サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

タグ:石持浅海

diving-813028__480


こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・ロジカルなミステリーが好き
・クローズドサークル物が読みたい


あらすじ・内容
大時化の海での遭難事故を経験した6人
その経験により信頼と強い絆で結ばれる
その中の一人、米村美月が自殺した
遺された5人は彼女の自殺に疑問を持ち
死に隠されてた謎について議論を始める
お互いを信じ、海に魅せられた者達が
小さな手がかりから論理展開していく!


 


-------------------

ネタバレ・感想
今回も石持ワールド全開でした 
6人の仲間の内、一人が自殺する
遺された5人が彼女の死について議論する

舞台は、マンションの一室

設定が変わっているのは自殺は確定で
“悪意”が全く無いミステリーという事


・青酸カリの瓶の蓋は誰が閉めたのか?
・何故、自殺したのか?
・協力者は誰なのか?


ストーリーは地味で派手な展開も無い
仲間内で自殺の真相を論理展開する内容
でも、ロジカルで面白い!!
頭をフル回転させながら一気読み


美月の死が自殺と確定しているので
小さな違和感から協力者を推理していく


児島克之
→美月の自殺を発見している
 主人公なので協力者では無い

三好保雄
→自宅マンションで自殺される
 遺書からも協力者とは考えにくい

吉川清美
→主人公の恋人
 児島とのやり取りから考えにくい

大橋麻子
→サバサバした性格
 麻子だけが“美月”と呼んでいる

磯崎義春
→冷静で頭が切れる
 細かい所に気が付く


探偵と犯人の心理戦では無く
あくまでも仲間内で納得できる“答え”
を目指して議論を繰り広げていく


美月に人工呼吸しようとした児島を
磯崎が止めていたので磯崎が協力者である
と推理する事はできた
(青酸カリでの自殺と知っていたから)


ただ、美月自殺の理由は分からない
せっかく遭難事故から生き延びたのに
自殺を選択する意味が分からない
生死の極限状態を体験したら変わるのか?
運命共同体の絆ができるのか?
その絆は自殺する程なのか?
自殺の動機は理解できなかった


ラストシーンでは磯崎が青酸カリ入りの
魚肉ソーセージを食べて自殺する
悲しい余韻を残して物語は終わる
磯崎は自殺しなくてよかったと思うが
磯崎なりの信念があったんだろう


ビールを飲みながらの推理(議論)と
いうシチュエーションは良かった
ビールが飲みたくなりました(笑)


ただ、三好は自宅マンションで
仲間が2人自殺と災難すぎる
それだけで三好の人の良さが分かります
三好みたいな人が知り合いに欲しい


磯崎と美月の間に子供が出来ていれば
こんな結末にはならなかっただろう
仲間の信頼を証明するための推理
美しく切ないミステリーでした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


pocketknife-795946__480



こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・頭脳戦を楽しみたい
・サイコパス物が読みたい


あらすじ・内容
並木直俊は決意した「3人の人間を殺す」
完璧な準備を整え、自らには疑惑が
かからないような計画で
標的は、仁美、真理江、幸の美女たち
倫理観?命の尊さ?そんな問題ではない
「破滅」を避ける為には、彼女たちを
殺すしかないのだ!!
しかし、事態は思わぬ方向へ転がり始める
驚愕と緊迫の連続殺人ストーリー





-------------------

ネタバレ・感想
並木は、たった一晩で何人もの親しい
友人たちを殺害する
1人目の恋人あかねは正当防衛だった
その殺人をきっかけに次々と人を殺す
物語はほぼ並木の視点で描かれおり
「殺人」にあたる緊張と興奮、そして快感
を丁寧に描写していて緊迫感があった


殺人という極限状態の中で冷静に判断して
行動する並木が怖かった((((゜д゜;))))
普通に考えて一晩で3人を殺す事は難しい
しかも、準備もしていない
ぶっつけ本番で数時間しか猶予は無い

・そもそも彼女たちは家にいるのか?
・1人でいるのか?彼氏は?友達は?
・ドアを開けてくれるのか?

不確定要素が多くて行き当たりばったり
その中で効率良く、証拠を残さずに
頭をフル回転させながら行動していく
並木の視点で「自分ならどうするか?」と
考えてながら読んだのでハラハラした


動機は隠されながら物語は進行するが
分かった時は少し腑に落ちなかった
並木は「覚醒」止めようと行動したが、
自分自身が「覚醒」してしまう事になる
結局、幸も「覚醒」してしまい
被害者支援団体の関係者は殺害され
誰も救われていない


面白かったが、それよりも・・・
こんな石持浅海は読んだ事が無い
ロジカルで息を呑む頭脳ミステリーを
想像していたらシリアルキラー?
これが一番驚きました


本作は幸の今後が気になる終わり方
「覚醒」した幸の続編が読みたい!
できる事なら作品間リンクさせて
座間味くんか碓氷優佳と対決して欲しい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

recreational-vehicle-3333103__480

こんな人にオススメ
・頭脳戦を楽しみたい
・クローズドサークルが好き
・脱出&謎解きに挑戦したい



あらすじ・内容
大学卒業旅行でトレーラーハウスでの
キャンプを計画した男女9人
だが、ドアを閉めた瞬間にロックが
かかりトレーラーハウスは脱出不可の
密室になってしまう
混乱の中で1人が命を落とし、
悪意に満ちたメッセージが見つかる!
罠を仕掛けたのは誰か?
果たし脱出はできるのか?
息詰まる頭脳戦が始まる!


 

-------------------

ネタバレ・感想
トレーラーハウスに大学生が9人
楽しい卒業旅行になるはずが、
いきなり、閉じ込められてしまう
設定が面白くて物語に引き込まれた


脱出を図るが罠が仕掛けられており
外部との連絡も取れない
閉鎖された密室での頭脳戦が良かった


画鋲という悪意に満ちたトラップ
地味だが効果は抜群にある
密室に加え自由に動けないし
精神的にもじわじわ追い込まれる
罠の一つ一つは小さいが
1人死んでいるので悪ふざけでは済まない

同級生の死体を前にして推理をしなければ
ならないので心は穏やかではない
本橋に感情移入しながら読み進めた


1時間毎になるアラームとメッセージ
犯人の執念や異常さを感じるさせる
展開が気になり一気読み必至



トレーラーハウスに罠を仕掛ける事が
できたのは古木なので犯人と推理する
(内部に共犯者あり広瀬かまなつ)




しかし、古木は・・・
冷蔵庫の中で死体で発見される!
見事に私の推理はハズレ(笑)

 


その後、広瀬の推理で犯人が分かる

「もう、3人も怪我をしてるんだから
本橋くんまで怪我刺したら、大変だよ」
という、まなつのセリフ

この3人というのがミソ
・画鋲を踏んだ広瀬
・画鋲を握った矢野
まなつが殺した古木

(本橋は額を怪我したが本橋にかけられた
言葉だから本橋はカウントされない)

(木戸はこの時点では怪我かどうか不明
なのでカウントされない)

頭がキレる広瀬はこの違和感から
まなつが犯人と見破る!
この状況の中で冷静過ぎる
(私だったらパニック状態で画鋲で
怪我だらけになってただろう)


鋭い人なら物語の序盤でまなつが怪しいと
目星を付けるんだろうなー


他にも受付カウンターでの違和感
「ええ。古木様、今日から10名様
「ええ。みえられてますけど・・・・。」
伏線はここにもあったー
全然気付きませんでした(x_x;)


ストーブと濡れたタオルで窓ガラスを
壊すき方法をもっと早く気付いていたら
話の展開は違っていただろう
まなつが止めていただろうか?

今後、緊急事に使う機会があったら
(無い方がいいが)試したいと思った


最後に残る謎が1つ
なぜ、水が出ないと分かった時に
冷蔵庫を調べなかったのか?
水が出なくて喉が渇けば誰しもが
冷蔵庫を思い浮かべる

調べられてもいいと思っていたのか?
古木の死体が早くに発見されれば
みんながパニック状態になる
→古木関係から動機を考える
→中井戸の事故の真相が分かる
→まなつが探していた人物が見つかる


本作も石持浅見ワールド全開でした
推理し検証してひっくり返す
息を呑む頭脳戦が楽しめました
小さな違和感や伏線も良かった

トレーラーハウスが舞台なのも斬新
ラストシーンも映えると思うし
映像化しても面白そうだと思いました

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

melon-4441234__480



こんな人にオススメ
・頭脳戦が好き
・一気読みしたい
・心理描写を楽しみたい


あらすじ・内容
楡井和樹は恩師の仇である工藤を殺した
しかし、裏切り者であるかつての親友
設楽宏一にこの事実を突きつけなければ、
復讐は完結しない
設楽邸を訪れた楡井は、設楽の妻、妹、
秘書から歓待を受ける
だが、息子の誕生パーティーなのに
設楽は書斎に引きこもり出てこない
書斎で何が起こっているのか?
美女3人との探り合いで驚愕の真実が
明らかになる!! 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
楡井の視点で物語が進行する
手土産(江藤の生首)を持って友人宅を
訪れるが、家族と秘書に阻まれて
中々、設楽に会うことができない
何故なのか!?


3人の美女の言動に違和感を感じるが
何に対してはなのかは分からない


真澄に対する違和感
書斎に入れないのに、椅子が壁に当たる音
だとすぐに答えた事

さち子に対する違和感
お面を被った息子を見た時の反応や
息子に対してやたら強く叱っている


遠野に対する違和感
本当に設楽と話しているのか?
メロンを見た時の反応


途中まで読んで、推理すると

・設楽は死んでいる
・生きてはいるが会えない理由がある

死んでいる場合はお面を渡した後から
楡井が訪問する間に殺害されている
大樹が塀に登っているのに気付かないし
美女3人はかなり切羽詰まっていた
死体の処理やこれからの事を考えていた
楡井を家へ入れるつもりは無かったが
大樹を助けてもらった為、招き入れる
その為、会わせないようにしている
何かを隠している違和感も説明できる

生きている場合は何らかのトラブルか
本当に緊急の仕事で手が離せないでいる
しかし、美女3人の反応からしっくりこない
設楽死亡説と予想し、最終章を読むと・・




設楽は生きていた!
恩師の復讐を実行し、悪徳弁護士を殺害して
生首を部屋の冷凍庫に入れていた
(楡井に見せる為に)
親友同士で互いに勘違いをしていたが
2人とも復讐を実行していた!


事が露見してからの美女達の切替は見事
真澄たちは完全犯罪にしろと言う
頭のキレる遠野や楡井が協力すれば
事件が発覚する事はないだろう
ハッピーエンド?かは分からないが
石持浅海らしい心理戦を楽しめました!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

coffee-beans-2258869__480


こんな人にオススメ
・倒叙ミステリーが好き
・頭脳戦を楽しみたい
・色々な角度から物語を見たい


あらすじ・内容
余命半年のガン告知を受けた社長の日向は
社員の梶間に自分を殺させる最期を選んだ
日向には、創業仲間だった梶間の父を
殺した過去があった!
梶間を殺人犯にさせない形で殺人を実行
させるために幹部候補を研修に参加させる
彼の思惑通りに進むかな見えたが、
ゲストの碓氷優佳の推理が日向の計画を
狂わせ始めた・・・
殺人は成功するのか!?
碓氷優佳シリーズ第2弾!!


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネタバレ・感想
「扉は閉ざされたまま」に次ぐシリーズ2作目
今回も碓氷優佳の推理が炸裂する!



・殺されたい日向
・殺したい梶間
・そして阻止したい碓氷優佳

 
この3者の駆け引きが面白い
前作同様に観察眼が鋭く恐ろしく
頭脳戦を繰り広げていく


冒頭は119番への通報シーンから始まる
日向は殺されたのかーと思いながら読んだ
すぐに犯行が起こって梶間vs優佳の展開かと
思いきや中々犯行は起こらない


「殺されたい側」が「殺したい側」の為に
殺しやすい環境を作り
この2人の視点で物語が進行していく



そして「探偵」は殺人が起きないように
防ぐという設定が斬新で良い


頭脳戦も面白く読み応えがあった
相変わらず恐ろしく頭がキレます!


ラストは梶間が日向の部屋に入るシーンで
終わり、どちらが死んだか分からない
結末は読者に委ねる形でした
私は梶間の殺人が成功したとおもます

シリーズ3作品目『彼女が追ってくる』
もありますので気になる方はどうぞ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ