サラリーマンの読書

読書好きのサラリーマンです オススメの本を紹介しています! 生活に活かせる情報も発信中(^_^)/

タグ:秋吉理香子

2a7e1480a1ba3ba60f46630ef9034a93



こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・一気読みしたい
・サスペンスが好き



あらすじ・内容
ただ幸せになりたかったはずだった──
市役所の児童福祉課で働く福浦咲良は
8歳のカオリを男手ひとつで育てる
開業医の考太と出逢い、結婚する
誰もが羨む幸せな家庭を手に入れた
しかし、「理想の家庭をつくる」という
咲良の願望は知らぬ間に自身を追い詰め
次第に歯車を狂わせていく……。
映画「哀愁しんでれら」を原案に「暗黒女子」
の著者・秋吉理香子が新たに生みだした
「もう一人のシンデレラ」の物語
禁断の裏おとぎサスペンス開幕!


     


―――――――――――――――――――――――








ネタバレ・感想
序盤の咲良は不運の連続だった
恋人の浮気、父の飲酒運転、家が火事
これは大変すぎる(;´д`)
しかも、母親がいないため家事全般を
しないといけないし、経済的にも厳しい
結婚している友達を羨ましく思っていた


そこへ現れたのは開業医の考太は
まさに王子様だった
・助けたお礼に高価なお返し
・入院した祖父に後日
・仕事が無い父に就職先を紹介
・妹の家庭教師をしてくれる

考太いい人すぎるだろ!
確かな経済力と行動力で福浦家の
問題は解決していく


一方、考太にとっても若くて美人で
家庭的な咲良は魅力的で惹かれていく
男手ひとつで娘を育てる大変さや
難しさを痛感していた考太にとって
娘・カオリの母親としても必要な存在
カオリの人押しもあり出会ってすぐに
も関わらず二人は結婚した


これで家族仲良く幸せに暮らしました
とはなるハズはなく秋吉作品らしい
ゾワゾワした展開が待っていた


まず、完璧な王子様にみえた考太は
娘の事になると周りが見えなくなる
モンスターペアレントだった!
娘を溺愛し娘の言う事しか信じない
娘を悪く言う(事実を言っただけの)
咲良の言う事には耳を貸さず
暴言を吐くヒドイ始末だった
咲良のカオリに対する愛情が足りない
と思い込み次第にストレスが増える
そのストレスを発散させる方法が怖い
アトリエで陶芸をしている考太は
咲良の人形を作りそれを切り刻む
もう、怖すぎだろ((( ;゚Д゚)))


娘のカオリにも問題があった
母がいないので寂しくてかまって
欲しかったんだろうが闇が深かった

・咲良が作った弁当を捨てる
・嘘をついて周りを困らせる
・友達を窓から突き落とし殺害

考太より娘の方がヤバい
嘘をつく気持ちは分かるし
来美がおせっかいで勘違い女で
嫌いになるのも理解できるが
殺すのはイカれていた
子供の残酷さが描かれていた


シンデレラになれたかと思いきや
咲良は大変な家に嫁いでしまった
終盤、カオリを叩いてしまった事が
考太の逆鱗に触れ家から追い出される
何もかも嫌になった咲良は道路に
倒れ込んで自殺を図る
迫りくる車のエンジン音……
咲良は死を覚悟するも考太が救出した
咲良は考太の謝罪を受け入れて
泉澤に戻り家族に幸せが戻った


しかし、これだけでは終わらない
カオリには来美を突き落とした現場を
渉に目撃されていた
それによりクラスでいじめを受けていた
考太は学校に抗議するが学校側は無視
逆に警察に通報すると言い渡される
窮地に立たされたカオリの為に咲良が
恐ろしい行動を起こす


カオリの学校での予防接種になぜか
咲良が動向しサポートをしていた
生徒だけでなく教師や全職員に注射を
打ち終わると満足そうに微笑み会う
イヤな予感が止まらない(;´゚д゚)ゞ
注射器に仕込まれていたのは
なんと、
インシュリンだった!


そして、ラストの教室のシーンは
狂気の地獄絵図だった
動かなくなったクラスメイト
この状況を見たカオリの目は輝く

考太
「これなら誰にも邪魔されず学校に
来られるよな?」

カオリ
「バッチリ!パパ、ママ、
本当にありがとう!」


このやりとりはおかしいだろ!
教壇に立つ咲良は目を細める
唯一まともだった咲良も壊れていた
この家族は狂っていた((( ;゚Д゚)))
これがプロローグの事件の真相だった
先の展開はある程度読めたが
ここまで行くと思わなかった
後味が悪くゾワゾワする1冊でした



【映画との違い】
福浦小春・・・土屋太鳳
泉澤大悟・・・田中圭
泉澤ヒカリ・・COCO

・名前が微妙に違う
・小春の家は自転車屋
・ヒカリが来実を突き落としたか不明
・インフルエンザの予防接種

ヒカリは来実に近づいたが
突き落としたシーンは無い
メガネの女の子供が小春に渡した
手紙には書かれていたのは

「ヒカリちゃんは殺していない
  みんな知ってるよ」

これが真実ならヒカリは未実を殺して
おらず、来実が足を滑らせた事故
ヒカリがやったとワタルが証言した
のは筆箱事件の仕返しと考えられる


他は小説とほぼ同じ内容だった
“哀愁”といえる甘さはなくイヤサス全開
ちなみに土屋太鳳はオファーを3回
断ったとインタビューで語っている
確かにこの役を演じるのは大変そうだ
ゾワゾワしたくてサスペンス好きに
オススメの作品になってます

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

home-office-5112708_1280



こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・一気読みしたい
・心理描写を楽しみたい



あらすじ・内容
医者の英雄と一見、幸せな結婚生活を
送る絵里は本当の名前は咲花子といい、
英雄が元夫を殺した証拠を探していた
一年半前、咲花子は刑事から当時の夫が
転落したことを知らされる
しかし、夫殺しの容疑者であった英雄
の不起訴が決定した
彼女は真相を探るべく、顔と名前を
変えるて英雄に近づいた──
復讐のために、人はどこまで非情に
なれるのか?一人の女の情念を描いた
サスペンス・ミステリー!


    



―――――――――――――――――――――――






ネタバレ・感想
夫を殺された咲花子は復讐する為に
名前と顔を変えて英雄の妻になる
英雄が犯人となる証拠を探していくが
中々証拠は出てこない


憎い相手をそばに置き、衝動を飼い殺し
ながら英雄を愛したふりをする咲花子
心の中にいる忠時の死の真相を解明
しようとする執念は凄い
復讐という名の灼熱が灯っていた


咲花子目線で英雄を見てもいい人にしか
見えず、殺人犯じゃなさそうだった
咲花子は戸惑いながらも次第に英雄に
惹かれていく
デート中にバイクで事故を起こした怪我人
を助けた様子からも犯人とは思えない


亜希子の病室で英雄のパソコンを見つけて
からは緊迫感があって良かった
特にパソコンを雑誌で隠しているシーン
は背後に英雄がいるしバレたらおしまい
何とかバレなかったが、英雄からは
怪しまれハラハラした((( ;゚Д゚)))


互いに怪しむ咲花子と英雄
亜希子が退院して一緒に暮らすように
なって安堵する咲花子だったが・・・

亜希子には全てバレていた!

亜希子は最初から咲花子を疑っていて
初めてメールした時にマルウェアを
送り咲花子の行動を監視していた!
また、パソコンにはスパイウェアを
入れて咲花子に渡していた
パソコンを調べた時間や見た内容
まで亜希子にはバレていた( 。゚Д゚。)
亜希子はノーマークだった
ITの勉強してたしなー


そして、亜希子は咲花子を殺そうと
アイスピックを振りかぶる
もう、ダメかと思った時に英雄が
二人の間に入るが肺を刺されてしまう
苦しむ英雄から発せられた言葉で
新たな真相がわかる

英雄は忠時を殺しておらず
英雄が殺したのは咲花子の父だった!

だから、車を運転しなかったのかー
医者にしては慎ましい生活は咲花子を
金銭的に支援していたからだった


ラストの海に英雄の骨を撒くシーンは
印象的だった
咲花子は様々な感情が渦巻いていた

憎んでいるのか。愛しているのか。
哀しいのか。嬉しいのか。
惨めなのか。幸福なのか。
泣いているのか。笑っているのか。
罷業なのか。潔いのか。
弱いのか。強いのか。
愚かなのか。聡いのか。
地獄にいるのか。天国にいるのか。

この対比は咲花子の感情だが
咲花子と英雄の対比になっている
この心理の描き方は上手いと思った


どんなイヤミスが来るかと思ったが
真相は切なくやるせない気持ちになった
忠時の死は事故だった
父親の復讐は果たせたが、悲しい
亜希子がパソコンを渡さなければ
3人で仲良く暮らしていたかもしれない
忠時の復讐に燃えていたが
次第に英雄に惹かれる咲花子
絵里(咲花子)を愛した英雄
兄を守りたかった亜希子
みんなが悪人ではないが為に
すれ違いが大きくなってしまった


咲花子は父親は殺されるし
愛した男は次々に死んでしまうし
もっと早く真相を掴めばよかったのか?
それとも隠し通せれば幸せだったのか?
咲花子と亜希子は幸せになってほしい


秋吉作品にしてはイヤミス度は低め
物語に引き込まれ一気読みだった
伏線も至るところにちりばめられ
大満足な1冊でした!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

gentian-238644__480



こんな人にオススメ
・イヤミスが好き
・一気読みしたい
・どんでん返しを楽しみたい



あらすじ・内容
由美子たち4人には強烈な同級生がいた
正義だけで動く女・範子である
彼女の正義感は異常で法から逸れること
を絶対に許さない
由美子たちもやっと掴んだ夢や恋人との
関係、家族までも壊されそになり……
このままでは人生を無茶苦茶にされる!
追い詰めらた4人は範子を殺した
しかし、5年後に死んだはずの彼女から
1通の招待状が届く!



     


――――――――――――――――――――――





ネタバレ・感想
正義を重んじて頼りなる女友達の範子
行動は間違っておらず正しいが度が過ぎる
この強烈なキャラが面白かった
序盤から一気に物語に引き込まれた


絶対的な“正義”は時として周囲を苦しめる
正義の為なら友人が不幸になろうとも
お構い無しで空気を全く読まない
正義を振りかざす姿は不快で堪らない
範子と由美子ら4人の関係性がいびつで
この感じが秋吉作品の醍醐味である
イヤミスを十分に楽しむことができた


帯に書かれていたように“あり得なそうで、
もしかしたらあり得る世界”を上手く描き
正義のモンスターヒロインに魅せられた
実際に身近に範子のような人物がいたら
イライラするし息苦しくなる


範子から同じような仕打ちを受けたら
殺意を抱く人が大多数だろう
この範子が本当に怖いところは

行った行為が悪いと思っていない事
しかも、本人には悪意が全く無い


全て正しい事では間違いないが
正義に捕らわれ過ぎて狂気を感じた
話が通じないサイコパスのような
狂った感じは怖かった((( ;゚Д゚)))


招待状が届いた理由が分かり安堵する4人
しかし、秋吉作品が簡単に終わる訳がない
範子はドライブレコーダーを仕込んでいて
4人の悪事は公になってしまう


そして、それだけでは終わらないゾワゾワ
するエピローグは見事だった
範子の一人娘である律子に範子の正義感が
受け継がれて、新たな正義のモンスターが
誕生して幕を閉じる


気になった事がひとつ
範子の夫はどんな人間なのか?
やはりキッチリとした性格なのか?
律子のシーンには出てこないので
どんな人かは分からない
少なくとも律子からは嫌われていない
範子を受け入れる優しい人なんだろう


大なり小なり範子のような考えを持つ人
は存在するしリアリティがあった
人間らしさや融通がいかに大切だと
改めて思い知らされた
暗黒少女」や「聖母」のようにイヤミスを
堪能できる一気読み必死の1冊でした!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

hakone-6825389__480



こんな人にオススメ
・一気読みしたい
・風水や料理が好き
・青春物が読みたい



あらすじ・内容
「美しく強かな継母が父を殺した」
再婚してわずか一年半足らずで父が急死
遺産とビジネスを受け継ぎ活躍する継母
の姿にそう確信した女子高生の瑠璃
自らの死で継母の罪を告発しようと訪れた
自殺の名所で“幽霊”の少年と出会い
ある約束をする
6日後──それが瑠璃の自殺予定日に!
瑠璃は父の無念を晴らせるのか!?
全ての予想を裏切るミステリー!



   



―――――――――――――――――――――――





ネタバレ・感想
タイトルからしてイヤミスかと思いきや
真実を知ると心が暖かくなった
先の展開が気になり一気読みだった
やっぱり秋吉作品は面白い


主人公の“いじけ風水女子”・瑠璃と
“毒舌幽霊男子”・裕章が物語を展開する
風水が物語の主軸になり六曜の知識も
身に付いたので良かった
また、出てくる食べ物が美味しそうで
読んでいてお腹が減ってくる


継母のれい子がいない間に家に侵入し
証拠品を探すシーンはハラハラした
特に、鉢合わせになってお茶を一緒に
飲むシーンの臨場感は良かった


継母・れい子の誤解が解けてキレイに
伏線を回収してスッキリした
「それに・・・薬はまた別の機会に
利用できるじゃないですか?」
で完全にミスリードさせられた


父の死の真相を追いながら瑠璃が
成長していく爽やかな物語でした
イヤミスを想像していたので
いい意味で裏切られほっこりした
瑠璃が自殺しなくて本当に良かった
そして、最後にどんでん返しが・・・








裕章は幽霊ではなかった!!
これは気付かなかった(゜_゜;)
これにも完全にミスリードされた(笑)


「自分の色眼鏡で物事を悪い方ばかり
に解釈してはいけない」
「行動次第で前向きに生きる事ができる」


何事も一週間、死ぬ気でやれば
何かが変わるというメッセージを
作品から感じた
タイトルからは想像できない
爽やかな青春ミステリーでした


是非、映像化して欲しい
・キレイで美味しそうな料理
・イケメン男子にいじけ女子の成長
・魅力的になっていく主人公
・終盤のガラス越しの二人
夏にピッタリの作品になって面白そうだ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

christmas-village-1088143__480



こんな人にオススメ
・ハラハラしたい
・ミステリーが好きに
・心理描写を楽しみたい

 

あらすじ・内容
三田由紀恵は病院勤務の看護師
幼い娘の育児と仕事の両立に限界を
覚え退職を決意した
クリスマスイブの今日が勤務最終日
夜勤の間は夫の雅之が面倒を見ている
だが、ラインのメッセージに返信がない
電話をかけても繋がらない
由紀恵は自分に執着していた不気味な
患者を思い出し胸騒ぎを覚える
由紀恵に看てもらうために自らの身体
傷つけてくるほどで、病棟を移るたびに
損傷箇所は増えていった
家族の絶望と狂気、そして再生を描いた
旋律のサスペンス!


 





―――――――――――――――――――――――



ネタバレ・感想
ハラハラする展開で一気読みだった
そして見事に騙された
秋吉理香子はやっぱり面白い


衝撃的な表紙だか内容も同様だった
雅之の監禁シーンと由紀恵の病院のシーン
が交互に展開し“生死”が描かれていた
病院のシーンでは看護師の仕事の大変さ
がリアルに書かれ興味深かった
3Kならぬ8K、人によれば10K(;つД`)

・きつい
・汚い
・危険
・休暇が取れない
・帰れない
・給料安い
・規則が厳しい
・化粧が乗らない
・結婚できない
・子供埋めない

心優しい患者もいればセクハラをする患者
もいる、病院だけに亡くなる人もいる
忙しく働く中で普段厳しい師長の素顔を
知り由紀恵は数年後の復帰を決意する
病院小説としても楽しめた
師長みたいな上司が欲しいと思った


監禁シーンは緊迫感が凄い
監禁された夫は意識を取り戻すが
椅子に縛られ自由に動けない
犯人との会話から犯人が由紀恵の患者
だった柿沼とわかる
二人の攻防は手に汗握る攻防で終始
ハラハラしながら夫の無事を祈った
一人で家に残された舞衣子も気になる
舞衣子の描写が一切無いので嫌な予感が
強まりいっそう緊迫感が増していく
命からがら柿沼を撃退し家に帰る夫
舞衣子も無事で本当に良かった



しかし、これだけでら終わらない
ここからのどんでん返しには驚いた
帰宅した由紀恵が発した言葉が・・・














「どうしてあんたがここにいるのよ」
博信 Σ(*゚Д゚*)!?




家にいたのは雅之ではなく
前夫の博信だった!!
秋吉作品だから何かあるとは思ったが
これは予測できなかった
シチューを作るシーンで雅之にしては
手が込んでると違和感を感じたが
まさかの前夫だった((( ;゚Д゚)))
ストーカーVSストーカーのバトルを
読んでいたのか(笑)
話が通じない博信との会話が怖かった
人間の過度の執着心は恐ろしい


ここからの展開もハラハラした
雅之は博信に監禁されて別の部屋に
いて体は冷えていたが生きていた
隙を見て何とか逃げ出した由紀恵
隣の住人に助けを求める
しかし、出てきたのは・・・






博信  Σ(*゚Д゚*)!?




何と、博信は隣の部屋に住んでいた
このシーンが一番驚いた
前夫が隣の部屋に住んでいる異常さ!
しかも、由紀恵達の部屋はカメラで
監視され生活は全て把握されていた
これだけではなく合鍵まで作られ
由紀恵が不在の時に部屋に侵入し
舞衣子の子守りをしていた
もう怖すぎて言葉が出ない((( ;゚Д゚)))


由紀恵は雅之と協力し博信と対峙する
一進一退の攻防でハラハラした
博信を見殺しにせず救急車を呼ぶ選択
をした由紀恵は凄い
その後、待望の子宝にも恵まれ
新居のマンションに引っ越すシーンで
で物語は幕を閉じる
未来に希望が持てるラストで良かった
ただ博信がマンションのパンフレット
を見ているのが気掛かり

・12階建ての建物
・駅から徒歩15分
・近くにショッピングモール、保育園あり

これだけ分かれば特定される
出所後に同じ事を繰り返しそうで怖い
このゾワゾワを残す感じが秋吉作品
らしくて良かった


由紀恵はストーカーを呼ぶ体質なのか?
同性の同僚からキレイと言われ
ドクターにもファンがいるくらいたから
美人で優く魅力的なんだろう
雅之は大丈夫?もしかして雅之も?
たった一夜の話だったが展開が凄い
ゾワゾワしたい人にオススメの1冊でした

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ