気だった
ラストも後味が悪い終わり方
難しいとは思うが本当の家族になって欲しい


読書を引きつける伏線の配置と
終始に漂う不穏な雰囲気は湊かなえらしい
ミステリー要素も十分で面白い作品でした


coffee-3043424__480


こんな人にオススメ
・どんでん返しが好き
・一気読みしたい
・イヤミスが読みたい


あらすじ・内容
平凡なサラリーマンの深瀬和久
唯一の楽しみは近所のコーヒーショップ
に通うことだった
そんな穏やかな生活が越智美穂子との
出合いにで華やかになり始めるが・・・ 
ある日、彼女のもとへ告発文が届く
「深瀬和久は人殺しだ」という内容
深瀬は苦悩し過去を美穂子へ打ち明ける 





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
とにかく衝撃のラストだった
湊かなでに騙されてしまったΣ(゚Д゚)

「深瀬和久は人殺しだ」から始まり
心当たりがないならイヤな悪戯で終わるが
深瀬には心当たりがあった

告発文を送った犯人は誰か?
誰が罪を暴こうとしているのか?
親友の広沢の事故の真相は?

主人公、深瀬の目線で物語は進行する
となかく先の展開が気になり一気読み
散りばめられた伏線をしっかり回収
緻密に作られた物語でした

終盤は卑屈な主人公が前を向き始め
美穂子との関係も修復してします
ハッピーエンドと思いきや
広沢の事故の原因を作ったのは
深瀬で犯人は自分自身という衝撃の真相
流石、イヤミスの女王らしいラスト 


今まではゼミの4人で秘密を共有してたが
今後は1人で背負っていく事になる

意図せずも親友の事故の原因をつくり
その結果、美穂子を奪った深瀬
今後、美穂子との関係はどうなるのか?


秘密を墓場まで持っていく
→苦悩し続けなから美穂子と暮らす
 うまく付き合っていけるのか?

美穂子に真実を告げる
→美穂子との関係は終わる

どちらを選んでも必ず苦悩する
深瀬の今後が心配になります
自分なら真実は誰にも言えないなー

読み終えたあとに後味が残る
作品自体がコーヒーのようでした
見事に騙され、面白い作品でした


condominium-690086__480


こんな人にオススメ
・人のダークな部分を読みたい
・色々な視点から物語を見たい
・リアルな人物描写を楽しみたい


あらすじ・内容
高級住宅地に住むエリート一家で
殺人事件が驚きの殺人事件が起こる
父親が被害者で母親が加害者・・・
遺された子供たちはどうなるのか!?
向かいに住む住人の達の視点から
事件の真相が明らかになっていく


 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
高級住宅地での家庭内の殺人事件
誰もが羨むエリート一家での出来事
他人から見れば何も不自由なない一家
に見えるが真相は違っていた

近所の一人達の視点から事件を見ていく
心理描写が上手で特に遠藤家と小島家の
女達にはイライラした
他人の事は他人自身しか分からないのに
さも分かっているように振舞う人達
人間の嫌な部分をリアルに描写していた

それぞれの視点で物語が変わり
どこの家族でも起こりそうな怖さがあった
それぞれの「家族」描かれていて
家族の大切さついて考えされられた
ラストは事件の真実とは違っていたが
未来に希望が持てる終わり方で良かった

観覧車に乗って見えない“モノ”は
他の観覧車の中の出来事
観覧車から見える外の景色も
高さによって見え方が変わっていく
それを家族に見立ている作品だった

ふと、疑問に思った事がひとつ
小島さと子の夫が一度も出てこない
家にいる様子は全くない
一緒に暮らしてないのか?
おせっかいでウザい小島だが
高橋家を気に掛けたりしていい人に
なっていて面白かった
 

殺人事件の当事者の視点は一切ない
事件の本質は犯人にしか分からない
他人を見て思ったり感じたりする事は
本当の真実とは限らない
本当の気持ちは本人しか分からない

相手の気持ちを読み取る事より
相手に寄り添う気持ちが大切
だと考えされられる作品でした


↑このページのトップヘ